0120-764262

最新情報

2020年3月13日

通信制の専門学校とは?社会人が学ぶのにちょうどよい理由とは

学校へ通えない、さまざまな事情がある方にとって非常に心強い勉強方法である通信教育。 ひとことに通信教育といっても、一般の企業が運営しているコースのほかに、学校法人である専門学校が運営するコースについてはご存知でしょうか。 ここでは専門学校が運営する通信教育コース、つまり通信制の専門学校についてくわしく解説をします。

通信制の専門学校とは

通信制の専門学校とは、その名前のとおり「専門学校が開設している通信制のコース」です。 通常の全日制コースに通うことのできない、諸事情ある方に向いた学習コース。
  • 別の学校に通っている方のダブルスクールとして
  • 遠方で通年での通学が難しい方
  • 社会人として働きながら学びたい方
  • 諸事情があり全日制の学校に通えない方
など自分の能力を伸ばしたいと考えている方には、ぴったりだといえるのではないでしょうか。 この中でも比較的多いとされているのが、社会人として働きながら通信教育で学ぶケースです。 「今の職場でキャリアアップを目指したい」「転職のために資格を取得したい」といった理由から、通信制の専門学校へ入学される方も少なくありません。

通信制の専門学校と一般の通信教育の違い

通信制の専門学校と、一般の通信教育の違いには「特定の資格が取得できる」という点では、あまり違いがないともいえます。 しかし通信制の専門学校の場合は、全日制を含めて学校教育を行っている、学校法人であることが大きな強みなのではないでしょうか。 また学歴として、履歴書に記載できる点も魅力でしょう。 たとえば「製菓衛生師」などの国家資格を受験する場合、受験資格として「厚生労働大臣指定の製菓衛生師養成施設で1年以上知識、技能を修得した者」とあります。 つまり厚生労働大臣から認可された専門学校であるため、ちゃんと履歴書に記載できるということです。

通信制の専門学校のメリット

通信制の専門学校のメリットはいくつもあります。 たとえばつぎのようなもの。
  • 働きながらでも自宅で勉強できる
  • ペースを乱さずに勉強できる
  • 体系化されたカリキュラムで学べる
  • 特定の国家試験に必要な受験資格を得られる
  • 比較的安価
働きながら自宅で勉強でき、しかも一定のペースで学べる仕組みとなっているため、自分ひとりでは乱れてしまいがちな勉強の心配も少ないです。 それに全日制の学校も運営している、専門学校が作成するカリキュラムなので、体系化されて非常にまとまっているため、最短距離で資格の取得を目指せます。 もちろん通信制の専門学校でなければ、受験できない資格もあることも忘れてはなりません。 また全日制の学校とくらべると、比較的安価、場合によってはかなり安価となり、費用を抑えられる点も見逃せないでしょう。 このように少し挙げるだけでも数多くのメリットが存在します。

通信制の専門学校のデメリット

通信制の専門学校は、メリットだけではなくデメリットも存在します。
  • 高い自主性が求められる
  • 不明点をタイムリーに質問できない
  • モチベーションを維持しづらい
どれも共通しているのは「一人で勉強」するがゆえの問題ですね。 基本は自分ひとりで勉強しなければならないので、どうやってわからない点を解決するか、モチベーションを維持するかに尽きると思います。 ただ「通信制の学校でなんとか現状を変えたい」と考えてるあなたなら、きっと乗り越えることができるはずです。 また、たとえば京都製菓の通信課程は、自宅学習のほかにスクーリング授業も展開しています。製菓衛生師受験資格取得に合わせた座学の授業に加えて、実習授業も受けることができるので技術習得も可能です。もちろん、現場経験豊富な講師から、直接指導を受けられるので不明点などもすぐにサポートしてもらえます!

【まとめ】通信制の専門学校で国家資格を取ろう

通信制の専門学校に入学することで、学びたい分野の勉強が実現でき、もちろん国家資格の取得もじゅうぶん可能です。 いろいろな事情があってでも、通信制の専門学校で国家資格を取りたいという方は、ぜひ入校を検討してみてください。 強い目標意識がある方なら、きっと無事に卒業でき、国家資格も取得できるはずです。