学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

学校法人の人事が語る「残念な履歴書」とは?

【投稿日時】2015年12月08日(火)15:03 【カテゴリ】採用説明会

こんにちは。採用担当のMです。

いよいよ2015年も残り3週間。悔いないよう走り抜けたいと思います!

来年3月からはいよいよ新卒採用が本格開始、

その前に1Dayインターンシップのイベントも開催しているので、

是非エントリーの上お越しくださいね★

 

そんな今日は、就職活動生なら気になる「エントリーシート」や「履歴書」の書き方について

記事を書いてみます。

まず!大和学園の新卒採用において、受験者の履歴書は全てみます!

筆記試験も実施しますが、履歴書がしっかりと書かれているかどうかで、合否に関わることも多いです。

 

 

いよいよ始まる!?新卒採用イベント

企業の業績回復や人手不足を背景に、

各企業さんも採用意欲が高まり、就職環境の改善が続いていますねー。

我々大和学園としも、事業の内容や教育内容に共感していただける学生さんと

出会うために、いろいろ試行錯誤を凝らしています。

採用説明会

 

特に、教育業界に目を向けると、専門学校の格付けともいえる新制度により高等教育機関の生き残りをかけた競争に拍車がかかっており、

優秀な教職員の採用と育成は最重要命題となっています。。。

 

これは採用できない、、、残念な履歴書・・・?

大和学園では、採用説明会のあと、いくつかの選考プロセス(参考:2016年卒)を経て、最終は内々定となります。

そんな選考の第一関門は、何と言っても履歴書の提出。

大和学園では、履歴書の提出を以て、第一の選考ステップである筆記試験の受験が可能となります。

今日は、選考を残る上で重要な要素を占めている履歴書について、

少しぶっちゃけトークしてみようかと思います。

 

まずこれは良くない・・・マイナスポイント

その1:履歴書に写真が貼っていない

これは・・・たまーにあるんですが。写真が貼っていないパターン。

残念ながら、次の選考には進めないかもしれません

当日受付で写真を貼る人もいますが、同様にNGですね。。。

 

その2:学部名・大学名が間違っている(or省略されている)

正式名称で書いてないケースがたまにあります。

企業に出す正式な書類ですから、大学名や学部名以外にも、資格取得名なども省略しないように心がけましょう。

 

その3:どこでも使える内容の履歴書になっている。

志望動機を見ると「貴学園・・・」と書いてあるが内容を確り読み込むと、

「大和学園じゃなくても良いのでは?」と思うような志望動機も、沢山です。

やはり、受験企業に特化した切り口の内容は、欲しい所です。

 

その4:走り書き。

明らかに直前に5分くらいで書いたでしょ!という履歴書は残念ながらそれ以上見ることはありません。。。

 

その5:具体的に欠ける

伝えたいことはわかるけど、数字や具体的なエピソードに欠けるが故、その人の人となりが履歴書からは伝わってこない事も・・・。

スペースは限られていますが、書ける点は具体的に書くようにすると良いかもしれません。

 

番外編:御社・貴社という表現

学校法人なので、貴学園・貴校という表現がベターかもしれません。

また、総合職、基幹職などといった職種の間違いも、企業によって違うこともあるので注意したいところですね。

 

なぜ履歴書が大事なのか?

履歴書といえば、あなたを売り出す広告のようなもの。
その1枚で、すべてを表しているといっても過言ではありません。
「面接で人物を見て貰えばいいや!」
そんなわけにはいきません。
面接官は、業務の傍ら1日に何十人と面接をし、トータルで1000人以上の面接をするわけですから、
履歴書1枚にしても、その面接官に与える印象を左右しますよね。
また、「うーん!AさんもBさんもどちら良いし迷う・・・」となった時、必ず基準になるのが
この履歴書。
人気企業になると、「落とす理由」を見つけるために、ささいなミスを見つけようとするところもあるようです。
選考が進むにつれて、ますますその存在感を増していくこととなります。
(大和学園では、面接において毎回履歴書の情報は面接官に共有されています。)
皆さんも、履歴書やエントリーシートをしっかりと書き上げて、万全の体制で
選考に臨めるよう、頑張って下さいね★

 【参考記事】

もう就活スタート!?2017年卒1Dayインターンシップ始めました。

教育業界理解セミナーの活動報告
iQiPlus
ページのトップへ