学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

トラベルアンドレジャーで京都が4位に!

【投稿日時】2017年07月13日(木)17:32 【カテゴリ】学校紹介

7月11日発表のようですが、米国の旅行雑誌「Travel + Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」の読者投票「ワールドベストアワード2017」
京都は今年4位だったようです。

昨年は6位でした。(その前は2年連続1位)

若干盛り返したか?
Kyoto is ranked in at 4th in this year.
http://www.travelandleisure.com/worlds-best/cities#intro

大和学園も京都から世界へ、情報発信と人材養成を行ってまいります。

taiwaリベンジ選考、始めます。(先着順・エントリー期限7/14まで)[7.13定員に達したため締め切りました。]

【投稿日時】2017年07月10日(月)18:47 【カテゴリ】採用説明会

※定員に達したため、締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました!(2017.7.13)

こんにちは!採用担当の安原です。

暑くなってきましたね。

本日は、就職活動中の皆様にお知らせです。

今年初めて、学校法人 大和学園では、
【taiwaリベンジ選考】を行います!
新キャンパス構想を目前に控える中、新卒総合職の追加募集も同時に行います。
「春は落ちてしまったが、もう一度・・・!」という想いのある方、
我こそは!という方、ぜひご応募下さい。
下記要領をお読み頂き、「saiyo@taiwa.ac.jp」まで
「taiwaリベンジ選考のエントリー」の件名とともに、
本文に「お名前・大学名・ご連絡先・リクナビorマイナビのID」を記入の上、メールを下さい。
先着順になっております。ご注意下さい。

【taiwaリベンジ選考とは?】

今年春に、taiwa採用試験を受験された方で、筆記試験を通過された方に限り、
もう一度、面接から受験頂くことができます。
「他社から内定が貰えたけどこのままでよいのだろうか・・・」
「教育業界への想いが捨てきれない」
などなど、様々な想いがある方にとって、朗報かと存じます。
ただし、履歴書の提出やテーマに基づく特別課題作文がございますので、
確りと準備の上、選考に臨んで頂きたいと思います。

今回は、特別課題の作文のテーマも公開します!

テーマは、「あなたの夢」です。
作文の様式等は、選考の過程でご説明致します。

応募方法は?(締め切りました。)

冒頭にも記載しましたが、

xxxxxx(※締め切りました。)まで
「taiwaリベンジ選考のエントリー」の件名とともに、メールを頂きたく存じます。
本文に「お名前・大学名・ご連絡先・リクナビorマイナビのID」を記入の上、メールを下さい。

諸注意について

リベンジ選考と言うことで、選考基準が非常に厳しくなっております。
以下に当てはまる場合は、選考の参画をお断りさせていただくことがございます。
あらかじめご了承ください。
1.実施要領や様式を読みこなしていないと判断された場合
2.指定の面接日時にご来校いただけない場合
3.資料の提出が遅れた場合
4.その他リベンジ選考を受験するに相応しくないと判断される場合

 

その他新卒採用に関する詳細は、リクナビ2018マイナビ2018をチェック!
多数のご応募、お待ちしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

外観が一部ご覧いただける状態となりました。

【投稿日時】2017年07月07日(金)18:43 【カテゴリ】新キャンパス

こんにちは、事務局の安原です。

本日、新キャンパスである太秦天神川キャンパスの校舎、その外観が一部ご覧いただける状態となりました!

taiwaのシンボルマークもお目見え!

 

近くにお住いの方、あるいは通る方がいらっしゃればぜひ見てください!

世界に誇るスケールを実感頂けるかと存じます!

 

京都市民、また入学希望者の皆様、乞うご期待下さい!

太秦キャンパス、来年4月開学(予定)です。

 

【参考記事】

葛野大路御池からお届けしています。【新キャンパス】

学校法人大和学園の将来構想!太秦天神川/山ノ内に新キャンパス★

日本食・食文化普及人材育成支援事業をサポートしています。

【投稿日時】2017年07月05日(水)08:44 【カテゴリ】ラ・キャリ,京調校

こんにちは!事務局の前川です。
今回は、京都調理師専門学校、ラ・キャリエールクッキングスクールが協働でプログラム開発した、
日本食・食文化普及人材育成支援事業(農林水産省バックアップ)」のご紹介。
先週6月30日には、開会式ということで、東京に出張してまいりました。

日本食・食文化普及人材育成支援事業、どんなプログラムなのか?

本プログラム、全世界から15名の日本料理を学びたいシェフを招聘し、 今後9ヶ月間ほどで日本(東京と京都)で研修を行うのです。

学生の出身国も、米国、英国、カナダ、ブラジル、イタリア、シンガポール、バングラデシュと

非常にバラエティに富んでいます。

 

大和学園はどのように関わっているの?

7月24日〜京都調理師専門学校とラキャリエールクッキングスクールの2会場でも受け入れを行い、
和食の研修を 大和学園主導で1ヶ月ほど行います。
(その後、菊乃井さん・京料理 木乃婦さん、祇園ささ木さんなど名店で各自修行)

大和学園の研修では、通常の調理技術指導はもちろん、衛生面の座学、

茶道、市場見学など充実のラインナップを準備。

 

増え続ける日本食レストラン

「和食」のユネスコ世界無形文化遺産登録も相まって、

海外では和食がかなり人気のようです。が、本当のmade in japan の和食を扱える料理人
はそういません。

一方、こんなデータもあります。

近年、日本食レストランは増加傾向にあります。

具体的には、約2.4万店(2006年)→約5.5万店(2013年)→約8.9万店(2015年)に増加。
そういった人材を、大和学園でも養成できるようこれから仕組みを作っていきたいなと思
っています。

今回は、そのきっかけとなればとも思います。

 

新キャンパスもある中で、世界中から優秀なシェフが集まる大和学園に、期待下さい!

 

 

【関連記事】

日本料理の調理技能認定制度、京調が日本初の取り組み開始!

世界中が注目★和食道「和食ワールドチャレンジ」開催!@ラキャリ

インバウンド料理講習会|スタンフォード大学の皆様|

太秦病院さんの竣工式に出席いたしました。

【投稿日時】2017年06月23日(金)09:13 【カテゴリ】新キャンパス

こんにちは、大和学園の事務局田中です。

昨日は、太秦・山ノ内で大和学園のお隣でお世話になる太秦病院さんの

竣工式に関係者で出席いたしました。

振り返りますと、当浄水場の北側用地は、2014(H26)年6月から跡地活用優先交渉事業者を公募され、

太秦病院さんには、幾度となく打ち合わせの時間を設け、現在に至っています。

門川市長もご出席

門川京都市長のFacebookでも、当日の様子が紹介されていました。

市長も、浄水場跡地活用がいよいよスタートするということで、とても楽しみにされていました。

ホスピタリティ創学拠点

共同提案した「ホスピタリティ創学拠点」は、「やさしさと確実な技術をもって親切で的確な医療」を目指されている

地域密着型の医療機関と、調理、製菓、栄養などの専門学校による複合的な開発により、

「健康増進による市民生活の質の向上」「学びの環境の充実」「にぎわいの創出」など、活気あるまちづくりへの相乗効果を生み出したいと思っています。

太秦病院様のますますのご発展をお祈り申し上げます。

 

 

 

【参考】

京都市山ノ内浄水場跡地(北側用地)活用に関する基本協定締結式

右京区役所、太秦病院、京都学園大学の4者による地域活性化に関する協定を締結

ページのトップへ