大和学園からのお知らせ 専門学校What'sNew
最新情報

最新情報

2020/04/17 (金) 

教職員向け新型コロナウイルスに伴う感染防止対策※1.13更新

本ページでは、学校法人大和学園教職員向けの新型コロナウイルス感染防止対策についての

基本方針等についてまとめています。

「体調の悪い人、特に発熱している人は、職場(学校)に来ない、来させない。」

お互いに配慮し、教職員・学生の安全を第一に考えましょう。

教職員各位は、学内グループウェアに掲載されている最新情報を参照してください。

本学における新型コロナウイルス感染症に対する一連の対応は別記事を参照ください。

 

学校法人大和学園専門学校教育機関における新型コロナウイルス感染防止対策動画[Ver.1]

学校法人大和学園専門学校の新型コロナウイルス感染防止対策の紹介[Ver.2]

【2021/1/13更新】

政府による京都府への緊急事態宣言発出を踏まえ、

これまでに基本方針第20報を発出しています。

なお、11月2日より新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校法人大和学園の行動指針(BCP)を定め、運用しています。

第20報では「レベル2」に引き上げ、運用します。

学生・教職員共に不要不急の学外への出張・移動は原則として禁止とします。加えて、「年末年始に関する分科会から政府への提言(令和2年10月23日(金)」

の趣旨を踏まえ、協力企業等の「年始挨拶」については出来るだけオンライン等の方法に切り替え下さい。

また、感染拡大に最大限の配慮をしつつ、業務の性質や内容に応じて、シフト調整(週休の分散化)、時差出勤と 7割程度の在宅勤務を強く推奨するものとし、

出勤者の減少に取り組みます。ただし、期間中に行うべき重要な業務については、十分な感染対策を前提に、出勤率の例外として取り扱うこととします。

なお、対面授業については十分な感染対策を前提に可とします。

【2021/1/8更新】

政府による首都圏への緊急事態宣言発出を踏まえ、

これまでに基本方針第19報を発出しています。

【11.24更新】

京都を含め全国的に新型コロナウイルスが感染が収束していない状況にあることを踏まえ、

これまでに基本方針第18報を発出しています。

11月12日開催の新型コロナウイルス感染症対策分科会では、

同分科会の下に置かれた「偏見・差別とプライバシーに関するワーキンググループ」の

「これまでの議論のとりまとめ」も報告されました。感染者やその家族等に対する差別や偏見、

 

誹謗中傷等は決して許されないことであり、本学においてもその防止に引き続き、取り組んでいく必要があり
ます。加えて、感染を責める雰囲気が広がると、医療機関での受診が遅れたり、感染を隠したりすることにもつながりかねず、

地域での感染の拡大につながり得ます。同とりまとめの内容も踏まえ、偏見・差別等を防止するための取組を進めていただくよう、

改めて、教職員の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

【11.1更新】

京都を含め全国的に新型コロナウイルスが感染が収束していない状況にあることを踏まえ、

これまでに基本方針第17報を発出しています。

 

【10.1更新】

京都を含め全国的に新型コロナウイルスが感染が収束していない状況にあることを踏まえ、

これまでに基本方針第16報を発出しています。

 

【8.3更新】

京都を含め全国的に新型コロナウイルスが感染拡大状況にあることを踏まえ、

これまでに基本方針第14報を発出しています。

 

【7.10更新】

在宅勤務については2020年度内申請を可能に、学内ルールを再度整備し、

その他WEB会議、マイカー通勤、時間調整などの施策と併せて

新型コロナウイルスの対策に全教職員一丸となって取り組んでまいります。

 

【6.15更新】

4.17時点の取り組みを6.30まで延長しています。

 

【5.1更新】

4.17時点の取り組みを5.31まで延長します。

 

【4.17更新】

政府の全国への緊急事態宣言が発出され、京都府も「特定警戒都道府県」に指定されました。

本学は感染拡大抑止をより一層強化するために、緊急事態宣言が解除されるまでの間を目途に、

4/7までに周知されている施策を軸に、在宅勤務等を軸に本学全キャンパス(嵯峨・太秦・河原町)の出勤者を8割減とすることを目標にします。

4月18日以降対応可能な学校から取り組みに着手します。

 

【4.7版】

学校法人大和学園では、新型コロナウィルスの感染拡大に備え、

高等教育機関としての事業継続並びに本学を支える教職員の安全確保と子女の養育支援を目的に、

令和2年3月2日より5月6日をめどに期間限定で以下の施策を実施いたします。

 

①在宅勤務の許可

②マイカー通勤の許可
③時間調整出勤の推奨

④振替休日取得の弾力化 

⑤年次有給休暇の取得促進

①~②については新規取り組み、③~⑤については強化取り組みです。

なお、学園事業計画の目標では教職員一人あたりの年次有給休暇の取得を年間「10日」以上と
定めています。所属長・所属部長と相談の上、期間中に積極的な取得に努めます。

 

その他、拠点間のWEB会議実施の推奨や社外での会議/セミナーへの参加自粛等あらゆる施策をもって、
一連の感染拡大予防につなげてまいります。

『学生/受講生/来客受け入れ時の対応【5月6日まで】 』
(ア) 出勤時のアルコール手指消毒、手洗いの完全実施
(イ) 身近に感染者または濃厚接触者と認定された(或いはその疑いがある)人が
いる場合は、その旨を学園に報告することの徹底
(ウ) 来校者の発熱・体調、感染症危険情報レベル1以上のエリアへの滞在歴
(直近2週間以内)の確認(原則海外への渡航・滞在歴がある場合は、説明の上お帰り頂くこととする。)
【参考】https://www.anzen.mofa.go.jp/riskmap/

 

【関連記事】

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた本学の対応等(随時更新)

 

学校法人大和学園における新型コロナウイルス感染防止対策の動画はこちら>>>


▲最新情報ページトップへ