学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

CSV活動で人の和を広げる大和学園の取り組みが凄い?

【投稿日時】2015年09月10日(木)13:35 【カテゴリ】お知らせ

CSV活動で人の和を広げる大和学園の取り組みが凄い?

本日のエントリーは大和学園のCSVについて、本年度も実施する

学生参加型のエコポスターの取り組みを中心に、広く皆さんにご紹介したいと思います。

学校法人大和学園では、CSV(Creating Shared Value)委員会を全学的に設置し、

様々な事業・取り組みを通じたSR活動の推進を行っています。

詳しくは、大和学園のSR活動のページでも紹介しておりますが、

これからも地域に愛される開かれた学園創りにまい進してきます★

エコポスター

 

 

そもそも大和学園ではなんでSR活動を重要視しているの?

2003年ごろから、日本ではCSR(企業の社会的責任)という言葉が浸透し始めました。
2010年度には上場企業の半数以上はCSR報告書を発行するようになり、

ISO規格でもSR(社会的責任)に関するガイドライン(ISO26000)が発行されました。

そして2011年、学園ではSR推進委員会(現在のCSV推進委員会)を発足し、

学園のSR活動をまとめたSR報告書を、学校法人では日本で初めての発行を行いました。

※SR(社会的責任)とは、短期的な利潤追求だけでなく次世代へと続く「持続可能な発展」のため、

地域経済の発展や環境保護など、社会全体に対する責任を果たすという考え方のことです。

学園全体でSR活動を推進するため、CSV推進委員を中心に教職員、地域の皆さまにもSRについて知っていただき、

「アカデミー・オブ・ホスピタリティ」を標榜する大和学園のさらなる

信頼度の向上につなげていきたいと思っています。

 

日本初!?taiwa流SR活動をまとめたホスピタリティ・レポートの発刊

大和学園は、おもてなし文化の都、京都の地でtaiwa流のホスピタリティ教育を追求し、

学生や受講生の満足度を高めるとともに、社会に貢献する活動を行っています。
そして、冒頭でもお伝えした通り、その取り組みに関する情報をより幅広く、

そしてより分かりやすくお知らせしていくためにホスピタリティ・ レポート」を作成し、

詳細なデータを「大和学園データ集」としてWEBに掲載しております。

今後は「透明性」「説明責任」「持続可能な発展」をキーワードに、

より一層SR活動を推進し、豊かな社会と文化の創造に貢献していきます。

 

エコポスターコンテストの歴史

さて、メインテーマの「エコポスター」についてお話ししましょう。

大和学園では本エコポスターコンテストを通して、

学生から環境・エコに関するポスターを募集することにより、
学生の環境保全活動に対する意識向上を図っています。
また、優秀作品は学園HPや校舎内に掲載することで、
学生だけでなく教職員や来校者、学外の方々に対しての
環境保全の啓発、ならびに学園の取り組みの対外発信にも繋げています。

 

それでは、ここで大和学園でのエコポスターコンテストの歴史について

振り返ってみましょう。

 

第1回taiwaエコポスターコンテスト(2013年)

2013年10月末から大和学園の全学生を対象に環境ポスターを募集し、

1カ月限定の募集期間で72作品もの応募がありました。
そしてその中から選考委員による審査の結果、 29作品が選出されました。

第1回エコポスターコンテスト2013年のページでも作品を公開中ですが、

ここでは作品の一部をご紹介。

第1回taiwaエコポスターコンテストのページもご覧ください★
最優秀賞はどんな作品なのでしょうか?ご期待あれ!

生まれ変われる優しさが地球を救う

持ち歩こう。みんなで守ろう、みんなの地球

 

 

第2回taiwaエコポスターコンテスト(2014年)

2013年から始めたエコポスターコンテスト。

学生のエコの意識を高める!ということで2年連続で開催。

第2回となる2014年度も、大和学園の全学生を対象に環境ポスターを募集し、

昨年を大きく上回る91作品もの応募がありました。

下記は優秀作品の一部。

第2回エコポスターコンテストで最優秀賞含め表彰作品公開中!

(京調校のブログでも大々的に紹介中!)

 

 

 今年も開催!第3回エコポスターコンテスト(2015年)

2015年も、taiwaエコポスターコンテストを実施します!

今年度の新たな取り組みとして、

一般の方も投票可能なWEB投票を実施します。

本取り組みを通して、学園内外の皆さまにも投票にご参加頂き、

本校のSR活動を知ってもらうきっかけになればと思っています。

在校生・卒業生の皆さんもぜひ投票をお願いします☆

 

 大和学園のCSV活動はまだまだこんなものじゃない?

正直言って、まだ書ききれません!

本日は、エコポスターを中心にお話ししましたが、引き続き、ブログを中心に学園の活動を積極的に発信し、

社会との関わりを深め、双方に価値を創出するCSV活動(SR活動含む)を推進してまいります☆

 

各学校のCSV(SR)活動にもご注目下さい。

 

 

職場環境を改善する、良くするための方法を教職員に聞いてみた。

【投稿日時】2015年09月09日(水)19:42 【カテゴリ】職場環境

こんにちは。採用担当のGです。

今日は、大和学園の教職員の皆さまからの協力を頂き、

「職場環境を良くするには?」というテーマでインタビューをしてきました。

「人の和の広がりを大きくし、もって人類の福祉増進に寄与する」

という建学の精神を掲げている我々にとっても、

その源である教職員の職場環境の改善、もとい快適な教育環境・職場環境創出は大変重要。

 

今日は、皆さんがどんな想いを持って仕事に取り組んでいるか、調査してみました。

「職場環境 改善」でグーグル検索すると、たくさんヒット。。。

やっぱりそれだけ、企業・法人の皆さんが気になるキーワードでもあるのでしょうか。

 

それでは、大和学園教職員の職場環境への意識の高さをご覧あれ!

 

ラ・キャリエール クッキングスクール 広報担当者の場合

~もっとも大切なことのひとつは「チームワーク」~

各々、主担当である業務を進めながら、大きなイベントや講習会の際には一丸となって取り組みます。
どんな些細なことでも、全員が確認を取りながら、

スムーズな運営を行えるよう、普段からのコミュニケーションをしっかりと、ときには冗談もまじえて、快適な職場環境を作るよう心掛けています。

「今日のドランジュの取材で行ったレストラン、素敵でした!」
フラワーで使ったイブピアジェのバラの香りがとてもいい香りですよ!」
「今日のお料理講習会、とても楽しそうでしたね!」

こういった些細な会話から、疲れや緊張感といったものがフッと消え去り、
リフレッシュして業務に取り組むことができています。

また、生涯学習ということで、自分達にも大変勉強になることばかりですので、

お互いに刺激し合いながら、個々の経験を2倍3倍にして共有することができればと思います。

多くのことに追われて手いっぱいとなっているときに、さりげなく声をかけていただいて感じる嬉しさや

優しい心づかいを、何倍にもして返すことが、より良い職場環境へとつながる一歩となります。

チームワークは大事

 

京都調理師専門学校 管理部担当者の場合

快適な学習環境は我々の熱意次第

学生にとっての快適な学習環境について考えてみました。

学習環境は、二つの視点から考えることができると思います。

一つは、学びの場である校舎全体の設備面です。例えば、照度、防音、空調や機器の状態などです。
そしてもう一つは、校舎に集う多くの学生と教職員によって生み出される場の雰囲気とでも言うべき環境です。

学習環境は、この二つの状態によって決まると思いますが、特に後者がより重要であると私は考えます。

役割を果たさなければならないのは、やはり我々教職員です。

授業に対する熱意と技量を備えた講師と、ホスピタリティ精神溢れる教職員が、

主役である学生を意欲的な学習に導くことによって、快適な学習環境が築かれると思います。

学生のために、熱意をもって尽力していきたいものです。

私の所属部署である管理部としては、ホスピタリティ精神の発揮とともに、

設備面においても快適な学習環境づくりに貢献していきます。

教育指導にも熱が入ります。学生への継続した指導を!

 

キャリエールホテル旅行専門学校 教育担当者の場合

~ハラスメント・フリーな職場環境づくり~

学校法人 大和学園の「ハラスメントポリシー」には、

“ハラスメントとは、侮辱的・屈辱的・脅迫的な言動で人の自尊心を傷つけたり、人を不快にさせる行為”とあります。

この「ハラスメントポリシー」が制定されて久しい今、故意にハラスメント行為を行う教職員はさすがにいないはずですが、

気を付けなければならないのは、意図せずハラスメント行為をしてしまっていないか?ということです。

例えば、部下や後輩・学生に対して当たり前の指導のつもりで発した言葉が相手にとっては深く傷つく言葉であったり、

普段何気なく話している会話が周囲で聞いている第三者にとって不快感を与える内容であったり、

実は相手が気にしていることをからかってしまったり、親しみを込めるつもりで“あだ名”で呼ぶことも相手にとってはとても

嫌なことかもしれませんし、特定の人物に関する悪口やうわさ話を公然とすることもハラスメントにあたると思います。

 

つまり、“自分は大丈夫”と必ずしも言えないのがハラスメントで、知らず知らずのうちに自分もハラッサーになる危険性が十分あるということです。

それを十分に自覚した上で、「これをしたら(言ったら)相手がどう捉えるか?」という、深い思いやりと配慮の気持ちを持って周囲の人達と接していくことが大切だと思います。

 ※大和学園では、ハラスメント防止委員会を設置し、ハラスメントの防止に日々努めています。

ハラスメントフリーな職場づくり

お互いに気を付けあうことで、「ハラスメント・フリー」な職場環境、キャンパス環境を目指したいと思います。

京都栄養医療専門学校 教育担当者の場合

~垣根のない職場環境~

京都栄養医療専門学校は教員室が非常にキレイで有名です。

この教員室には個人の机、照明器具やタイルカーペットなど素晴らしい設備が整っていますが、

実は私の一番のお気に入りは「低いパーティション」です。

昔の教員室の机間のパーティションは30cm以上の高さがあり、教科書を並べたり掲示物を貼ったりしていました。

それが今や横同士の仕切りはなく、前の机との間に20cmほどのパーティションがあるだけになりました。

まさに前からも横からも丸見え状態で、その方のされている仕事内容や状況がすぐにわかり、

見通しがよくなり話がし易い環境が生まれています。

職場というのは、パーティションのような「垣根」が低ければ低いほど快適になるのではないでしょうか。

自分と相手の仕事を確認し合い、話しやすい環境を整えることで、スムーズにまた楽しく仕事ができると思いますので、

今後も、物理的にも精神的にも「垣根」のない職場環境であればと思います。

キレイと話題の教員室

担当者より

ご協力、ありがとうございました!

まだまだ紹介しきれないエピソードは沢山あるのですが、

引き続き全教職員でより良い職場環境を創り出していきたいと改めて決意しました★

また皆さまのインタビューを、掲載していきたいと思います!

【関連記事】

外部から見た大和学園の評判(職場環境)を調査したこともあるので、興味がる方は是非★

大和学園の評判を調査してみました。

ブライダル教員(講師)の採用求人情報、公開中!

【投稿日時】2015年09月07日(月)10:14 【カテゴリ】キャリ校

こんにちは。採用担当Mです。

今日は学校法人 大和学園 キャリエールホテル旅行専門学校

ブライダル学科教員の求人(採用情報)のご案内です。

 

 

応募条件について

以下のいずれも満たす方、ご応募いただけます。
1.専門学校、短期大学、大学のいずれかを卒業の方
2.ホテルまたはゲストハウスでのウエディングプランナー実務経験5年以上

そして何より、このブライダルの業界の将来を担っていくプロの職業人を自身の手で育てたい、

教育に対して志の高い方のご応募をお待ちしています。

 

他のブログ記事でも書いていますが、大和学園は将来の集合キャンパス構想も実現間近、

日本の職業教育の質を本気で高めにかかっています!!

 

そんな大和学園の一員として、一緒に頑張っていただけるあなたのご応募をお待ちしています。

 

 

仕事内容はどのようなもの?

授業とクラス担任の2本柱が主な仕事となります。
例えば、授業で言えば、
・ブライダル学科授業(ブライダル総論、ブライダルサービス、ウエディングプランナー演習、ブライダルプロジェクト等)
などなど、詳しくは授業紹介のブログでも紹介しています。
また、担任業務で言えば、
・クラス担任としての教育指導業務(日々の生活指導や就職指導などもあります)
など、学生と密にコミュニケーションを取っていくこととなります。
担任の様子も、キャリエールホテル旅行専門学校のブログから少し様子が覗けます★

 

どんな授業があるのでしょうか?

キャリエールのブライダル学科は2年間でたくさんのことを学びます。
ブライダルをプロデュースするウエディングプランナー、コーディネーターをめざす3つのコースがあり、
終盤にはユニークな授業も★
また、専門学校の実力が試される資格・検定分野でも安定の高い実績
文部科学大臣賞を多数受賞するなど、
「キャリエール」の名は全国にも知れ渡っています。
学生は2年間を全力で駆け抜けます。
一人の成長をそばで見守り、サポートする、それが教員の仕事の醍醐味です。

 

改めて、仕事のやりがいは?

よくぞお聞きになってくれました!
taiwaの専門学校教育の特徴に、少人数クラスの担任・副担任制があります。
担任(教員)と副担任(助手)が、一人ひとりの学習や生活、
そして就職に至るまで、きめ細かいバックアップを行います。
そうした学生との結びつきの中で、知識や技術とともに、ホスピタリティ・マインドを伝えます。
学園全体でももうすぐ卒業生は4万人。毎年人の和の広がりを実感できます。
改めて、人の幸せをトータルにコーディネートできるウェディングと
ブライダルビジネスのプロの養成に熱意、ご理解のある方のご応募をお待ちしております!
最近では、留学生も増えてきているので、グローバルな学生を相手に、
教育の醍醐味を実感できます☆
個性あふれる学生たち

 

待遇はどうなのでしょうか?

さて、大和学園キャリエールホテル旅行専門学校のブライダル教員の年収や福利厚生、

休日などとても気になるところだと思います。

以下に、条件を公開。透明性の高い採用活動を行っていますので、安心してご応募下さい。

 

【給与について】

年収400 〜 550万円(経歴、実績等を鑑み、最終の給与が決まりますのであくまで参考値)
賞与あり 年2回2ヵ月
各種手当あり
職能手当 23,000~
自己啓発手当 13,000~
住宅手当 11,000~25,000 ※交通費は月額50,000円を上限に支給
※年収のモデルケース

講師 30歳:420万円
講師 38歳:610万円

(准教授、教授以上になると上記以上の年収となります。)

 

【福利厚生について】

・休日について

週休2日制<日曜日、他曜日(年間34日)は交替制>

祝日、年末年始休暇(7日)、夏期休暇(7日以上)、

特別休暇、年次有給休暇、育児休業・介護休業 年間休日日数:112日(有給休暇除く)

 

・各種保険について

保険:私立学校共済事業団(健康保険・年金)、雇用保険、労災保険

勤務開始日:2015年9月1日以降(応相談)

 

 

いつから応募可能なのでしょうか?

随時採用となっていますので、上述した条件を満たし、熱意があればいつでもご応募いただけます。

ご応募、お待ちしています。

 

 

【問い合わせ先】

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル
学校法人 大和学園 法人事務局 人材開発グループ

電話番号(平日8時30分〜17時まで):0752410891

メール:saiyo@taiwa.ac.jp

学校法人の福利厚生ってどんなもの?~大和学園の夏季休暇~

【投稿日時】2015年09月01日(火)15:40 【カテゴリ】お知らせ

こんにちは!採用担当のGです。

 

今回は学校法人大和学園の福利厚生の一つである、夏季休暇」についてご紹介いたします!

大和学園では8月のお盆の時期に夏季休暇があり、教職員全員がそれぞれの夏休みを満喫しておりました。

 

このブログを読んでいる大学生の皆さんは、

 

「社会人の夏季休暇って一体何日間あるんだろう?」

とか

「社会人の夏季休暇といっても日数少ないんじゃないんですか?」

 

と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

では大和学園の夏季休暇は一体どの程度の期間が設けられているのかといいますと、

 

連続7日以上です。

 

大和学園の教職員は、夏季休暇を連続7日間以上必ず取得しています。最低でも1週間は連休がもらえるんですね。

プライベートを大切にすることで、リフレッシュし、仕事の効率も向上させることができます。

 

ではそんな大和学園の夏季休暇ですが、

実際に働く教職員はどのような夏休みを過ごしていたのでしょうか。

 

【採用担当Gさんの場合】

はい、私です(笑)

私は夏季休暇中にインド」に行ってきました。

期間は9日間でデリー、バラナシ、アグラ、ジャイプールの4都市を旅行しました。

タージマハル

世界でも有数の世界遺産「タージ・マハル」です。この景色は圧巻でした。

ガンジス川 ガンジス川

ヒンドゥー教の聖地「バラナシ」にあるガンジス川。

行った日がちょうどヒンドゥー教のお祭りだったので大変賑わっていました。

ヒンドゥー教徒の方々は沐浴しておりましたが、私は川に手だけ付けました(笑)

インド料理

インドと言えば、やっぱりカレーですよね!

現地に行ってみると本当にカレーばっかりでした。

滞在した9日間でカレーを食べなかった日はありません(笑)

 

【採用担当Mさんの場合】

私の上司であるMさんは、夏季休暇を使って

アメリカ」カナダ」に行ってきたそうです。

ナイアガラの滝

世界三大瀑布の一つ「ナイアガラの滝」です。

半端じゃない水量です。迫力に圧倒されます。

虹もきれいでした。

 

One World Trade Center自由の女神とカップル船にて

アメリカの最大都市「ニューヨーク」です。

One World Trade Centerや自由の女神に行かれたとか。

(2枚目のショット、美男美女カップルが写ってますね笑)

Mさんはここにある巨大な公園「セントラルパーク」でジョギングをしていたんだとか。

 

というように、我々採用担当はとても充実した夏季休暇を過ごしていました。

他の教職員の方々も、国内旅行をしたり、実家に帰ってゆっくりしたりと各々の休暇を満喫していました。

私は夏季休暇のほとんどをインドで過ごしていたのですが、休みを満喫してリフレッシュできましたし、

「休み明けの仕事も頑張ろう!」とやる気も出ました。とても良い福利厚生ですね!

 

以上、学校法人の福利厚生ってどんなもの?~大和学園の夏季休暇~でした!

―END-

食を科学するセミナー★ラ・キャリエールがお届けする食サイエンスとは?

【投稿日時】2015年07月28日(火)12:44 【カテゴリ】ラ・キャリ

※2016年度の最新情報は、ラキャリエールの食サイエンスセミナーWebをご覧ください。

 

こんにちは。採用担当のMです。

突然ですが、「」を「科学的」に考えたこと、ありますか?

もし食を科学することに少しでも興味がある方は、この記事は必見かもしません。

 

京都で話題のミシュランの星を取っているお店でも、個人でこじんまり経営されているお店でも、

それぞれ「あ、これは美味しいな」、という味は素直に、直感で感じることが出来ますよね。

大和学園で勤務していると仕事柄、様々な京都の割烹や料亭の料理人・ご主人の方々とお会いする機会

(もちろん、和食分野以外もそう)はありますが、

共通して感じるのは皆さんそれぞれが「おいしさの本質・料理」に真摯に向き合っておられるということ。

 

大和学園ラ・キャリエールでは、

料理の「作り手」と「食べ手」が一緒になって、こういったことに向き合えないか、

是非機会を作りたい!そんなことを考えてあるセミナーを例年実施しています。

 

今回は、例年開催している学校法人大和学園 ラ・キャリエール クッキングスクール主催の

食を科学する「食サイエンス(Science)セミナー」をご紹介。

 

大和学園の3事業(専門学校事業・生涯学習事業・産業支援活動)のうち、

今回は生涯学習事業にあたる、ラ・キャリエールの魅力あるセミナーの一つです。

 

食サイエンスセミナーとは?

文字通り「食」を「科学(Science)」するこのセミナーは食に携わる教育関係者、メーカーの研究開発者、

フードサービス従事者の方から一般の方までを対象にしています。
「食」と「科学(Science)」の最新のトレンドをメインに取り上げ、セミナー受講者の方に

調理の最新の理論と技術を実践的に学んでいただく特別講習会です。

 

本セミナーの特徴は、プロ講師によるデモンストレーションによる実演と試食、

そして実習を組み合わせて受講していただくことにより「理論と実際」が融合している点にあります。

今年も、2015年9月12日(土)・13日(日)の2日間にわたって開催予定です。

 

近年は、全国から調理関係者や食品メーカーの方々がお越し頂き、大変人気のセミナーとなっています。

 

ズバリ、2015年度のテーマは?

今年のテーマを発表しましょう。

「料理における五味(甘味/うま味/苦味/塩味/酸味)のデザインを学ぶ」

基調講演にはあのミシュランガイド関西版2015でも一つ星に輝いた

「京料理 直心房 さいき」のご主人 才木 充(さいき みつる)氏が特別にご講演されます。

 

講演の後は、実際にさいきさんに赴き、「京料理 直心房 さいきで食す料亭料理」と題した

試食会も行います☆

才木 充氏

 

各分科会も充実!

基調講演・試食会だけでなく、各分科会が充実しているのもこの食サイエンスセミナーの特徴です。

今年は、以下の分科会を開催!

 

分科会① 『和食で再現する五味のデザイン(実践編)』~「日本料理の長所と短所」~あるべき姿を求めて~ [定員:20名]

講師:飯 聡(京都調理師専門学校 日本料理講師/大和学園ホスピタリティ産業振興センター 主任/

国立大学法人京都工芸繊維大学 工芸科学部伝統みらい教育研究センター 特任教授)

飯先生   ×   だし汁と醤油に頼らない世界

 

分科会②『洋食で再現する五味のデザイン(実践編)』〜おいしさを生み出す味覚の組み合わせ〜 [定員:20名]

講師:奥田 茂一 (ラ・キャリエール クッキングスクール シェフインストラクター)

 

 ×   西洋料理における「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「うま味」

③分科会 『和菓子で再現する五味のデザイン(実践編)』~和菓子で表現する五つの味~ [定員:20名]

講師:信部 共徳 (京都製菓技術専門学校 講師)

信部共徳先生  ×   和菓子で表現する「五味」の素材について。

 

 

食サイエンスセミナーは、皆様のご支援のおかげでなんと、今年で第6回目の開催。心より御礼申し上げます。

本年も、料理教室関係者や教育関係者および調理に関心をお持ちの方々におすすめの講習会となっております。
ぜひともご参加下さいませ。

教職員一同、お待ちしております!

 

昨年の様子(2014年度)

昨年の食サイエンステーマは、料亭 京料理「木乃婦」3代目若主人 高橋拓児氏を基調講演に迎え、

大変盛況でした。

(テーマは「“美味しさを科学する”~素材の持つ美味しさを高める調理法~」でした。)

基調講演 試食会

 

今年はどんなセミナーになるのか?

改めて今から楽しみです☆

 

京都の中心で、食を科学してみませんか?

 

 

ページのトップへ