環境保全への取り組み

大和学園では持続可能な社会の実現のため、節電・節水をはじめとする省エネ活動の推進や3R※につながる廃棄物の削減、教育事業の一環であるエコイベントの実施など、様々な角度から地球環境保全に取り組んでいます。

※3R…Reduce(廃棄物の発生抑制)・Reuse(再使用)・Recycle(再生利用)という3つのRの総称。

省エネ活動の推進&廃棄物の適正処理

省エネ活動の推進&廃棄物の適正処理

1997年の「京都議定書」や、2009年の「環境モデル都市」選定等、京都の街はいつも地球環境との関わりを考え、先駆的な取組にチャレンジしてきました。そのような環境先進都市・京都に暮らす私たちだからこそ、地球温暖化の進行を止め、持続可能な社会を実現するために、大和学園ではデマンド監視装置を設置することで電力使用の抑制につなげたり、コピー用紙やトイレットペーパーは再生紙を使用したものを選ぶなど、小さなことから地球環境にかかる負荷の軽減に努めています。2017年度は学園全体で水使用量、廃棄物発生量について前年度より削減することに成功しました。今後も都度の数値チェックで運用を見直し、改善し続けることで引き続き省エネ活動に取り組み、光熱水使用量やCO2排出量、廃棄物発生量のさらなる削減をめざすとともに、持続可能な発展へとつなげられるよう努めていきます。学園全体のCO2排出量、廃棄物発生量については以下の通りです。

CO2排出量(学園全体)

( )内は前年度

原油
換算数量
(キロリットル)
二酸化炭素
換算数量
(トン)
揮発油
(ガソリン)
6.6 (9.3)17.2 (24.3)
都市ガス(13A)85.4 (83.8)168.6 (165.3)
電力
(一般電気事業者)
476.4 (466.2)942.7 (931.6)
合計568.4 (559.4)1128.4 (1121.2)

京都府地球温暖化対策条例に基づく事業者排出量削減計画・報告・公表制度に従い集計しています。

廃棄物発生量(学園全体)

( )内は前年度

総発生量
(トン)
107.166
(114.833)
事業系一般廃棄物
・産業廃棄物
特別管理産業廃棄物
106.95
(114.56)
0.216
(0.273)

事業系一般廃棄物・産業廃棄物については、事業用大規模建築物減量計画に基づき、京都市に報告している廃棄物の総量です。

▲環境保全への取り組みトップへ

ECOで快適なキャンパスづくりに向けて~太秦キャンパスでの取り組み~

ECOで快適なキャンパスづくりに向けて~太秦キャンパスでの取り組み~
太秦キャンパス・京料理実習室 太秦キャンパス・カフェ

太秦キャンパスでは、多くの実習施設を設置している中、高効率設備の導入や、床・壁・天井など全面にF☆☆☆☆(フォースター)の建築資材を使用することにより、京都独自の環境配慮建築物の評価基準「CASBEE(キャスビー)京都」※において、「Aランク」を取得し、学校施設として高い環境評価を受けることができました。また、全実習室に導入した最新鋭の換気システムや空調を含めた都市ガスの利用などを通して、快適な実習環境・空間づくりを進めています。

※CASBEE(キャスビー)京都…全国的に普及している建築環境総合性能評価システム「CASBEE」をベースに、京都がめざすべき環境配慮建築物を適切に誘導できるように評価項目の重点化や見直しを行った京都独自のシステム

▲環境保全への取り組みトップへ

Topic

学生によるボランティア清掃活動の実施

大和学園では、地球環境にやさしい心やホスピタリティマインドの醸成、そして、観光都市京都の美化を目的に、学生によるボランティア清掃活動に取り組んでいます。キャリエールホテル旅行専門学校では、「鴨川クリーンアップ大作戦」として鴨川河川敷清掃を、京都栄養医療専門学校では、「嵐山地区清掃ボランティア活動」として、嵐山界隈の清掃を行いました。いずれも多くの学生が参加し、社会貢献の意味やボランティア活動の素晴らしさ、主体的に地球環境保全・美化推進に取り組む必要性を実感していました。今後も学生たちにとって持続可能な社会の実現につながる学びの機会として、ボランティア清掃活動を継続していきます。

学生によるボランティア清掃活動の実施

▲環境保全への取り組みトップへ