第三者検証

大和学園では、「ホスピタリティ・レポート」の掲載内容に対する信頼性の確保を目的に、SGSジャパン株式会社に第三者検証を依頼しました。報告書の内容および検証結果を本事業の継続的改善に活用していきます。

第三者検証報告書 第三者検証報告書

第三者による意見

透明性のある経営とおもてなしの心を醸成する取り組みを評価。

社会的責任の中で最も重要と考えている課題・項目は「透明性のある経営」であることをインタビューにて伺いました。そのためには、数字で表現し、公表していくことが重要と考えられ、教育実績、奨学金の状況、就職率および資格試験の合格率・取得率を継続して公表されています。また、これらの数字は高く維持され、それに伴う取り組みはレポート内でも紹介されており、特筆に値します。
学園が展開している教育サービスは、ホスピタリティが根底にあり、どの学校およびコースにおいても「おもてなし」の心を醸成するための内容が組み込まれています。文化の都、京都に位置する専門学校にふさわしい取り組みであると考えます。今後も地域業界に根差したこれらの活動を継続され、学園がさらに発展されることを期待します。

都倉氏SGSジャパン株式会社
認証サービス事業部
サステナビリティ報告書保証主任審査員
都倉 知宏 氏

【略歴】
大学非常勤講師などの教育機関での経験を経て、1SO20121、GHGおよびCSR報告書検証などの審査員を務める。

▲第三者検証トップへ