ラ・キャリエールで料理を習い初始め
\ おっ!/と思った事まとめブログ

最近本屋に行くと、
お料理のカテゴリでは
「作り置き料理」
「時短料理」などのテーマ雑誌が多く並んでいます。

働いているとその日の夕飯や次の日のお弁当等
準備が本当に大変ですよね。


でもフルタイムで働いていいても、
お料理や家事は手を抜きたくない!という方。多いと思います。

さて、
ラキャリの習い事。から少し離れましたが
今回のブログのテーマ「ラキャリ(ラ・キャリエール)で料理を習い始めて思った事」

個人的な意見をまとめさせていただきました。

 

まず、、

ラキャリのレッスンはとても「丁寧」

基礎レッスンでも
  • カレーのルー
  • ホワイトソース
  • 魚の三枚おろし
  • 卵豆腐…等
 

え?作れるの??
それって買うもんじゃないの?
と思っていた私からしたらびっくりしたものもイチから習います。

ある意味「丁寧」というのが正しいと思います。



https://www.instagram.com/p/BQkM1_XF0oe/?taken-by=la_carriere

料理用合わせ調味料も使ってます

結論から言うと、お料理教室通ってましたが
私「クック○ゥー」等の料理用合わせ調味料も使ってます!
だって、そこまで頻度の高くない調味料を買って冷蔵庫をいっぱいにするのは嫌なんです…

 

ただ、買う常識しかなかったですが、
イチから作った
カレーのルー・ホワイトソース・卵豆腐は
頂くとめーーーーっちゃおいしいんです。

あ、買ったものとは全然違うな。
やっぱり丁寧にこだわって作っただけのことはあるな、という感想。

 

 

 

手づくりは美味しい
でも時間はない!でも美味しいものは食べたい!!

そんな感じで皆さん同意見だと思います。笑

さすがに毎日の生活で、カレーのルーもホワイトソースも手づくりはできないですが
やっぱり基本を知っておくと知らないとは違うな~と思います。

 

ささいな事ですが、

「料理教室に通って良かったな~」と思う理由は
なぜそうするかという「意味」を理解できている事だと思います!

野菜一つ切るにしてもなぜそう切るか、
切り方は書いてあっても切り方のコツは
「料理用合わせ調味料」の裏面にも「料理本」にも書いてないですもん。

 

個人的にわ~通っててよかったと感じた食材!
オクラです!

オクラの下処理ってどうするか知っててますか?
私はヘタをそのまま切り落として、茹でてました!

でも(料理方によって異なりますが)
塩で板ずりし、ガクとヘタを鉛筆削りみたいな形で切るんです。


茹でた時にネバっとした栄養が流れでないようになるそうです!

その他、ピーマンや大根・タマネギ、
あと乱切りの方法等 挙げればたくさんありましが..

色々な下処理について学びました。
時短料理と言いつつも、やるべき処理はちゃんとやる!
そんな意識づけになりました。

どうでしょうか?
「意味を理解し」「基礎」を知っている方が今のお料理より、
もうちょっと美味しいく仕上がるかもしれないですよ?

 




余談ですが、カレーもですが、
感動的だったのはホワイトソース!
本当に美味しいんです。
モチッとして、とろみとうまみが凝縮されていて、なんとも言えない美味しさ♪
あとミートソースも作ってラザニアを作ったんですが、これは本当に感動的な美味しさでした。
時間がなくても作りたくなるひと品です。
だって小麦粉とバターとミルクさえあれば作れるんですよ~楽チン♪笑




 

ラ・キャリエールについて

 ▼京都のお料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクール

ラ・キャリエール

 

\ 体験レッスン随時受付中★★/

>体験レッスン500円~^^

あけましておめでとうございます!

ラキャリスタッフKです。

初めて「三段重のおせち料理を作る会」に参加する!


今年初めてスタッフとして受講生をお迎えするのではなく、
受講生として「三段重のお  せち料理を作る会」に参加してまいりました!

ラキャリはインストラクター含め、年頃女子のスタッフが多いんです。

企画運営している女子スタッフからも、
おせち作れるってなかなか女子力レベル高いですよね~

なんて会話が出るくらい「おせち作れる女子」への憧れもありつつ
でも企画運営側のスタッフが受講出来ることも出来ず….



ただ今年たまたまシフトの関係で30日からお休みを頂くことになった私は、
以前から秘めていた「おせち作れる女子」になるべく
今年の「三段重のおせち料理を作る会」に(コソッと)参加してまいりました~!!

題して..

おせち料理を作れる女子への道!!

 

講習会の魅力

  • 買出し不要
  • 下準備不要
  • 4.5人作業
  • ご自身のお重箱に詰めて持ち帰れる
30.31日の1.5日間(約9時間強)で32品のおせちが作れる!
という内容になっています。



4.5人といえども32品。5人作業でもひとり6品は担当しないと…という計算になりますが、
焚き物も多いので、(黒豆・寄せ煮など)
火に掛けたらそのまま先生が様子を見て仕上げてくれている~
という献立も多いので、意外と負担ではなかったです。




(行く前の不安)

   自分自身の料理レベルへの不安

(参加してみて)

   簡単な切りもののみで安心!個人作業が多めでした!




大丈夫かな~と不安満載で参加しましたが、、、

結果は、、、

\ ジャーン♪/


結果何の問題もなく完成しました!

 

今年のおせちは頼んだでっという家族からの重圧&同じテーブルの人へとの連携..等 本当に行く前は不安だったんです(T^T)


振り返ってみる(1日目)

(切りもの)

ほとんど下ごしらえされ、真空状態で食材が来ているので
庖丁を使うシーンも簡単な切りものや飾り切り程度
後は、完成した献立の切り分けくらいです!

(その他作業)

調味料の測り方
炒め作業
油で揚げる作業 もあります。

今回担当した料理

  • エビチリ
  • 紫芋の胡麻団子
  • 車海老艶煮
  • ローストビーフ
  • チャプチェ春巻き
  • 鶏とトリュフのフリット
  • 梅花人参旨煮(飾り切りのみ)
  • 梅花あん(全員で作る)
    —–
私の担当は丸める作業が多かったです。
1日目でほとんどのおせち料理を作ります。

スタッフとして、ご応募いただいた方には事前に

「寒くなります。 暖かい服装でお越しください」と毎年お声がけしてますが

1日目を終えて、全然行けるや~んと思っていました!

が、
2日目は火を使わないので、寒ーーーーーい!!!

※ご参加される方は、1日目は程よ厚着。 2日目はホッカイロ持参予備持参でご参加ください!

 

振り返ってみる(2日目編)

 

↑ ご参加いただいた方のインスタグラム)

こんな感じですぐに盛り付けられるように、1日目に作ったおせちの中身。2日目は全部の汁気を切って盛り付けの準備をします!


\ 盛り付け&完成!/

ご参加頂きありがとうございます シェアさせて頂きます #料理好きな人と繋がりたい #クッキングラム #Repost @chengzigang (@get_repost) ・・・ 今年も京都の #ラキャリエール# に行っておせちを作って来ました。 今年は 紅白真丈 黒豆 叩き牛蒡 田作り 数の子味噌漬け 梅花あん 焼き金団 伊達巻き 松風 柚子釜紅白なます 金柑シロップ煮 紫芋の胡麻団子 初雪くるみ 鰤柚庵焼き 鮭味噌漬け 鶏ロール ローストビーフ 蕪のスフォルマート タイ風さつま揚げ エビチリ タコのサルサヴェルデ 鶏とトリュフのフリット 龍眼宝珠 チャプチェ春巻き 棒だらと小芋の旨煮 車海老艶煮 彩り根菜上湯煮 えびす南瓜旨煮 姫くわい旨煮 梅花人参旨煮 寄せ煮 を作りました。 今年の栗きんとんは さつまいもをじっくりオーブンで焼き、栗の渋皮煮を合わせた焼き金団は上品で美味しいので 私の一番のお気に入り 次に 初雪くるみがお気に入り メープルシロップ入りの結晶化させたくるみ プレーンと抹茶の二種類を 作り抹茶がクセになります 今年も無事におせちが出来て 紅白を視ながらくつろいでおります 皆様も良いお年をお迎えくださいませ

LaCarriereKyotoさん(@la_carriere)がシェアした投稿 –


https://www.instagram.com/p/BdXaLA8nRix/?taken-by=chengzigang
https://www.instagram.com/p/BdW9pyVH17w/?taken-at=405577558
お疲れさまでした!

帰りは本当に~ずっしり重く、寄り道せず即帰宅。たぶん5キロはありそうです

そんな感じで、みっちりずっしりの「三段重のおせち料理を作る会」無事終了~

女子力アップは置いておいて
例年のお正月より、正月を迎える準備に力を入れた年になりました^^

 

以上、「三段重のおせち料理を作る会」参加したレポートでした!最後まで読んでいただきありがとうございました。




 

2017年 年末特別講習会 特設サイト 

2018年ご予約スタートしています!!



11月・12月とクリスマスメニューやお正月メニュー盛りだくさんの大和学園 ラ・キャリエール開催の講習会です♪

京都のお料理・お菓子・パン・フラワーの教室

ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら
0120-071219

 

関連リンク

 

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング