ラ・キャリエールのインストラクターは
2016年春より新メンバーも加わり、
10名の講師陣で受講生をお迎えしております!

講師全員、キャリアも出身地もそしてキャラクターも血液型(ややB型多め)も違います!
もっとラ・キャリ講師を知ってもらえればという気持ちで、
新企画
ラ・キャリ講師「私の料理への想いと仕事の流儀」をスタートさせていただきます。

—-

記念すべき第一回は

シェフ インストラクター 奥田 茂一 講師

奥田茂一プロフィール写真奥田講師は、姉妹校 大和学園 京都調理師専門学校上級調理師科を卒業後
1997年にヴィヴァロワ(フランス)、1998年にジョルジュブラン(フランス) にて研修、同年パリのコルドンブルーにてグランディプロムを取得されました。
1999年より京都調理師専門学校の講師を務めた後、

現在はラ・キャリエール クッキングスクールのシェフインストラクターを務められています。

専門知識はもちろん多岐に渡る料理知識をお持ちです。
そしてセンス良い料理と笑いを持ち味に授業展開をされ、受講生はじめ学生にも人気の先生です。
そして、インストラクター唯一の男性講師。
頼もしい存在です。

 

そんな奥田講師の

「料理への想いと仕事の流儀」についてお聞きしました

Q1.料理の世界に進もうと思ったきっかけは何ですか?

 

1980年に放送していた、堺正章主演の「天皇の料理番」というドラマを見たことです。

当時8歳であったにも関わらず、ひどく感動したのを覚えています。
そういえばこのドラマ、2015年に佐藤健が主演でやってましたよね。

堺正章バージョンの方が奥深かったですね…。

 

Q2.なぜフランス料理なんですか?

 

そのドラマがフランス料理人の話であったからです。

あと、田舎育ちの私は外国に憧れがあったんでしょうね。

 

ラキャリ奥田茂一留学時代

Q3.フランス留学時代のエピソードを紹介してください!

 

最初は、パリにある有名な料理学校である「ル・コルドンブルー」に通いました。

 

普通は初級からスタートするのですが、私は学校の勝手もわからないまま中級からスタート。

本来であれば自分で買って揃えておかなければならない器具を持たないまま、最初のお菓子の授業を受けました。
クラスの中で日本人は私だけで、他のメンバーは初級から一緒に中級へ来た人ばかり。

他の人が使い終わった器具を借りながらチョコレートのタルトを作りましたが、

どうしてもワンテンポ遅れてしまい、全然うまく出来ませんでした。

他のメンバーにも冷たい目で笑われたのを覚えています。

 

「このままナメられてたらあかん!」と思い、

次の料理の授業では一番早くに仕上げて先生に見てもらい、
好評価を得ました。一週間後には、私はクラス内で「シェフ」と呼ばれていました(笑)

 

ラキャリ奥田茂一留学時代
 

Q4.先生の自信の一皿をご紹介ください

何でしょうね(笑)

しいて挙げるなら、ごまかしのきかない半熟の「オムレツ」でしょうか。

 

 

Q5.料理人になってなかったら何になってましたか?

 

 

ラキャリ奥田茂一フランスの現場
え?!どこ!?という方、拡大写真も準備いたしました。笑



ラキャリ講師留学時代
役者も含め、映画関係の仕事をしていたかもしれません。

学生時代には映画にドはまりしていたので。
この話をすると、何人かは「え、その顔で?」

という顔を私の前で包み隠さずにされます。

あきませんか?

 

Q6.料理上手になるには?ずばり!

 

普段の食事を興味をもって食すことです!
あとはもちろん、ラキャリに通ってレシピ本やインターネットでは覚えることのできない感覚を体でつかむことです!

 

 

Q7.人生最後に食べたいもの

 

家族が揃って食事ができるのであれば、いつも通りの普段の食事でいいですね。

 

Q8.料理を作る上で大切なことはなんですか?

 

興味を持つこと、「感謝」や「もったいない」気持ちを持つこと、食べる人のことを考えること、
楽しく作って楽しく食べること・・・等々
でも、やはり「好き」であることが全ての始まりなんだと思います。

 

.

.

.

.

 

奥田先生、ありがとうございました!!

最近の奥田先生。

記憶に新しい、ラグビーワールドカップ2015 の五郎丸選手。
流行に敏感な奥田講師はいち早く再現され、ラ・キャリツイッターが大いに沸きました!笑

奥田茂一シェフ 五郎丸
京都で料理教室に通いたいな。という方

こんな講師が揃っているラ・キャリエールで始めてみませんか?

 

 

ラ・キャリエールは京都で80年の歴史のあるクッキングスクールです!

様々なキャリアのある講師がおります。

ラ・キャリエールの講師紹介はこちら>

 

京都のお料理・お菓子・パン・フラワーの教室

ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら

0120-071219(まなびにいく)

\   体験レッスンも随時受付中♪ /

 

女性の毛穴と野菜の細胞の隙間には深い関係があります…。

お野菜ピクルスを作る際に、カットしたお野菜を瓶に入れるよりも

真空パック(ジップ〇ックしかり)にいれてから液体に入れると

ひと晩で美味しいピクルスが出来上がるんですよ~

(どうしても瓶だと空気がはいっちゃいますね!)

 

お肌の救世主、パックも美容液をよりお肌に浸透させるために

パックの上からラップをかぶせる事ってありませんか??

それと同じ原理だそうな。

毛穴がキュッとしまるんです!嬉しい☆

 

人気の奥田シェフインストラクター
 

奥田シェフインストラクターのお話はいつも新鮮でおもしろいですね☆

 

さてそんな女性に嬉しいお話もありの

年末特別講習会

「おうちでアツアツ!本格洋食で楽しくクリスマス!」

が12月22日(月)13:30~にラキャリにて開催されました。

 

メニュー IMGP0007
 

美味しそうですね~☆

すべてお持ち帰りできる!がコンセプトの講習会だったので

昨晩のディナーはおうちで楽された方がたくさんいらっしゃったと思います☆

 

★メニュー★

☆なめらかシーフードグラタン

☆具だくさんハッシュドビーフ

☆色々野菜の手づくりピクルス

 

IMGP0019 IMGP0018
 

講師がテーブルを順番に指導するので、わからないところがあっても

その場で問題クリアになるのがラキャリの講習会のよいところですね♪

 

さて…年末特別講習会もそろそろ佳境となってまいりました。

来年も秋からお申し込み受付を開始いたします♪

 

ぜひ皆様のご参加をお待ちしておりますね!

 

 

皆さん、こんにちわ!

日中は暖かくなりましたね。

日によっては暑い日もあるくらいです…。

 

新年度を迎え、ラキャリでは毎日元気に皆さんをお迎えしています!

 

この春から新しく「ラキャリ受講生」になられた方も沢山いらっしゃいます。

これから一緒に楽しく、腕前を上げていきましょう!

 

ということで、新年度の初めに、私「奥田茂一」の自己紹介をさせて頂きます。

ラキャリでは色んなジャンルの料理やお菓子のレッスンを担当しています。

中でも一番の専門分野は「フレンチ・イタリアン」です!

 

高校を卒業後、大和学園姉妹校の京都調理師専門学校 上級調理師科に進学し卒業、

その後、同校にて助手からキャリアをスタートしました。

24歳から25歳にかけて渡仏、パリのコルドンブルーでグランディプロム

を取得し、ミシュランの星付きレストラン2件で研修をしました。

 

cuisineパリに住んでいる時、皆で集まっては色んな食材で料理を作って

ワイワイと楽しんでいました。

(写真は一人ぼっちですが…)

 

georges blanc2件目の研修先、3つ星レストランの「ジョルジュ・ブラン」です。

中央右側付近の「平たい顔族」が私です。

ここで食べる「ブレスの鶏」は驚くほどの美味しさ!

 

そして、京都調理師専門学校で再び勤務の後、昨年8月より

ラキャリでインストラクターとして頑張っております!

 

そんな私、今年の「イタリアン・フレンチ」レッスンの1年間のメニューを

作成しました。イタリアやフランスの風を、皆さんの食卓にお届けします!

 

フランス料理」のメニューです。

・グリーンピースのフランス風

・ハムとチーズのオムレツ

・サーモンのナージュ風

                      の3品です!

3plats
                     

オムレツは、トロッと半熟の本格派です。

omelette
 

2015年は、食卓をイタリアン・フレンチで囲んでみませんか!

 

食卓を賑わす楽しいトークも満喫できるイタリアン・フレンチ2015

皆様のご予約を、笑顔と共にお待ちしております!

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング