製菓衛生師とは

製菓衛生師試験について

開催日・開催場所

製菓衛生師試験は毎年、全国の各都道府県で実施されています。
住む場所に関係なくどの都道府県でも受験することができ、受験資格を取得後は合格するまで何度でも受験することが可能です。但し、都道府県により製菓衛生師試験を実施しないところもありますので、詳しくは各都道府県の担当課(生活衛生課や食品衛生課など)までお問合せください。

製菓衛生試験の形式

試験の様式は各都道府県で異なりますが、主に以下のように統一されつつあります。

出題形式 客観式(四肢択一)
出題科目 衛生法規、公衆衛生学、食品学、食品衛生学、栄養学、製菓理論及び実技
問題数 総出題数60問以上
各科目出題数に対し、衛生法規5%、公衆衛生学15%、食品学10%、食品衛生学20%、
栄養学10%、製菓理論及び実技40%で構成
※製菓実技は、洋菓子・和菓子・パンから選択するところが多く、実技に関する問題です。

製菓衛生試験の受験手続きに必要なもの

必要書類は各都道府県で異なりますが、一般的には以下のとおりです。

  1. 受験願書
  2. 製菓衛生師養成施設の卒業証明書または、卒業証書の写し
  3. 写真
  4. 手数料(1万円前後)