学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

学校法人としてのストレスチェック制度対応とは?

【投稿日時】2016年07月14日(木)09:25 【カテゴリ】職場環境

こんにちは。法人事務局、M.Tです。

今回、学校法人大和学園でも、人事担当者の間で話題となっている、「ストレスチェック」を実施することとなりました。

みなさんの所属される企業・法人さんは、すでに取り組んでいらっしゃるでしょうか?

ストレスチェック、していますか?

学校法人大和学園としての取り組み

学校法人 大和学園では、毎年1回、自己申告制度という制度を設けて、教職員から異動希望や体調など、

ヒアリングを行ってきましたが、今回は、労働安全衛生法の改正に対応すべく

ストレスチェックを実施する運びとなりました。

教職員にとってさらに働きやすい職場づくりを実現するため、担当としても頑張りたいと思います!

 

以下、ストレスチェック制度の概要です。一部私たち学校法人大和学園が対応する

方法についても書いています。

まだ未実施の企業・法人の方は、今年の11月までに実施をしてくださいね!(実施対象企業・法人のみ)

※ストレスチェック制度の施行後は、毎年1回、

定期的に従業員に対してストレスチェックを行うこととなり、初回のストレスチェックは2016年11月30日までとなりますのでご注意ください。

(対象は、従業員50人以上の全ての事業所です。)

 

 

 Q:なぜ「ストレスチェック制度」がスタートするのか?

A:労働安全衛生法の改正により、2015年12月から労働者が50人以上いる事業所では、ストレスチェックを行うことが法律で義務付けられました。

これに伴い学校法人大和学園においても、「ストレスチェック制度」を実施します。ストレスチェックは学園のPCを用いてWEB上で実施します。

Q:どうやって実施するの?

A:ストレスチェックは紙またはWebで行うことが一般的です。

学園では、各自のPCを用いてWEB上で実施します。
簡単な質問(57項目)に答えていただきストレス度合を判定することになっています。

Q:結果はどうやってわかる?

A:アンケート回答後、受験者の画面では即時に「ストレスプロフィール」が通知されます。
ストレス度合が点数化され、ご自身のストレスがどの程度なのかが分かる内容となっています。
結果は項目ごとにグラフで表示され、どういった点がストレスなのか、そうでないのか一目でわかりやすいようになっています。

※学校法人大和学園は独自のシステムを使用していますが、使用されるツール、方法によって出力結果のイメージは変わるかと思います。

Q:ストレスが高いと判定されたら?

A:高ストレスと判定され、面接を希望される方は医師による面接指導を受診することになります。

Q:上司、人事担当者にストレスチェックの結果を知られるのでは?

A:もちろん、知られません。法律では、ストレスチェックの結果が不利益な取り扱いにつながることが無いように、監督的地位にある者(管理職)は、ストレスチェックの事務に従事してはならないとされています。

Q:回答したストレスチェックの結果はどのように活かされる?

A:高ストレスの方へ医師による面接指導を勧奨するほか、「集団分析」として全体の結果を集計して事業所ごとのストレス傾向を把握することが望ましいとされています。

大和学園では、集団分析の結果について各校の衛生委員会等の会議体で共有され、

それぞれの職場環境の一層の向上のために役立てられます。
※「集団分析」の結果については、個々人が特定できないように集計されます。

 

ワークライフマネジメントを推進していくためにもメンタルヘルス対策は重要となります。

教職員全員で、本ストレスチェック制度を通じて学校法人としての働きやすい職場環境を

創っていきます。

 

 

このほか、学校法人大和学園では、「ストレスチェック制度実施規程」を設け、

全教職員に周知し、実施にあたっての透明性を確保しています。

透明性、大事ですもんね。

 

さて、最後に学校法人 大和学園のブログの宣伝です。ぜひ購読下さい!

 

【良く読まれているオススメ記事】

・専門学校の職業教育の質的向上に向けた取り組み【文部科学省委託事業編】

・女性活躍のための行動計画を策定しました!(2016.3.29)

私学共済のメリットを最大限有効活用してみる。

【緊急特集!】インターンシップに参加した就活生の生の声★

忘年会幹事も重要な仕事!大和学園キャリエール校合同忘年会2015★驚きのサプライズ有!?

 

以上。

 

↓SNSの宣伝↓

学園のTwitterInstagram始めました。

iQiPlus
ページのトップへ