世界に羽ばたく13人の外国人研修生を次なるステップへ見送りました!

 

日本食・食文化普及人材育成支援プログラム 修了式

 

2019年7月24日(水)から始動した“世界無形文化遺産”である和食のグローバル展開をめざす料理研修プログラム 「日本食・食文化普及人材育成支援プログラム」。

 

10ヶ国から招かれた13人の料理人が3週間の語学研修、5週間にわたる日本料理の基礎知識と調理技能の集団料理研修を終え、
ラ・キャリエールクッキングスクールは、2019年8月30日(金)にグループ校の学校法人大和学園京都調理師専門学校において、
「日本食・食文化普及人材育成支援プログラム」修了式を行いました。

 


 

修了式での様子

 

集団料理研修が行われたグループ校の京都調理師専門学校、仲田校長に挨拶を頂き、
5週間の料理研修を指導を行った平井学科長より、旅立つ13人の研修生にエールが送られました。

 




 

13人の研修生、一人一人に仲田校長から修了証が授与されました。
どの生徒もすがすがしい表情で修了証を受けとる姿が印象的でした。

 


 

懇談会での様子

 

修了式を終えた後には懇談会が行われ、研修生から先生や仲間への感謝の想い、今後の抱負など思い思いに語って頂きました。

 

「このような素晴らしい機会と手厚いサポートに感謝している」、「素晴らしい先生に出会えた」、
「この後の個別研修でもお互いさらに成長して再会しよう」など、前向きに話す姿が見られました。

 

日本で親しみのあるお菓子とお茶を楽しみ、笑いも交えながら明るい雰囲気で行われ、8週間ともに学んだ研修生同士や先生との絆が感じられました。

 



 

13人の研修生はそれぞれ国内の有名日本料理店に向かいます。半年間に及ぶ日本料理店・寿司店などでの個別研修を行い、
最後に、農林水産省が制定した「海外における日本料理の調理技能の認定に関するガイドライン」に基づく認定試験に臨みます。

 

5週間の研修を生かし現場で多くのことを吸収して、日本の食文化を世界に発信する素晴らしい料理人に成長することを願います。

 


 

 

“世界無形文化遺産”である和食のグローバル展開をめざす料理研修プログラム 「日本食・食文化普及人材育成支援プログラム」が京都調理師専門学校で始動しました!

 

日本食・食文化普及人材育成支援プログラム


ラ・キャリエール クッキングスクールは、2019年7月24日(水)、グループ校の学校法人大和学園京都調理師専門学校において、日本料理を学びたい外国人の料理人を応援する「日本食・食文化普及人材育成支援プログラム」のスタートとなる入講式をおこないました。


■8カ月にわたる研修プログラム


「日本食・食文化普及人材育成支援プログラム」は、農林水産省の支援を受け、日本食・食文化普及人材育成支援協議会が実施。海外における日本食・食文化の一層の理解深化と日本産食材の輸出促進に向けて、海外から日本食の料理人を招聘し、研修を実施するプログラムです。

今年は、10カ国(アメリカ、ポルトガル、中国(香港)、イタリア、チェコ、イギリス、ペルー、ルーマニア、メキシコ、オーストラリア)から13名の料理人を招きました。

研修期間は8カ月。3週間の語学研修、5週間にわたる日本料理の基礎知識と調理技能の集団料理研修、そして半年間に及ぶ日本料理店・寿司店などでの個別研修を行い、最後に、農林水産省が制定した「海外における日本料理の調理技能の認定に関するガイドライン」に基づく認定試験に臨みます。



5週間の集団料理研修は、京都調理師専門学校にて実施。同校とラ・キャリエール クッキングスクールが協働で実施するプログラムに基づいて学びを進めます。

日本料理の基礎知識と調理技能の習得はもちろん、和菓子作りや、キャンパス内の茶室「誠心軒」での茶道体験など、さまざまな日本文化に触れる機会も設けています。

その他、学外での研修も予定。農業体験では実際に農場を訪れ、旬の野菜や京野菜の特色、作物を育てる土壌・水について学びます。また、酒蔵見学では、日本酒の製造方法を学習、日本酒の試飲もおこない、酒自体の味や料理との組み合わせについても理解を深めます。

 

■日本の食文化の豊かさを世界に発信


今回のプログラムをサポートしたラ・キャリエール クッキングスクールでは、京都から日本の食文化を世界に発信すべく、インバウンド講習会を積極的に実施しています。

加えて、商品開発から調理・技術指導、店舗設計、開業支援といったコンサルティング事業も手掛けるなど、今後も日本が誇る食文化のグローバルな発展に努めてまいります。



■ラ・キャリエール クッキングスクール概要


アクセス:

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車すぐ

京阪電車「三条駅」から徒歩5分、阪急電車「河原町駅」から徒歩10分、

京都市バス「河原町三条」下車すぐ、京都バス「河原町御池」下車すぐ

オーダーメイド・コンサルルティングのお問い合わせはこちらから↓


京のブランド産品30周年記念


このたび、京のふるさと産品協会より「京のブランド産品30周年記念」の感謝状をいただきました。

京のふるさと産品協会とは、京都府をはじめ府内の全市町村、農林漁業団体からなる団体で、京都産の農林水産物のブランド認証や、食文化の継承発展のための活動等を行っています手 (グー)
 

感謝状の授与にあたっては、京都調理師専門学校の仲田雅博校長がラ・キャリエールクッキングスクールの校長を務めていた当時の、京野菜を使ったレシピ本の発行やホームページへの掲載、京のブランド産品の情報発信やラ・キャリエールクッキングスクールでの講習会の開催等についての感謝とともに、仲田校長のブランド認証審査会委員としての活動や、現在校長を務める京都調理師専門学校が幅広いジャンルに対応した料理人を育成していることについても、高く評価していただきましたぴかぴか (新しい)
 

協会のホームページでは、京の伝統野菜の解説や、ブランド産品を使ったレシピ、美味しい京野菜料理を食べられるお店も紹介されていますので、ぜひ一度ご覧くださいるんるん (音符)
大和学園では、これからも様々な団体と連携して、京都の食文化や特色あるブランド産品を守り、発展させていきます!

 

京都の食を学ぶオリジナルレッスンはいかがでしょう?


ラキャリでは通常の料理教室レッスンに加え、食文化の継承発展のためオリジナルのオーダーメイド講習会コンサルティング事業も行っています晴れ

【修学旅行での体験学習】


修学旅行で京都へお越しの際に、京の味を知るための体験学習の受け入れも致しております。

自分たちで作った京料理をその場で召し上がっていただけるので、そのまま昼食としても活用頂けます。
最後は、生徒の皆さんが「楽しかった!」と言って頂ける講習会をお約束ほっとした顔

きょうと修学旅行ナビ




【海外からのお客様も…♪】


ユネスコ世界無形文化遺産に登録されている「和食」について、京都ならではの京料理の歴史や成り立ちから、実際に料理をつくる講習会を通して、食文化、京都の良さを学べるプログラムをご用意。

京都らしい京のおばんざいや京料理の講習会など「京都のほんまもん」を学べる講座ラインナップが魅力的なこちらは観光客から大人気ですひらめき


 

大和学園は、80年以上にわたり食の分野に携わってきた、いわゆる『食のプロ集団』

競合企業とは一線を画する“高度な専門性”(知識・技能・経験)の全てを最大の強みとし、 調理に関する基本的な指導から経営指導に至るまで、『食』の安全・安心を基軸にした考え方を大切にご指導しております。

もちろん、クライアントごとのオリジナルカリキュラムの策定はもちろん、型にはまらない細かい 対応をOne to Oneで実践することで、満足度の最大化を図って参ります指でOK
 

オーダーメイド・コンサルルティングのお問い合わせはこちらから↓



お電話でのお問い合わせ 電話 0120-071-219

皆様、こんにちは!
ラ・キャリエール クッキングスクールの北庄です。


先日土曜日、第8回 食サイエンスセミナーin Kyotoを無事開催することが出来ました。
毎年お見かけする方のお顔を今年も見ることが出来て嬉しく感じます!


第8回 食サイエンスセミナーin Kyoto

基調講演ゲストは La Biographie…
オーナーシェフの滝本将博 氏

第8回目のゲストは、「ミシュランガイド京都」創刊時から連続して星を獲得されている
フレンチ名店「ラ・ビオグラフィ…/ La Biographie… 」オーナーシェフの滝本将博 氏
 にお越しいただきました。

基調講演は
【食材のポテンシャルを高める調理技法を学ぶ ~低温加熱が生み出す美味しさの秘密~】をテーマとし、講演頂きました。

滝本将博 氏ラ・ビオグラフィの店内
 

滝本シェフには、 

熱を加え過ぎない「トマトの湯ムキ」の技術や澄んだトマトジュース抽出の講義、
また低温加熱のお肉の焼き方やラ・ビオグラフィのスペシャリテ「卵のショーフロア」を実際に目の前で作って頂くなど、
本当に特別で楽しい基調講演となりました。


低温加熱のお肉1 低温加熱のお肉2 滝本将博氏の基調講演
 

それぞれ受講生の皆様にはご試食いただき、とても美味しい!低温で焼くお肉はこんなにも美味しいのか!という感想が聞こえてきました。
滝本シェフ、素敵な実演と講習ありがとうございました。


 

午後からの分科会
【食材の個性を生かす下処理の方法~和食と洋食のアプローチを学ぶ~】


今年は和食・洋食のコラボレーションで行いました。
大人気講師 「奥田講師と飯講師」2人のコラボという事もあり、大いに盛り上がった講習会でした。
「毎年、どちらを受講したくて迷っていたから、一緒になって嬉しい!」というお声を沢山伺うことができ、
皆様にとって充実した分科会になったことと思います。


和食と洋食の講習会1 和食と洋食の講習会2 和食と洋食の講習会3
さて、

お楽しみの夜は、「ラ・ビオグラフィ」で美食会!

とても美味しい滝本シェフのお料理をご堪能され、和やかで楽しいお時間を過ごされたようです。

 

ラ・ビオグラフィ美食会の様子1 ラ・ビオグラフィ美食会の様子2 ラ・ビオグラフィ美食会の様子3
毎年楽しみにして頂いている皆様!ぜひ、来年もお越しくださいね。

 

ラ・キャリエールについて

こちらの施設でお料理やお菓子・パン作りを習っていただく事もできます!

ラ・キャリエール

▼京都のお料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクール

 

 

皆様、こんにちは!
先日、アメリカのオレゴン州から素敵なお客様にお越しいただきました!

合唱団をお迎えして”WASHOKU”講習会 開催


Youth Choir of Central Oregonという、世界中で活躍されている合唱団の皆様です。

オレゴン州在住の方よりラ・キャリの英語サイトを見て、メールでご連絡を頂き、
日本に来日される際のお料理講習会が実現しました!
海外のお客様のオーダーメイド講習会です^^/


今回は、京都のラ・キャリエールクッキングスクールに来て頂くので、
”WASHOKU”を作って頂きました!

メニュー

  • 五目いなり寿司
  •  野菜の天ぷら
  • 豆腐とわかめのお味噌汁
ベジタリアンの方もいらっしゃったので、
海外生活の経験もある奥田講師が担当し、メニューを考案しました!
奥田講師は、英語も堪能!当日、お越しいただいた皆様と
とても楽しそうに会話していました!

メニューに関しては、女性の方が多かったので、
「ヘルシー!」と、とても喜んで頂けて本当に良かったです!

 

やはりお寿司は大人気!
皆さんペロッと召し上がっていらっしゃいました!


また、講習会の最後には奥田講師、山野先生、山元先生に向けて
合唱をしてくださいました。
歌声が素敵なのはもちろんですが、そのお気持ちが嬉しくって、
後ろで聞いていたスタッフも感動して思わず涙がポロポロと溢れ出ました。


これからも素敵な歌声を世界に響かせて頂きたいです。

日本の京都に来てよかった!

ラ・キャリに来てよかった!と言っていただけますように、これからもここ京都でいろんな国々の方をお迎えして参ります~
海外のお客様も続々お越しいただいています!

 

関連リンク


インバウンド講習会

ラ・キャリエール クッキングスクールでは企業・PTA様向けのオーダーメイド講習会のみならず外国人の方向け、インバウンド講習会も開催しております!

We do offer cooking lesson for non Japanese people as well.If you are keen on cooking and Japanese food, come and take our lesson!

Please come join us!

One day class



 Review on Trip advisor!





京都市に訪れる観光客は年間180万人を超え、影響力が大きい米旅行雑誌「トラベル+ レジャー」の読者アンケートで世界一の人気観光都市に選ばれ「京都市/Kyoto city」への関心が高まっています。(2014年時点)ラ・キャリエールでも、海外のお客様をお迎えし、日本の食文化を理解し、楽しんでもらえるコンテンツをご用意しております。MICEに!観光に!ラ・キャリエールのインバウンド講習会は如何でしょうか。

お問い合わせ

★ご予算、ご要望に応じたメニュー、内容を提案致します。
★人数は少人数(1名~10名程度)や大人数(最大70名程度まで)まで幅広くお受けいたします。
★お問い合わせから3営業日以内にはお答えするよう、努めております。
★英語でのお問い合わせも受付中です。

【お問合せ先】

ラ・キャリエール 営業企画室
電話番号: 075-241-0191(代)
ファクス: 075-241-3020
メール :manabi@taiwa.ac.jp

▼京都のお料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら

インバウンド講習会もお任せ 国籍問わず。

 

La Carriere Cooking School

Zip Code 604-8006

Address. kawaramachisanjo-agaru nakagyoku Kyoto

Phone. +81 75 241 0191 Fax +81 75 241 3020

Office hours
(mon – fri) 9:00-21:00 (sat) 9:00-16:30 (sun / holidays) closed

Email.manabi@taiwa.ac.jp

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング