学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

アーカイブ » 職場環境

学校法人の働き方改革について語ってみる。

【投稿日時】2018年03月24日(土)09:03 【カテゴリ】職場環境

事務局のYです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、巷でも大変話題の働き方改革について記事の作成依頼を受け、

私から「taiwa働き方改革」ということで記事を書かせていただきます。

 

なぜ働き方改革なのか?

「働き方改革」

特に報道などで取沙汰されるようになったのは、某大手広告代理店のあの事件かと思います。

以前からハードワークの会社として知られている大手広告代理店のD社

2015年には、新入社員の過労自殺が起きるなど、その管理体制に非難の声が殺到したことは

記憶に新しいです。

最近では、あの「朝4時起き、365日の働き方」で有名な日本電産会長兼社長CEO 永守重信氏が

一気に方向転換、残業ゼロへ 働き方改革へ舵をとっているなど、様々な企業で

独自の取り組みが見られています。なお、余談ですが、永守さんは2018年3月に京都学園大学の

理事長に就任されます。お隣さんになりますね。

 

我々も、太秦キャンパスや専門職大学の開学等の2大プロジェクトを擁し、前途洋洋ではありますが、

改めて教職員のハピネス実現、そして生産性の向上のための働き方改革について考えてみたいところです。

 

 

PM型会議の改善

学園では、8月より「PM型会議の改善」ということで、会議時間を原則60分に設定することや、

事前の資料とりまとめの期日、会議後の報告書の作成の確認プロセスについて

見直しを行いました。

 

単なる時間削減では全く意味がなく、この見直しにより、各個人が会議前に、資料を一読するであったり、

資料作成でもなんでも、「ちょっと早くやってみる」ということを心がけることで、

効果も出てくるのではないかと思います。

 

個人的には、多数の会議やサメールが沢山来る中で、限りある時間を有効活用するため、

自身の働き改革として以下を意識しています。

・メール/メッセージはすぐ返信する。(あとで答えます、やります、は絶対しない)

・メール/メッセージは5分以内で書く。(それ以上時間がかかると長いと判断)

・会議資料の作成は会議の2か月前。資料は3週間前送信。(早ければ1か月前にはメンバーに共有したい)

 

他企業はどうしているのか?

他の企業を見てみますと、検索エンジンの運営や、今や車(?)の開発も行っているGoogleは、「30分会議」を推進し、時間内に結論&議事録完成を徹底させていたり、製薬業界の大手、アステラス製薬は「経営会議でのプレゼンは1分間」を決めています。

 

まずはできることから

「働き方改革だ!」「業務削減!」と理想を掲げるのは容易いことですが、真剣に働き方改革に取り組むためには全教職員の皆様のご協力が必要かと思います。もちろん、上述の日本電産のような、極端なトップダウンという手もひとつですが。。。

学園であまりドラスティックな会議の改革はできておりませんが、一人ひとりが

「いつもより端的に説明してみる」「いつもよりちょっと早く資料作りに着手して周囲に展開してみる」など、

できることから取り組みを行っていただくことが、重要なのではないかと思います。

 

 

アーカイブ » 職場環境

「きょうと男女共同参画推進宣言」登録事業者表彰 京都市長賞 受賞!!

【投稿日時】2018年03月18日(日)12:48 【カテゴリ】お知らせ,職場環境

去る2010年12月11日、京都市男女共同参画市民会議 ウイングス フォーラム 2010において、「きょうと男女共同参画推進宣言」登録事業者表彰 京都市長賞 を受賞しました。

京都市では、「女性の能力の積極的な活用」や「仕事と家庭生活の両立支援」など、男女がともにいきいきと働くことができる職場づくりに向けて、積極的に取り組んでいる企業や団体を「きょうと男女共同参画推進宣言」事業者として登録しています。

このたび大和学園は、特に意欲的な取り組みを推進している登録事業者として、京都市から認定され、京都市長賞を受賞しました。
大和学園が推進している特に意欲的な取り組みとは、

① 役職や管理職への女性の積極的な登用
② 育児・介護休業制度や育児・介護のための短時間勤務制度の整備と嘱託職員等への適用
③ 家族手当以外に育児支援手当の支給

などです。

「アカデミー・オブ・ホスピタリティ」をめざす学園として、人づくりに携わる教職員が幸せを感じる職場環境に向けての意欲的な取り組みが認められ、今回の受賞につながりました。これからも大和学園は、教職員がいきいきと働き、いつも活気にあふれた明るい職場の創出のため、福利厚生の充実に努めていきます。

アーカイブ » 職場環境

大和学園の口コミを徹底検証してみます。

【投稿日時】2018年01月22日(月)10:27 【カテゴリ】職場環境

こんにちは!総務のTです。

今日は、大和学園の口コミを徹底検証してみます。

今日は転職市場における大和学園の評判、そして口コミを検証してみます!!

巷では、転職会議さんやカイシャの評判さん、そしてvokersといった

口コミサイトが結構存在しますね。

いったい事実がどれほど書かれているのか?

簡単に抜粋して紹介してみたいと思います。

結論から言うと、事実でないことが多数書かれていることがわかります。

「事実じゃなかったら消せば良いじゃないか!」と言う声も聞こえてきそうですが、

実は、こういった口コミサイト、削除依頼を出すのは

なかなか厄介なプロセスが存在するのです。

例えば、ある企業の例ですと・・・

 

以下の書類を同封の上、郵送にてご依頼ください。
プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会のサイト上にございます「侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書」(必要事項を記入し、登録印鑑(実印)を押印してください
発行後3ヶ月以内の印鑑登録証明書
発行後3ヶ月以内の登記簿謄本
第三者が代行する場合には、依頼主の登録印鑑(実印)が押された委任状
掲載内容が、クチコミ投稿時の「事実と異なる」ことを明確に証明できるもの(掲載内容が「事実と異なる」場合)

まぁ、削除依頼を出そうと思えば出せますが、どこまで本気でやっていくか、と言うことですよね。

ただ、担当者としてこのままこの口コミを放置というのも、事実と異なりますので、本ブログにて

反論してみたいと思います。

・・・というわけで、大和学園の口コミを検証してみます。

 

口コミ1:女性管理職が非常に少ない

あるサイトにはこのように書かれていました。

本当でしょうか?

答えは、NO!

現在学校法人大和学園では女性の活躍を推進するための研修に力を入れており、

女性活躍のための一般事業主行動計画を策定、女性管理職比率を3割にすることを目標にしています。

この口コミサイトには「女性管理職が非常に少ない」と書かれていますが、今日時点でその比率は

25%。管理職全体の4分の1は女性管理職ということになりますが、果たして「非常に少ない」と言えるでしょうか?

こうして一方的に書かれることも、大変残念なことです。

 

口コミ2:創業家の気分でものが決まる

こんな口コミもありました(笑)

一体誰が書いたのでしょうか。

学校法人の運営をわかっていない方が書いたのだと思いますが、

学校法人は私立学校法で理事会と評議員会の設置が義務付けられており、

また、学校法人における理事(つまり一般企業でいうと役員や取締役に相当)については、

同族制限が設けられています。

具体的にいうと、

「理事については同族制限が設けられており,各役員(理事及び監事)について,その配偶者又は三親等以内の親族が一人を超えて含まれることになってはならないこととされている。」

のです。文部科学省のホームページにもわかりやすく紹介されています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/002/houkoku/03080703/002.htm

つまり、学校法人は実は、ファミリー企業であること自体が難しいのです。

(法律で禁止されている)

よって、創業家の気分でものが決まるということは仕組み上あり得ないのです。

 

口コミ3:退職者が多くでると、残った人に役職をつけて囲い込む傾向がある。

ここまでくるとなかなかのレベルです。笑

役職をつけて囲い込む企業がどこにあるでしょうか?

もしそうであれば、万が一能力や業務経験を鑑みずに役職がついた人がいるとして、

そういう人たちばかりになると、学校運営が立ち行かなくなりますね・・・。

80年以上続く法人として、そういったやりかたで学校運営を行ってきたと思われていることは

少し残念ですね。口コミサイトの弊害だと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

転職や就職活動をされている皆様も、口コミについては

何が事実で、何がそうでないのか、

しっかりと見極める必要があるかと思います。

 

 

 

アーカイブ » 職場環境

CSV活動、最新情報~Creating Shared Value~

【投稿日時】2017年01月13日(金)16:30 【カテゴリ】お知らせ,職場環境

こんにちは、事務局の柳瀬です。

今年度も大和学園では、多くのCSV活動を実施しています。

今回は、各校の取り組みをダイジェストとしてお送りいたします。

京栄校「透析食講習会~地域と連携した素晴らしい社会貢献プログラム~」

栄養士でCSV

京都市、京都腎臓病患者協議会、京都透析食研究会とともに京栄校が産学公の連携による講習会(全国栄養士養成施設協会後援)を実施しました。実はこの講習会、5年連続で京栄校を会場に開催しています。京栄校からは教職員、京栄校の学生約50名がスタッフとしてお手伝いいただきました。

京調校「KYOTO MERCATO」

イタリアンでCSV

京調校では、10月に京都市役所前の広場で実施された「KYOTO MERCATO」に出店しました!学生たちも調理や接客にあたり、レストラン運営で学んだ知識・技術を活かして、パスタなど3品を提供。ランチタイムはとても忙しかったようですが、来店されたお客様からは好評だったとのことです!

製菓校「ふれあいスイーツ研修」

お菓子でCSV

製菓校のふれあいスイーツ研修では、今回、高齢者福祉施設を訪問されました。学生たちが1からレシピを考え、高齢者の方の食事制限なども考慮しながらお菓子を作り、提供しました。レクリエーションを通して交流もはかることができ、高齢者の皆様にも喜んでいただけたようです!

キャリ校「図書館総合展」

図書でCSV

11月に横浜で開催された「図書館総合展」に、キャリエールと京栄校から出展されました。今年も、専門学校の出展は本学園のみ。10周年を迎えたキャリエールのライブラリーの歴史を振り返る展示を行い、注目を集めました。

ラ・キャリ「パルティール京都コラボ(ゼクシィ)」

ゼクシィとCSV

京都の料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクールではパルティール京都から料理のコンサルティングを受託し、レシピ開発を行いました!若い女性をターゲットとしたメニュー開発のため、学生たちの若い感性が発揮されたそうです。その様子はゼクシィ関西版12月号にも掲載されました。学生たちにとっても、ビジネスに触れる貴重な機会となったのではないでしょうか。

アーカイブ » 職場環境

年に1回!大掃除を行いました!

【投稿日時】2016年12月27日(火)11:07 【カテゴリ】キャリ校,学校紹介,職場環境

こんにちは!人材開発グループのマルオカでございます。

今年もあと4日となりました。

キャリエールホテル旅行専門学校では、教員フロア・ラキャリエール・法人事務局のメンバー全員で、

1年間お世話になった校舎に対して、日頃の感謝を込めて、 通常の朝の清掃では手をつけられないような

隅々まで しっかりと掃除を行いました!

 

 気になる今年のテーマは、、、

ファーストクリーン・アカデミー
 ~選択されるために校舎の洗濯を~ 

 

キャリエールの強みである、美しい校舎、清潔な教室、
整えられた施設・設備。

これらはこうした取り組みから支えられているといっても過言ではありません。

大掃除

ページのトップへ