学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

太秦キャンパスの夜景から

【投稿日時】2018年03月19日(月)19:16 【カテゴリ】京調校,製菓校

こんばんわ!

いよいよ学校法人 大和学園 太秦キャンパスがオープン。

本日引っ越しを開始!教職員も準備を進めています。

帰り際の夜景から、ご紹介します。

4月からは学生レストラン、カフェもオープン。

皆さん、お楽しみに!

 

学園創立80周年、飛躍の年度のスタートにあたって

【投稿日時】2018年03月18日(日)12:50 【カテゴリ】お知らせ

理事長挨拶2011年抜粋

今年度は本学園では、創立80周年の大きな節目の記念すべき年度を迎えます。

皆さんに取り組んでいただきたいことは、これまで各専門学校及びスクール事業において、

日々実践してきた高度化や専門化、効率化の取り組みは、今後も社会にフィットしていくかという視点で、自らの仕事をチェックすることです。すなわち、年間を通じて、教育、就職、募集マーケティング、予算・校舎施設管理、アドミニストレーション等において、シンプルに「本質」を見極め、核心をつくことによって、

我々が取り組む業務並びに事業の最適化を図り、次なる本学園の伝統となる新たな歴史を創るための一歩を踏み出すことにチャレンジします。

また、新たな年度を迎え、各専門学校の新入生をはじめ在校生たちやラ・キャリエールクッキングスクールの受講生の皆さんが新しい学びや気づきに接して、生涯の糧となる人とコトに出会い、学園生活を謳歌できる活気に満ち溢れたひとづくりに邁進していきたいと思います。

幸いにも今年度の学生募集は、ほとんどの学科で定員を充足でき、各校ともに出願者数を着実に伸ばしました。しかしながらこの状況に満足しているだけではいけません。18歳人口110万人台突入を目前に控えて、学齢人口が低位安定するこれからの10年は、学園が持続可能な発展を遂げるために我々の真価が問われる時期であるといえます。従って、教職員は、これまで以上に一人ひとりが情報収集力を磨き高め、変化を先取りする企画力を醸成し、そして成果につながる実践力を発揮して、学園各校がそれぞれの学科分野でリーディング校としてのポジショニングを確立することに徹底してこだわる年度とします。

一方、本学園創業の事業である生涯学習事業においては、新進気鋭の料理研究家が運営する料理教室やABCクッキングにはない、卓越した料理・お菓子・パンづくりの専門性を打ち出し、料理が楽しく確実に作れるようになる指導基盤のしっかりとした信頼のおけるスクールの確立を図ります。そして、受講生一人ひとりの要望に確実に応え、技術習得における満足度と達成感を個のレベルで最大化させるOne to One の指導を展開します。

そのために、受講生を魅了して離さないインストラクターの個性を磨き高め、競合するスクール並びにサロンの牙城を崩し飛躍的に受講生総数の増強を図る年度とします。

さらに、本学園の大きな競争力である大和流職業型実学教育の完成度を高めるために今年は、基本となる教育綱領や道標を今一度しっかり見据えて、教育目標やカリキュラム、授業計画やシラバスに落とし込み、理念に基づく一貫した教育を行います。そして、掲げた教育目標を必ず達成するために教員一人ひとりの授業力・指導力を高めることに心血を注いでいきましょう。

職業教育の本質とは、専門知識・技能の習得の前に、職業人としてのプロ意識や自立性、自発的行動力、職業倫理の醸成などの人間形成を最重要視した教育を展開することです。このことが、いま社会から求められる“ホスピタリティマインドと人間的魅力を兼ね備えた強い人材”の養成につながると確信します。

さらに、本学園の特色である規範教育については、各校でスタンダードを明文化し、学生たちを喚起させ、就職先事業所や保護者、高校進路指導等、ステークホルダーの共感が得られる指針の徹底を図ります。加えて、科目間の連携強化や、リニューアルした施設・設備を活用することによってハードとソフトを融合させ、何を教えたかではなく、何を習得させたかの学習成果重視の教育を展開してまいります。

過去2年間にわたり本学園では、「Challenge for the 80th Anniversary」に沿って、個々のコア・コンピタンスを活かし、さらには連携と融合によって学園全体の力へと高めてきました。今年度は、大和学園の原点である建学の精神と学園理念に立ち返り、多様な学習者のニーズや社会の様々な要請に的確に応える学習機会を提供するとともに、その教育の質や魅力を向上させるという基本を忠実に実践し、業務の「本質」を見極めて、社会をリードする人づくりにチャレンジしていきましょう。

創立80周年の節目の年度を迎え、教職員一人ひとりがこだわりを持ち、厳しい現実にも負けない、あきらめない、力強い姿勢で業務に取り組み、教育の質や魅力を向上させるという基本を忠実に実践し、常に業務の「本質」を見極めて、社会をリードする人づくりに我々の叡智を結集してまいりましょう。

「きょうと男女共同参画推進宣言」登録事業者表彰 京都市長賞 受賞!!

【投稿日時】2018年03月18日(日)12:48 【カテゴリ】お知らせ,職場環境

去る2010年12月11日、京都市男女共同参画市民会議 ウイングス フォーラム 2010において、「きょうと男女共同参画推進宣言」登録事業者表彰 京都市長賞 を受賞しました。

京都市では、「女性の能力の積極的な活用」や「仕事と家庭生活の両立支援」など、男女がともにいきいきと働くことができる職場づくりに向けて、積極的に取り組んでいる企業や団体を「きょうと男女共同参画推進宣言」事業者として登録しています。

このたび大和学園は、特に意欲的な取り組みを推進している登録事業者として、京都市から認定され、京都市長賞を受賞しました。
大和学園が推進している特に意欲的な取り組みとは、

① 役職や管理職への女性の積極的な登用
② 育児・介護休業制度や育児・介護のための短時間勤務制度の整備と嘱託職員等への適用
③ 家族手当以外に育児支援手当の支給

などです。

「アカデミー・オブ・ホスピタリティ」をめざす学園として、人づくりに携わる教職員が幸せを感じる職場環境に向けての意欲的な取り組みが認められ、今回の受賞につながりました。これからも大和学園は、教職員がいきいきと働き、いつも活気にあふれた明るい職場の創出のため、福利厚生の充実に努めていきます。

お菓子でCSV活動!製菓校の取り組みご紹介

【投稿日時】2018年03月18日(日)08:47 【カテゴリ】製菓校

京都製菓製パン技術専門学校でCSV活動の一環として行っているふれあいスイーツをご紹介いたします。

この行事は、学生が作ったお菓子を高齢者の方、及び施設関係者の方に提供し、お菓子の製造から提供までを通して社会に貢献する意義とホスピタリティ精神の醸成を目的として実施しています。今年度行った施設は3年目になりますが、毎年この行事を楽しみにされており、学生が作製するお菓子はもちろん、レクリエーションを通して学生とのふれあいも毎年とても喜んでいただいております。

学生は提供するお菓子を一から考案し、施設の方との話し合いの中で決定したお菓子5種を作製しました。衛生面に細心の注意を払いながらのお菓子の作製は普段の実習とは違った緊張感がある反面、でき上がった時の達成感はひとしおといった感じでした。

学生たちはお菓子やレクリエーションの考案という課題に対して真剣に考え、そのお菓子を提供することやレクリエーションを行うことで人の笑顔を創出し、社会貢献へとつながるという機会を経験することでお菓子作りや学びへのモチベーションが上がり、自身の将来についても考えさせられる良い機会になったと感じています。今後ますます高齢化が進む社会の中で製菓校の強みを活かしたCSV活動を継続して行ってまいります。

 

2017年度 文部科学省後援 色彩検定「文部科学大臣賞」受賞【資格のキャリエール】

【投稿日時】2018年03月15日(木)08:46 【カテゴリ】キャリ校

2017年度文部科学省後援の色彩検定において、「文部科学大臣賞」を受賞することができました。

高校、大学、専門専修各種その他学校、企業など各部門において優秀な成績を修めた順に、「文部科学大臣賞」「優秀団体賞」「色彩検定協会奨励賞」受賞校が決定します。
キャリエールホテル旅行専門学校ブライダル学科は2012年、2013 年に「優秀団体賞」、2014年に「文部科学大臣賞」、

2015年、2016年に「優秀団体賞」を受賞し、6年連続で成績優秀校に選ばれました。

2017年度は本検定未達成の100%全員合格を掲げ、授業内で実施する各模擬試験において高い合格ラインを設定し、検定に挑みました。

最優秀校に選ばれたのは、偏に個々の学生が最後まで諦めることなく努力した結果!

 

今後も資格のキャリエール!の実績を創出すべく、全国トップの合格率維持に、学科一丸となって取り組んで参ります。

 

ページのトップへ