第三者検証

大和学園では、「ホスピタリティ・レポート」の掲載内容に対する信頼性の確保を目的に、SGSジャパン株式会社に第三者検証を依頼しました。報告書の内容および検証結果を本事業の継続的改善に活用していきます。

第三者検証報告書

※2017年度の活動実績を検証した報告のため、校名は当時のものを記載しています。

第三者による意見

ホスピタリティ・レポート検証を終えて。

太秦新キャンパスは、環境都市でもある京都にふさわしくあるべく、建物そのものに対する様々な環境対策について投資を行い、CASBEE 京都(京都独自の環境配慮建築物の評価基準)にてAランク判定を受けたことを確認しました。環境対策という社会的責任に対し、学園が真摯に考え、行動した結果が評価に繋がった事例として、特筆に値します。また、同キャンパスは、再開発された地域に立地し、病院と隣接しています。ホスピタリティマインドの高い人材を世に輩出することを理念としている同学園に対し、今後の地域的な相乗効果を期待せずにはいられません。今後の学園のさらなる飛躍を期待いたします。

都倉氏SGSジャパン株式会社
認証サービス事業部
サステナビリティ報告書保証主任審査員
都倉 知宏 氏

【略歴】
大学非常勤講師などの教育機関での経験を経て、1SO20121、GHGおよびCSR報告書検証などの審査員を務める。

▲第三者検証トップへ