今年も開催しました!
ラキャリエール開催の2018年祇園祭鑑賞会のご紹介させていただきます。

祇園祭 下から見るか 横からみるか

ラキャリでご提供させていただいている
お部屋は2F~6Fまでの5フロア計9会場あります。

今回はフロアの階高の違いにおける見える鉾の見え方の違いについてまとめました。

下から見る楽しみ。

横から見る楽しみ。

色々見え方が違うと思います!!

さて、
皆さん鉾って大きいもので何メートルあると思われますか??

地面の車輪から鉾頭と呼ばれる先まで約20~25Mあるんです。


ビルでいうと階高 平均約3Mですので8階に相当します。

鉾先の鉾頭まで見ようと思うと約7.8階が最適という事です。

ラキャリでいうと6Fフロアがオススメです。

すべて違う!山鉾の鉾頭

山鉾の鉾頭を持つのは

6基[長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・月鉾・菊水鉾・放下鉾]
鉾のシンボルの一つです。

  • 長刀鉾
  鉾頭は三条宗近作と伝わる長刀(レプリカ)。
  • 函谷鉾(かんこほこ)
  鉾頭は山型と三日月のモチーフ。
  • 鶏鉾
  鉾頭は三角形と中の円形は太鼓と鶏卵がシンボル。
  • 月鉾
  鉾頭は18金製の新月型(みかづき)を。
  • 菊水鉾
  鉾頭は金色の透かし彫りの菊花を
  • 放下鉾
  鉾頭は日・月・星の三つの光が下界を照らす形を。

 

地上からは見られない、鉾頭・その下にある天王台まで
6Fフロアからはご覧いただけます!

 

打ち上げ花火 下から見るか 横から見るか
ならぬ、
祇園祭 下から見るか 横からみるか

下から鉾頭を見上げるなら
2~5F席をお勧めします!




以上、祇園祭のフロア別楽しみ方第一弾でした♪
また4.5Fフロアならではの楽しみ方をご紹介させて頂きます!

毎年開催している河原町御池角のラ・キャリエール

迫力の山鉾巡行が目前に!辻回しもじっくりと見学できる
「大和学園特製」の前祭:松花堂弁当&後祭:スイーツプレートのご提供の特別講習会を開催します。



2018年祇園祭鑑賞会 特設サイト →今年は終了いたしました




 

問い合わせ

学校法人大和学園
ラキャリエールクッキングスクール

〒604-8006京都市中京区河原町三条上ル

=0120-071219

[受付時間]
(月~金)9:00-21:00(土)9:00-16:30(日・祝)お休み

●ラキャリエールクッキングスクール

●2018年祇園祭鑑賞会 特設サイト

 

関連ブログ





 

 


5月16日(水)に味の素株式会社主催の米国栄養士会会員の栄養セミナーが開催されました。

 




 

金沢学院大学の木戸康弘先生、

日本料理アカデミーの的場輝佳先生による嚥下(えんげ)食についての講義と、

やまばな平八茶屋の園部信吾様による、出汁の飲み比べ、

京料理せんしょうの辰馬雅子様による嚥下(えんげ)食の試食が行われました。

 

大和学園のコンサルティング

大和学園のサポート力!

私どもは、80年以上にわたり食の分野に携わってきた、いわゆる『食のプロ集団』です。
競合企業とは一線を画する“高度な専門性”(知識・技能・経験)の全てを最大の強みとし、 調理に関する基本的な指導から経営指導に至るまで、『食』の安全・安心を基軸にした考え方を大切にご指導しております。
もちろん、クライアントごとのオリジナルカリキュラムの策定はもちろん、型にはまらない細かい 対応をOne to Oneで実践することで、満足度の最大化を図って参ります。
まずお問い合わせはこちらから>

 

ラキャリエールでは、毎年開催している祇園祭山鉾巡行鑑賞会の予約を4月末より開始させていただきました。
今年は平日という事もあり、そこまでご予約いただけないんじゃないかな….
というスタッフの気持ちとはよそに
たくさんのご予約をいただきありがとうございます!わーい (嬉しい顔)


昨年度開催風景(2F)



余談ですが、京都人は祇園祭!というと祇園祭山鉾巡行の前日の宵山や
前々日の宵々山が街中全体、お祭りムード満載なので、祇園祭への興味はどちらかというと山鉾巡行より夜店が並ぶ宵山・宵々山に流れがち。
スタッフKはやっと最近、山鉾の懸装品への興味も出てきたところです。
さて、

2018年 祇園祭鑑賞会情報

ありがたい事に前祭はお席わずかになってまいりました。

祇園祭鑑賞会 残席情報はこちら>

後祭7月24日(火)はご予約いただけます!(2018.5.8現在)

 

前祭・後祭ってなに??という方に簡単にご説明。2014年より、後祭が祇園祭の後祭の見どころは48年を経て開催。
さらには、150年ぶりに復活された大船鉾。
後祭りは、大船鉾を含め下記の10基が巡行いたします。

→山鉾巡行のスケジュール
  • 北観音山
  • 南観音山
  • 大船鉾
  • 橋弁慶山
  • 役行者山
  • 鯉山
  • 八幡山
  • 鈴鹿山
  • 黒主山
  • 浄妙山
”山”が多いのが見どころです。

”鉾”と”山”との違いは沢山ありますが、ひとつは大きさと形状です!

→鉾と山の違いはこちら

 

素晴らしい懸装品をまとった動く美術館。
ぜひ見に来られませんか??

 

雨の中の山鉾巡行

毎年祇園祭は、梅雨明けの時期と重なり、また台風も発生率が多くなる頃
毎年天気の件では、どうかなか?どうかな?と肝を冷やしております。

雨の中開催になっても残念ながら、ビニールで保護されて懸装品が見づらい事もあります。

開催が危ぶまれた台風接近の中の巡行



数年前は台風と重なり朝方5時になるまで開催が不明だった時期もありました。

ただ、個人的には雨は雨でとても見どころ満載。特に、鉾町の方の衣装や晴天では見られないデザイン的な番傘がとても
雨の中にとても映え、素敵な鑑賞となりました。
まあこれも室内から見れる醍醐味だから言える事ですが….

せっかく楽しみにしていた!
という方も雨の中の鑑賞席での観覧は大変ですよね…

 

ラ・キャリエールの会場からは、臨場感も雨風&涼しい環境の特等席で山鉾巡行ご覧いただけます!

そして、
今でしたら、特等席の2階がまだご予約いただけますよ!笑

祇園祭鑑賞会 残席情報はこちら>

2Fフロアからの風景(•橋弁慶山)



 




 

2018年祇園祭山鉾巡行鑑賞会 情報

前祭:2018年7月17日(火)
10:00~13:00(予定)

松花堂弁当をご提供




後祭:2018年7月24日(火)
10:00~12:20(予定)

スイーツプレートをご提供






毎年開催している河原町御池角のラ・キャリエール

迫力の山鉾巡行が目前に!辻回しもじっくりと見学できる
「大和学園特製」の前祭:松花堂弁当&後祭:スイーツプレートのご提供の特別講習会を開催します。



2018年祇園祭鑑賞会 特設サイト

ご予約お待ちしています!




問い合わせ

学校法人大和学園
ラキャリエールクッキングスクール

〒604-8006京都市中京区河原町三条上ル

=0120-071219

[受付時間]
(月~金)9:00-21:00(土)9:00-16:30(日・祝)お休み

●ラキャリエールクッキングスクール

●2018年祇園祭鑑賞会 特設サイト

皆様、こんにちは!
ラ・キャリエール クッキングスクールの北庄です。


先日土曜日、第8回 食サイエンスセミナーin Kyotoを無事開催することが出来ました。
毎年お見かけする方のお顔を今年も見ることが出来て嬉しく感じます!


第8回 食サイエンスセミナーin Kyoto

基調講演ゲストは La Biographie…
オーナーシェフの滝本将博 氏

第8回目のゲストは、「ミシュランガイド京都」創刊時から連続して星を獲得されている
フレンチ名店「ラ・ビオグラフィ…/ La Biographie… 」オーナーシェフの滝本将博 氏
 にお越しいただきました。

基調講演は
【食材のポテンシャルを高める調理技法を学ぶ ~低温加熱が生み出す美味しさの秘密~】をテーマとし、講演頂きました。

滝本将博 氏ラ・ビオグラフィの店内
 

滝本シェフには、 

熱を加え過ぎない「トマトの湯ムキ」の技術や澄んだトマトジュース抽出の講義、
また低温加熱のお肉の焼き方やラ・ビオグラフィのスペシャリテ「卵のショーフロア」を実際に目の前で作って頂くなど、
本当に特別で楽しい基調講演となりました。


低温加熱のお肉1 低温加熱のお肉2 滝本将博氏の基調講演
 

それぞれ受講生の皆様にはご試食いただき、とても美味しい!低温で焼くお肉はこんなにも美味しいのか!という感想が聞こえてきました。
滝本シェフ、素敵な実演と講習ありがとうございました。


 

午後からの分科会
【食材の個性を生かす下処理の方法~和食と洋食のアプローチを学ぶ~】


今年は和食・洋食のコラボレーションで行いました。
大人気講師 「奥田講師と飯講師」2人のコラボという事もあり、大いに盛り上がった講習会でした。
「毎年、どちらを受講したくて迷っていたから、一緒になって嬉しい!」というお声を沢山伺うことができ、
皆様にとって充実した分科会になったことと思います。


和食と洋食の講習会1 和食と洋食の講習会2 和食と洋食の講習会3
さて、

お楽しみの夜は、「ラ・ビオグラフィ」で美食会!

とても美味しい滝本シェフのお料理をご堪能され、和やかで楽しいお時間を過ごされたようです。

 

ラ・ビオグラフィ美食会の様子1 ラ・ビオグラフィ美食会の様子2 ラ・ビオグラフィ美食会の様子3
毎年楽しみにして頂いている皆様!ぜひ、来年もお越しくださいね。

 

ラ・キャリエールについて

こちらの施設でお料理やお菓子・パン作りを習っていただく事もできます!

ラ・キャリエール

▼京都のお料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクール

 

 

キンシ正宗様とラキャリのコラボお酒を愉しむ会

3月15日(水)19:00~、キンシ正宗様とラキャリのコラボお酒を愉しむ会を開催しました。
今回も大盛況!講師が作ったお料理とキンシ正宗様の美味しいお酒を堪能して頂きました!

お料理担当は、ラ・キャリエールの北村講師!
お酒の説明は、キンシ正宗のきき酒師 田中様!

キンシ正宗とは

天明元年(1781年)古都・京都に生まれ、酒処・伏見に育って二百有余年。日本酒(金鵄正宗)はもちろんリキュールや食品、

また地ビール(京都町屋麦酒醸造所)が人気で
各メディアからも取り上げられています。
去年には「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 大吟醸部門金賞受賞 」を受賞され、
新しい視点で日本酒の新境地を開かれている酒蔵のひとつです。
————


まずは、献立のご紹介!
  • 和洋折衷の前菜盛り合わせ
  • 豆乳茶碗蒸し
  • 豚の角煮
  • 手まり寿司
  • ほうじ茶プリン

 
 

見た目も華やかで、お料理が出てくるたびに、歓声が上がっていました。
また、キンシ正宗様で製造販売をしていらっしゃる「豆乳鍋の素」
「塩ぽんず」「ごまぽんず」を使用したお料理も大人気でした!
特に豆乳鍋の素を使用した「豆乳茶碗蒸し」は、豆乳鍋の素はどこで購入できるのか?と質問が飛んでいました。

    
北村講師のお料理のデザイン画!
なんとなくおしゃれ!

そして、お酒はこんな感じで多くの種類を試して頂きました!


ぜひ、またこういった講座がございましたら、ご案内させて頂きます。

キンシ正宗よりお知らせ

平成29年3月18日(土)

春の蔵開き開催&第11回伏見の清酒 日本酒まつり開催



「日本酒まつり」として伏見の蔵元10カ所でもそれぞれイベントを開催されており

「御香宮神社」・「伏見夢百衆」では伏見の清酒きき酒会を行うなど各地でイベント・販売等を行われています。
3月18日は、ぜひ伏見で日本酒をご堪能ください!!

京都のお料理・お菓子・パン・フラワーの教室

京都の料理教室ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら

0120-071219(まなびにいく)

\ 体験レッスンも随時受付中♪ /

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング