「製菓校」カテゴリーアーカイブ

京都製菓の先生が凄い!第54回西日本洋菓子コンテスト「味と技のピエスモンテ部門」で入賞

京都製菓製パン技術専門学校教員のOです。

去る2013年9月29日(日)京都調理師専門学校において「第54回西日本洋菓子コンテスト」が開催されました。

このコンテストは洋菓子業界発展の一助として、パティシエの技術向上を図るため昭和33年から開催されている伝統あるコンテストです。3年ごとに大阪、神戸、京都で行われ、本年度は京都での実施。

今回、西日本洋菓子コンテストに出品させて頂き誠に感謝しております。また賞を頂けたのも、京都製菓製パン技術専門学校鮫島校長はじめ多くの先生方のアドバイスのおかげだと感じております。

私が出場した味と技のピエスモンテ部門は、持ち込み部門で高さ約1mのアメ細工の作品のデザイン性と直径18㎝ムースの味覚審査になっています。
ムースの味は、薄力粉が入らないチョコレートのスポンジに、クルミのキャラメリーゼ、洋ナシのコンポート、キャラメルムース、ブリュレをサンドして、シナモン風味のミルクチョコのムース、複雑ですが全体的に食べやすい味になる様に仕上げました。

アメ細工のテーマは「梅雨」紫陽花、蛙、蝶、を作り、ケースの中に雨を降らすイメージで、作品に動きが出る様に仕上げてみました。制作は約一か月前から行い、材料にグラニュー糖を約30キロ使用しています。
実は作品を作った後の運搬作業が一番大変で、車で運搬する場合は時速10キロぐらいで大阪から京都の30~40キロの距離を約7,8時間かけて運搬します。作品制作、搬入ともに繊細な作業が必要になってきます。

今回のコンテスト出場で、挑戦する事の大切さを改めて感じました。今後も製菓校の先生方と共に挑戦をし、色々な経験を積み重ね学生に還元していきたいと思います。
また入賞後、たくさんの先生方から激励のお言葉を頂き、非常に嬉しく感じております。本当にありがとうございました。

教員のやりがい!小学校の時に会った生徒と京都製菓で再会!!

京都製菓製パン技術専門学校教員のYです。

今日は、少しばかり私の思い出を紹介したいと思います。

思い出‥‥‥。

 

数年前、京都製菓製パン技術専門学校の入学生から声をかけられました。

「Y先生!じつは先生に小学校の時に出会ってるんです!」

私が担当する年末特別講習会(大和学園の恒例行事です。40年以上続いています。)

クリスマス講習会に参加してくれたことがきっかけで、

製菓の世界に飛び込んでくれた子が入学してくれました。

それはもうとても嬉しくて。今でも忘れられない思い出です。

 

 

2002年に行われたケーキバイキングの様子。

この先、どんどん変わっていく時代に、大和学園もどんどん進化していく。

その中で、私はこれからも「夢を追うパティシエを育てる」ことに精一杯努めてまいります。

 

新・太秦キャンパス構想とは?

今回は『ホスピタリティ創学拠点』の施設計画の概要をご紹介いたします。

京都・太秦に位置する
『ホスピタリティ創学拠点』は、ご存じのとおり、敷地の東側に専門学校、西側に病院を配置した複合開発です。
風格ある都市景観の創出
御池通沿いを「にぎわいの軸」、葛野大路通沿いを「学びの軸」ととらえ、
京都市の都市格の向上に資する、風格ある都市景観の創出をめざします。
周辺地域への配慮
敷地内は人が自由に往来できるように、
山並みのプロムナード(中央のメインストリート)やコミュニティパーク、
オープンスペースを設け、連続した空間をつくり街路樹や緑地帯を整備して、
周辺地域に配慮しながら、にぎわいと憩いの空間を確保していきます。
また、安全快適な歩行空間の創出や周辺地域の安全・安心への配慮に伴い、
幹線道路から建物壁面を後退させ、歩道と一体となった魅力ある歩行空間の創出や、
敷地内の歩車分離に努めた歩行者の安全性の確保、
学生の自動車・バイクの利用禁止など自動車の通行量の抑制なども行っていきます。
自然環境への配慮
自然エネルギーの活用や省エネルギー技術の採用など、人や自然と共生し、
地球環境に配慮した持続可能な施設整備を行います。
【建物概要】
●階高   4階建て
いかがでしたか?
圧倒的な施設設備の太秦キャンパス、ぜひ遊びに来てください!

笑顔がもたらす快適な環境

京都製菓製パン技術専門学校 教員のYです。
快適な教育・職場環境の創出ということで思い浮かぶのは、やはり笑顔溢れる中、活き活きと働くことが出来る環境かと思います。
周囲を元気にしてくれる人が多ければ集団は活気づくものですが、「周囲を元気にしてくれる人」というのは、笑顔が素敵であったり声が快活で元気があったりと、「ポジティブな自分」を周りに出している人だと思います。
そのような人は自然に笑顔が出ているという場合もあるのでしょうが、周りの人のことを考えて笑顔を提供してくれているのだと思います。「笑顔を作る」といいますが、笑顔が周りに影響を与え、場が和むことで自身の状態も良いものになるというプラスの連鎖が働くのではないでしょうか?
ところで、笑顔と一口にいっても一種類だけではありません。口角を上げるだけの「静かな笑み」から、「大笑い」まで表情によっても変わります。
笑顔の種類として、
1愉快な笑い 2社交の笑い 3作り笑い 4極限状態の笑い
があると言われています。この中で、2社交の笑いが約80%を占めるそうです。
社交の笑いには、3の作り笑いや愛想笑い、礼儀の笑い、強制の笑い、気まずさの笑いなど、「愉快だな、楽しいな」という笑いではないけれど、周囲とのコミニュケーションを図り、笑顔を作っているというものが含まれています。
話がはずむ時というのは、両者が同じ響きを持って会話をし、体を使って反応をする時です。
教育の場や職場環境を快適にするために、2の社交の笑いを意図的にどんどんして、笑いを増長させて良い環境を作っていきましょう。
※ただし、相手にマイナスを与えると思われる笑顔(邪悪な笑いや独善の笑いなど)にはご注意を!

大和学園、海外にも進出しています!!

こんにちは!広報担当のKです。
京調校・製菓校 広報渉外部では、
本年度より新たな取り組みとして、海外からの優秀な留学生の更なる獲得に向けて「海外進出」を果たしました!
「日本の専門学校って日本だけで学生を集めるんじゃないの?」
いやいや違うんです!!
実は、日本の教育機関に在籍する留学生の総数は2018年6月末時点で32万4245人。2012年からの6年間で見ると、なんと14万人も増加。留学生マーケットは急速に拡大中であり、今後も更に日本への留学生は増加する見通しです。
海外を攻めるなら今!ということで、今年度については数ある国々のなかでも比較的日本語能力が高く、また大和学園のもつそれぞれの専門分野を学びたいという熱意溢れる方が多い台湾、香港、そしてマカオに出張したりしています。
海外の広報活動では、写真や風船などビジュアルで訴求する学校が多く見られます。
たとえば台湾の来場者合計は2日間で4,000人以上!非常に多くの方が来場されました。
海外での認知度向上、そして今後も「優秀な留学生の獲得」をテーマに頑張りたいと思いますので、興味がある方、一緒に海外で大和学園の新入生を迎えにいきませんか?

京都製菓製パン技術専門学校校長挨拶、同窓会周年パーティ

京都製菓製パン技術専門学校校長同窓会(20周年)が2019年10月21日、

京都市内のホテルにて開催されました。

卒業生及び同伴者、ご来賓、教職員、非常勤講師のみなさま合わせて386名での開催となりました。

 

式典は、丹生屋(にうのや)同窓会長のご挨拶にはじまり、

京都製菓製パン技術専門学校校長 鮫島校長の式辞、田中理事長からの祝辞、

製菓校20年のあゆみを紹介するDVDの上映など、和やかに進行しました。

パーティーは名誉学園長による献杯で幕を開け、ショーで大いに盛り上がった後、

豪華賞品の当たる抽選会を行い、閉会となりました。

京都製菓製パン技術専門学校校長鮫島

京都製菓教員

最後になりましたが、企画・準備から当日の運営まで、みなさま方の多大なるご尽力により、大きな問題もなく、無事終えることができました。この場をお借りして心より御礼申しあげます。ありがとうございました。

今後も、卒業生のtaiwaプライドや母校に対するロイヤルティの醸成を目標に、同窓会運営に邁進する所存でございます。

 

京都製菓に関する動画はこちら>>>

学生の目線で考えることの大切さ。

こんにちは!

京都調理師専門学校 管理部のMです。

今日は「学生の目線で考えることの大切さ」についてお話ししたいと思います。

 

これまで自ら経験したことを踏まえて、様々な状況に対応出来る準備を事前にしておくことや、予想外の状況に陥った際、柔軟に対応出来る力を日頃から身に付けていることが大切だと改めて感じています。

私が携わっている業務の中に、日本学生支援機構の奨学金に関する業務がありますが、先生方のように、日頃は学生と接する機会があまり無いため、申込から卒業前までの手続きについての学生指導には、頭を悩ますことも多くあります。

今年の入学生では、誓約書に【緑色のボールペンで名前を記入】【印鑑の上下を逆に押印】 など、私の常識では考えられないことが起こりました。そのような学生に対して、

一瞬唖然とする一方、いかに自分を中心として事前の説明を行っていたか、学生の目線で物事を考えていなかったのだと気付きました。

 

この業務には10年以上携わっていますが、担当となった当初の頃と現在の学生とでは、同じような対応では理解させることが難しいと実感しています。

 

自分にとっては当たり前のことであっても学生にとっては初めてのこともあるでしょう。読むことを極力嫌う現在の学生に対して、より見やすく解りやすい説明文を作成するなど、まだまだ試行錯誤の中で指導を続けています。

将来社会に出た時に学生が想定外のこととして困らないよう、学生の目線に立つことを忘れず、今後も一つひとつ丁寧に指導を行っていきたいと思います。

学生対応

学生たちが製造から販売まで運営するショップ&カフェ実践

京都製菓製パン技術専門学校の教員Oです。

本日は授業紹介。

パティスリー・ショコラ上級科の2年生は、週に1回一般のお客様に向けて洋菓子の販売を行っています。

この授業では学生が主体となり、6種類のケーキを約300個製造し販売していますが、ただケーキを製造するだけではなく、事前の製造計画や仕上げのデザイン、販売に使用するプライスカード作成など、販売に携わる一連の作業を全て学生が行っています。

 

 

衛生面においては日頃から十分に注意しています

以前から行っていた従来の実習はもちろん、こういった実践授業では更に異物混入など発生しないよう、

さらに気を引き締めて行うようになりました。
このように学生が主体となることで、学生個々が作業一つひとつ責任を持って製造するようになり、卒業後の就職先で即戦力となる力が身についています。
またお客様アンケートを活用し、接客サービスやケーキの出来栄えなどのご意見を販売終了後の反省会ですぐさまフィードバックすることで、学生がより能動的に授業を取り組む姿が見られます。

 

カフェスイーツ上級科、パン上級科、和菓子上級科も学科ごとにオリジナリティあふれるショップ・カフェを運営し、お客様から大変好評を得ています。今後も学生のやる気を全面的にサポートすることで主体性を伸ばし、学生自ら考えて行動するOutcomesを意識した授業展開を心がけ、中核的専門人材の養成に取り組んでまいります。

 

 

コーヒーを通じて地域連携!!~地域活性化に向けた包括連携協定イベント開催~

京都製菓製パン技術専門学校の大岩です。

このたび、2017年8月27日(日)に新・太秦キャンパスの南向かいにある京都学園大学におきましてイベントを実施させていただきました。
このイベントは右京区役所、太秦病院、京都学園大学、そして我々大和学園の4者の知的・物的資源を活用し、

地域活性化を図ることを目的として2016年に締結した包括連携協定に基づき、京都学園大学の学園祭で実施されました。

当日は「コーヒーに親しむ ~淹れ方による味わいの違い~」をテーマに30分間の試飲ありの講義形式で行いました。

場所の都合上、20名限定のイベントでしたが、1回目、2回目ともに開始の30分前には定員がいっぱいになり、大盛況でした。

 

講義ではパワーポイントを使用し、コーヒーの木の栽培環境やコーヒー豆が入っているコーヒーチェリー、アイス・ホットコーヒーそれぞれ2種類ずつの抽出方法による味わいの違いを説明しました。まずは水から作る「水出しコーヒー」と熱いコーヒーを抽出し、氷で冷却する「急冷法」のアイスコーヒーの飲み比べをしていただきました。

コーヒー豆は抽出するお湯の温度が高いと苦み成分が出やすくなり、低いと出づらくなります。

ですので「水出しコーヒー」は苦みが少なくスッキリ爽やかな印象で、「急冷法」は酸味と苦みのバランスがとれた味わいになります。ホットコーヒーではペーパードリップと紅茶でおなじみのフレンチプレスで飲み比べしていただきました。

ペーパードリップでは紙のフィルターを使用するため、そのフィルターがコーヒー豆のオイル分を吸収し、クリアな味わいになります。フレンチプレスではオイル分も液体の中にしっかりと混ざりますので香り豊かで、口当たりがまろやかになります。

参加者のほとんどが毎日コーヒーを1杯は飲むというコーヒー好きの方々でしたので、

私の講義に真剣に耳を傾けられていたのが大変印象的でした。アンケートの中で新キャンパスのカフェやレストランにもぜひ、

訪れたいとの意見も多くいただきましたので、新キャンパスとともに、地域が活性化するようこれからも協力していきたいと思います。