先輩紹介

キャリアアドバイザー

京都栄養医療専門学校 就職部勤務

2002年入職 医学部栄養学科出身

キャリアアドバイザー(京都栄養医療専門学校 就職部勤務)

今の仕事内容を教えてください。

現在は就職部でキャリアアドバイザーの仕事をしており、学生の就職活動・進学のサポートをメインで担当しています。本校では、授業やセミナーなどの講義形式と、一人ひとりに対してアドバイスを行うOne to One形式の2パターンをとりながら、様々な角度から学生のサポートを行っています。

また、そのためにも分野の情報収集は欠かせません。事業所を訪問し、人事・採用ご担当者様や現場で働かれる専門職の方々ともお話をさせていただいております。

仕事のやりがいを教えてください。

学生の喜ぶ顔を見たときに特にやりがいを感じます。学生が内定を頂いた時、難しい試験に通った時など、学生がキャリサポートセンターに報告に来てくれます。その時の嬉しそうな笑顔を見ると、この仕事をしていて本当に良かったと思います。

また、京栄校には多くの卒業生が顔を出してくれます。仕事の様子を聞いたり、頑張っている姿を見たりすると、みんなの成長を感じて私自身も「頑張ろう」と勇気づけられます。

職場の雰囲気を教えてください。

どの部署も和やかです。和やかと聞くと大人しい「静」の雰囲気ですが、京栄校は活気があるので「動」のイメージです。学内ネットワークやメールはもちろん活用しますが、直接顔を見て連絡や相談をする職場だからだと思います。

また先輩・後輩、上司・部下がオープンに話し合える環境でいろいろな意見が出ますので、毎日新しい発見があり勉強にもなります。部署や校の垣根を越えてとても仲がよく、仕事帰りに食事に行くこともあり、最近の休日にはみんなでマラソン大会にも参加しました。

大和学園に入職を決めた理由を教えてください。

多くの企業の中から大和学園を選んだ理由は「人」です。説明会の時から、教職員の方々のホスピタリティ溢れる対応や、明るい笑顔を見て、受験する前からこちらで働かせていただきたいと思っていました。実際入ってからもその印象は変わらず、今も励まし合って一緒に頑張れる仲間や、何でも相談できる上司に囲まれて仕事ができています。

また、大和学園では研修や学会に参加できる機会も多くあります。自分自身のレベルアップもでき、可能性を広げられるところも学園の魅力の一つであると考えています。

将来の「夢」や「ビジョン」を教えてください。

学生のキャリアモデルとなるような人になりたいと思います。私たち教職員は学生に近い社会人です。私を見て「こんな大人になりたい」と思ってもらえるような人であるために、自分自身をもっと磨いていきたいです。もちろん言動や表情には気を配っていますが、常に目標や夢を持ち、いきいきした様子を雰囲気でも伝えられればと思います。

そして、どの方とお会いしても「さすが大和学園の人」と思ってもらえるような、ホスピタリティを全身で表現できる人になりたいです。

学生の皆さんへの一言メッセージをお願いします。

私は就職活動を始めて多くのことを学びました。就職活動中は仕事や今後の人生、自分自身のことについてたくさん考え悩んだこともあります。その中で友人や先輩・先生、家族からアドバイスをもらい励まされて、この大和学園に入職することができました。また、就職してからも多くの出会いや出来事があり、日々刺激され成長しながら今に至っています。改めて周りの方と支え合うこと、人とのつながりの大切さを感じています。

就職も人とのつながりの一つです。皆さんが就職を通じてさらに人の和を広げ、ご活躍されますことを願っております。

ある一日のスケジュール

6:30-
起床
8:00-
出社
8:25-
清掃活動
9:00-
授業
就職部では「職業指導」という授業を担当します。授業ではライフデザインや就職活動対策などについて講義します。
12:30-
昼休憩
学生が運営している「ハーモニーカフェ」で、部内メンバーと一緒にランチを取っています。
13:30-
訪問
各分野の動向や採用情報の収集のため、色々な事業所様を訪問します。
15:30-
学生応対
採用試験に向けて、面接練習や作文添削を行っています。
16:30-
部内ミーティング
17:00-
翌日準備
授業や会議の資料の準備を行います。
17:30-
業務終了
19:00-
自由時間
友人とショッピングや食事、部屋でストレッチや読書をしています。
23:00-
就寝
ページのトップへ