専門学校のアクティブ・ラーニングをどう充実させるのか。

先日(公社)全国調理師養成施設協会近畿中国四国地区協議会の研修会に参加させていただきました。
テーマは、「なぜ、今アクティブ・ラーニングなのか?」ということで、お話を伺いました。

まず、「アクティブ・ラーニングとは…」ですが、文科省の用語の定義によると「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である」とのことです。

今回の研修の目的は、

  1. これからの新しい社会の中で「生き抜く力」について認識する
  2. 「教育改革」の背景を確認する
  3. 「アクティブ・ラーニング型授業」の重要性を理解する

ことでした。

既に高等学校では、アクティブ・ラーニングに関しての取り組みが推進されており、いくつかの事例を基に紹介がなされました。特に、隠岐島前高校の、明日の地域を担う人材育成を目的とされた取り組み「地域生活学:地域社会における自立と協働を学ぶ科目」や「グローカルヒストリー:地域と世界両方の視点から歴史を学ぶ科目」などは、学校のみならず地域の活性化にもつながるCSV的な活動として大変興味深い内容でした。

(隠岐島前高等学校HP:http://www.dozen.ed.jp/

専門学校の授業は、特に実習科目を中心に既に「アクティブ・ラーニング」を実践しているところも多いですが、講義科目についても取り入れていくことで、「社会で自立して活動していくために必要な力」を醸成できると考えます。
京調校ではアクティブ・ラーニングによる学生の主体性をさらに高める取り組みにチャレンジしようとしていますが、他にも「スモールスタート」で少しずつでもアクティブ・ラーニングを増やしていければと考えます。ただ、その際は、アクティブ・ラーニングの展開を目的にするのではなく、あくまで教育効果の最大化という視点で考えていくことを忘れずに進めていきたいと思います。

資料の中にもありましたが、近い将来、「課題解決」「問題発見」が得意で、自分からどんどん学べる、主体的なスーパー高校生が入学してくることは確実です。今後アクティブ・ラーニングを受けてきた「高校生にも選ばれる学校」になるために、頑張っていきたいと思います。

この度は貴重な機会をいただきまして、ありがとうございました!

 

 

ワイン見学に行ってきました。

キャリエールで教員をしていますMです。

学生と一緒に丹波ワイン様へワイナリー見学に行ってまいりました。

学生達は、前期座学授業「ワイン概論」でワインの醸造について学んでおり、この見学を通して理解を深める行事としております。

まだ収穫されていないブドウを食したり、醸造過程や熟成庫を見ることは、とても良い経験となったと思います。

ワインの香りも品種や醸造法の違いで感じることができました。ぜひ、この経験を活かしてほしいです。

ブライダル学科の集大成!!

こんにちは!キャリエールで教員をしているTです。

キャリエールホテル旅行専門学校ブライダル学科2年では、新郎新婦おふたりの「想い」を「形」として表すことのできる人生最大のセレモニー「ウエディングパーティ」の授業を行っています。

この授業では学生たちがサービス役とゲスト役のふたつに分かれ、自分たちで役割分担を行い結婚式当日の披露宴を創り上げていきます。披露宴を取り仕切るキャプテンやMC、音響照明、またスタイリスト役においては新郎新婦のトータルコーディネートまで行います。

婚礼料理においても、ラ・キャリエール クッキングスクールの先生方が実際に調理してくださり、学生たちが提供を行っています。1年次から積み上げてきた知識や技術を活かし、学生たちが相互にコミュニケーションを取り合いながら協働し、ひとつの披露宴を創り上げるこの演習授業は、まさに競合他校にはないキャリエール独自の「taiwa流 職業型実学教育」ではないでしょうか。

今後も学生たちが自ら考え行動し、ひとつの目標に向かって全員で計画的に突き進んでいけるような授業を、今後も構築していきたいと思います。

2018年度卒業式を挙行しました!

学校法人 大和学園 2018年度卒業式を挙行!

約800人の学生がご卒業!

教職員一同、今後のご活躍を祈念しております。

いつでも遊びに来てください!

京都栄養医療専門学校

京都調理師専門学校

京都製菓製パン技術専門学校

キャリエールホテル旅行専門学校

学校法人 大和学園グループ

 

ルールは破られるためにある?!

私達の業務は「ルールを守る」という前提ですすんでいますが、こと安全に関してはそれでは通らないことがあります。

 「マニュアルを逸脱する従業員などいるわけない」という気持ちが、事故を見えなくすることがあります。

ある食品会社の工場では、フォークリフトが周りの人との接触事故を防ぐため、フォークリフトが動いている間は、周囲の人間はフォークリフトの3m以内に絶対近づかないという規定を作成し、現場に厳守を誓わせたそうです。

 しかし、普段工場内に入らない事務の職員が初めて現場に入ることがあり、それが事故に結びつきました。事務員は、作業中の従業員に連絡事項があったので、「3m以内」に近づくしかありませんでした。また、他社からの訪問者も、その人なりの常識にしたがって行動します。

「周りにいる人は安全のルールを守ってくれる」と作業者が思い込むことこそ危険だったのです。

 学校という場においても、様々な部署があり、学校全体でのルールは認知していたとしても、各部署内での決まり事などは把握できていないことがあります。

自らの中では広範囲での常識やルールだと思っていることが、実はごく身近な人だけのものになっていないかなど、マニュアルを逸脱する人が「必ずいる」ことを想定して業務に取り組んでまいりたいと思います。

募集!!フードインキュベータで働いてみませんか?

なんと時給2000円でフードインキュベーターに!

公募については3月中に締め切ります。

質問やぜひ興味がある!などございましたら、お問い合わせをお願いします。

どんな求人?

これからカフェや飲食店を始めたいけれど、いきなり始めるのは不安な方、

すでに開業計画があるが、始める前にノウハウを身につけたいという方に朗報です!

時給2,000円で「フードインキュベーター※」で働いてみませんか?

※インキュベーターとは起業や新規事業開発を支援する施設・仕組みのことです。

 

将来カフェや飲食店の経営を考えている方を対象に、施設で一定期間食事を提供していただき、開業・起業や新規事業立ち上げに必要なメニュー構築やノウハウを身につけて頂くことができます。

 

問い合わせ先:

TEL 080-6106-2218 担当 ハシテラ
 https://www.phoenixi.co.jp/
y.hashitera@phoenixi.co.jp

 

チラシ

求人内容

京都私学振興会賞 私学振興賞(透析食講習会)

2012年より実施している透析食講習会の取り組みが、
特色ある教育計画として「京都私学振興会賞 私学振興賞」を受賞いたしました。
透析食講習会は年に1回京栄校を会場とし、京都市、京都腎臓病患者協議会、京都透析食腎臓食研究会を主催しています。学生が調理デモンストレーションや栄養講座を行ったり、学生が患者様や現場で活躍する管理栄養士と交流したりすることで、コミュニケーション力や学習意欲を高めることに役立っています。
今年で7回目となりますが、貢献できるよう皆で努めていきます。

京栄校管理栄養士科で意識していること。

教員のSです。

管理栄養士科へ入学した学生は、将来への希望や期待を抱いて学生生活を送ることになりますが、入学後早期のモチベーション低下の原因として、授業内容と管理栄養士という職業とのギャップがあります。
特に1年次は、実際の仕事内容が見えにくい授業が多いため、積極的に現場の管理栄養士との接触が図れるよう努める必要があります。今年度、私が担当した1年生には、多くの透析患者が参加される透析講習会、高校のスポーツ選手をサポートする栄養サポートチーム、各病院主催の栄養教室などへ多数参加させ、管理栄養士のイメージを持っていただくことを意識しました。

今後も担当する教員一人だけではなく、学校全体が信頼のおける存在であることが理解されるよう、今後も日々の授業やクラス指導に取り組んでいきたいと思います。

『鳥の目』『虫の目』『魚の目』常に全体を見渡せ、周りを把握できる眼力をつける。

こんにちは。京都栄養医療専門学校で調理を担当しているKです。

私が担当している実習関係の授業では絶えず、周りに危険が付きまとっているので、常に緊張感を持っての学生指導が必要です。

今回は、実習場での事故を未然に防止するという観点から、常に実習場全体を把握し、全ての周りを見極め、危険が起こる可能性のある状況に対して、未然に対応するための心構えについて書かせていただきます。

『鳥の目』、『虫の目』、『魚の目』という言葉があります。この言葉は普段は経営の中で使われますが、実習の中でも考えることができます。

『鳥の目』とは、大所高所から広い視野でもって物事全体を見つめていくことで、実習場においては、常に学生全体をよく見て、把握する必要があります。

また、『虫の目』とは、足元を見つめ直すという意味で、虫の目のように低い位置から見てみると、上からは見えなかったことも見えてきます。つまり、一人ひとりの学生に対して、個々の行動を把握し理解することも必要になります。

 

『魚の目』とは、時代の流れを見極める目という意味ですが、魚は目では見ることのできない川の流れを体全体で感じ取っています。実

習の流れの中でその時々を頭だけでは無く、体全体でよく理解し、把握をすることも必要になってきます。これら3つの視点においては、個々に行なうのではなく、同時に、行っていくことが危険防止という面から必要になってきます。

実習場全体の把握は、『鳥の目』、学生一人ひとりの行動の把握には『虫の目』、実習の流れの中での状況の把握には『魚の目』、今後もこの3つの目を活用して、事故ゼロで想定外を無くし、学生にとって安全で知識・技能が身に付き、満足度の高い事故ゼロの授業にしていきたいと思います。

 

調理の授業

2020年卒、採用スタート!【大和学園】

皆さんこんにちは。採用担当のTです。

さて、この度学校法人 大和学園では、

この3月1日より、2020年卒新卒採用(総合職)を開始します!

リクナビ、マイナビよりエントリーの上、ご参加ください!!

関連記事:

採用説明会の様子を紹介しちゃいます http://www.taiwa.ac.jp/recruit/blog/posts/108