製菓衛生師とは

製菓衛生師とは

お菓子づくりのプロ=製菓衛生師 は、厚生労働省が認める国家資格

製菓衛生師とは、菓子製造業に従事する者の資質を向上させ公衆衛生の向上を図るためにできた資格です。
菓子製造の質的向上を目指し、製菓業界の中でも必要性が高まってきており、年々受験者も増加しています。

本校の通信教育では、卒業と同時に製菓衛生師国家試験の受験資格が取得できます。
お菓子とパンに関する知識と技術そして国家資格、すべてを手に入れましょう!

製菓衛生師のメリット

★独立して製菓店を経営する際に有利!
★社会的にも自分をアピールする証に!
★食品衛生責任者の資格を取得!

最近では、菓子業界においても栄養成分表示、アレルギー表示、遺伝子組換えなど、正しい表示で消費者に安心して召し上がっていただけるよう安全に気を配ることが何よりも求められています。また、製菓理論を理解していることで個性を活かした応用技術が発揮でき、製菓技術における向上に大きく結びつきます。

このように、営業面でより多くの顧客信頼を勝ち取る大きな要素として、食品学・栄養学・衛生法規などの科学的知識を土台にした製菓技術を生かす傾向が大変強くなってきました。

現在では、この資格取得をめざす菓子製造業従業者が年々増えており、菓子店へ就職する際や独立開店する場合はやはり取得しておきたい資格の1つとなっています。