学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

教職員の人材育成★充実の研修制度!☆ユニーク編☆

【投稿日時】2015年12月16日(水)08:57 【カテゴリ】職場環境

こんにちは!

大和学園人材開発担当のGです。

今年もあと2週間!皆さん、如何お過ごしでしょうか?

本日は学校法人 大和学園の人材育成の根幹を担う研修制度についてご紹介いたします!

 

我が国は、昨年度のアベノミクスによる景気回復展望や五輪招致などの高揚感は消え失せ、少子高齢化により

急速に深刻化する生産年齢人口の減少や、2014年4月の消費税増税による家計消費の

激しい落ち込みなど、依然として様々な課題を抱えています。

こうした状況を踏まえ、今後、新キャンパスや新学校種など新たな挑戦がある未来に向かって、

大和学園の持続可能な発展につながる強い組織・人材づくりをめざしていきたい、このように強く感じています。

 

さて、前置きが長くなりましたが、前回の研修制度第一弾、第二弾では「若手」と「中堅」という世代を焦点にして特集しましたが、

今回は「ユニークな研修」に焦点を当てて見ていきたいと思います!

 

 

大和学園の充実した教育・研修制度

本学園はいつの時代にも教職員の人材育成に力を注ぎ、そのことが今の学園を支える大きな要因となっていますが、

現状に満足するのではなく、5年後、10年後、20年後、30年後のそれぞれの時期にどのような人材が

必要であるのかを熟慮し、戦略的な人材育成に取り組むことがこれからの重要な課題となります!

それでは「ユニークな研修」に焦点を当てて見ていきましょう!

夏季集合研修

 

今回は、その中のユニークな研修を一部ご紹介いたします。

 

研修①:大学広報研修

この研修は、同じ高等教育機関に位置づけられる大学広報がどのように行われているのかを

実際の大学職員の方から学ぶ研修です。

大学広報のいいところを少しでも吸収しようと研修に参加した教職員は

とても真剣に聞いていました。

 

 

研修②:放送作家から学ぶ究極のコミュニケーション術研修

この研修は大和学園の専門学校の教員とラ・キャリエールクッキングスクールのインストラクターの先生方を対象にした研修でした。

講師は元放送作家という特殊な経歴を持つ先生。

 

この研修で、笑いを取り入れた究極のコミュニケーションについて学び、

教員、インストラクターの方々のコミュニケーションの質を上げることを目指していました。

当日の研修は、笑いを取り入れつつも、しっかりと研修として成立させておられる

先生を見て、流石だな!と思いました。

面白いかつ、学びになる研修って魅力的ですね!

 

日本の企業では、「階層別の研修が充実」などの階層で分けた研修に関するお話はよく耳にしますが、

大和学園では階層別の研修はもちろんのこと、

このようなユニークかつ身になる研修を通して、レベルアップしていける環境が整っています。

このようなバラエティに富んだ研修が充実しており、成長していける環境があるということは、

「人が財産」という学園の信念があるからこそですね!

 

また、採用HPにも大和学園の研修制度についての紹介ページがあります。

その他どのような研修制度があるのか、興味のある方は是非見ていただければと思います!

⇒ ☆大和学園の研修制度☆

 

それでは、大和学園の研修制度☆ユニークな研修編☆でした!

研修

【参考記事】

学校法人の人材育成★充実の研修制度!若手教職員編☆
教員・職員の研修制度も充実しています!中堅編☆

【緊急特集!】短期集中インターンシップに参加した就活生の生の声★

【投稿日時】2015年12月11日(金)19:34 【カテゴリ】お知らせ

【2018.9.7更新】

こんにちは!大和学園人材開発担当のGです。

私の現在のメインの仕事でもある新卒採用。

上司と、色々とディスカッションしてイベントの企画・運営をしていますが、

本当に自信を持ってオススメできるんです!!

 

これからさらに、2020年卒向けのイベントを本格的に盛り上げていきたいのですが、

どうしたら皆さんに学校法人 大和学園の魅力が伝わるかな、、、と考えに考えた結果!

 

「実際にイベントに参加した学生さんのアンケートを公開してしまおう!」

そして「生の声を 見てもらおう!」という結論に至りました。

そこで、今日の記事です!

 

★就活生の生の声★

本日は今年の10月から行っている短期集中インターンシップに参加した

就活生の生の声をご紹介いたします!

毎回短期集中インターンシップの最後に就活生に記入いただいているアンケートの抜粋です!

既に100名を超える学生さんに来校頂いていますが、未だ参加を迷っている方!必見です☆

採用イベントインターンシップ様子

多数の就職活動学生!教育業界インターンシップ

 

それでは、実際に見ていきましょう。

 

アンケート⑩

 

アンケート③

 

 

アンケート④

アンケート⑤

 

アンケート②

アンケート⑪

 

アンケート①

 

アンケート⑥

 

アンケート⑨

 

アンケート⑧

 

 

アンケート⑫

 

アンケート⑬

 

アンケート⑭

 

アンケート⑮

 

アンケート⑯

 

いかがですか?

この就活生のコメントを見ていると、大和学園の短期集中(1Day)インターンシップ

とても満足していただいていることが分かります。

 

もし、このブログを見ていて、まだ大和学園の短期集中(1Day)インターンシップに

参加したことがない就活生の方がいらっしゃいましたら、

是非短期集中(1Day)インターンシップにご予約下さい!リクナビで受付中です。

只今、種理解セミナー事業理解セミナーの予約受付中です。

お待ちしております!

 

それでは、短期集中(1Day)インターンシップ、就活生の生の声をお届けしました!

学校法人の人事が語る「残念な履歴書」とは?

【投稿日時】2015年12月08日(火)15:03 【カテゴリ】採用説明会

こんにちは。採用担当のMです。

いよいよ2018年も残り4週間。悔いないよう走り抜けたいと思います!

来年3月からはいよいよ新卒採用が本格開始、

その前に1Dayインターンシップのイベントも開催しているので、

是非エントリーの上お越しくださいね★

 

そんな今日は、就職活動生なら気になる「エントリーシート」や「履歴書」の書き方について

記事を書いてみます。

まず!大和学園の新卒採用において、受験者の履歴書は全てみます!

筆記試験も実施しますが、履歴書がしっかりと書かれているかどうかで、合否に関わることも多いです。

 

 

いよいよ始まる!?新卒採用イベント

企業の業績回復や人手不足を背景に、

各企業さんも採用意欲が高まり、就職環境の改善が続いていますねー。

我々大和学園としも、事業の内容や教育内容に共感していただける学生さんと

出会うために、いろいろ試行錯誤を凝らしています。

採用説明会

 

特に、教育業界に目を向けると、専門学校の格付けともいえる新制度により高等教育機関の生き残りをかけた競争に拍車がかかっており、

優秀な教職員の採用と育成は最重要命題となっています。。。

 

これは採用できない、、、残念な履歴書・・・?

大和学園では、採用説明会のあと、いくつかの選考プロセス(参考:2016年卒)を経て、最終は内々定となります。

そんな選考の第一関門は、何と言っても履歴書の提出。

大和学園では、履歴書の提出を以て、第一の選考ステップである筆記試験の受験が可能となります。

今日は、選考を残る上で重要な要素を占めている履歴書について、

少しぶっちゃけトークしてみようかと思います。

 

まずこれは良くない・・・マイナスポイント

その1:履歴書に写真が貼っていない

これは・・・たまーにあるんですが。写真が貼っていないパターン。

残念ながら、次の選考には進めないかもしれません

当日受付で写真を貼る人もいますが、同様にNGですね。。。

 

その2:学部名・大学名が間違っている(or省略されている)

正式名称で書いてないケースがたまにあります。

企業に出す正式な書類ですから、大学名や学部名以外にも、資格取得名なども省略しないように心がけましょう。

 

その3:どこでも使える内容の履歴書になっている。

志望動機を見ると「貴学園・・・」と書いてあるが内容を確り読み込むと、

「大和学園じゃなくても良いのでは?」と思うような志望動機も、沢山です。

やはり、受験企業に特化した切り口の内容は、欲しい所です。

 

その4:走り書き。

明らかに直前に5分くらいで書いたでしょ!という履歴書は残念ながらそれ以上見ることはありません。。。

 

その5:具体的に欠ける

伝えたいことはわかるけど、数字や具体的なエピソードに欠けるが故、その人の人となりが履歴書からは伝わってこない事も・・・。

スペースは限られていますが、書ける点は具体的に書くようにすると良いかもしれません。

 

番外編:御社・貴社という表現

学校法人なので、貴学園・貴校という表現がベターかもしれません。

また、総合職、基幹職などといった職種の間違いも、企業によって違うこともあるので注意したいところですね。

 

なぜ履歴書が大事なのか?

履歴書といえば、あなたを売り出す広告のようなもの。
その1枚で、すべてを表しているといっても過言ではありません。
「面接で人物を見て貰えばいいや!」
そんなわけにはいきません。
面接官は、業務の傍ら1日に何十人と面接をし、トータルで1000人以上の面接をするわけですから、
履歴書1枚にしても、その面接官に与える印象を左右しますよね。
また、「うーん!AさんもBさんもどちら良いし迷う・・・」となった時、必ず基準になるのが
この履歴書。
人気企業になると、「落とす理由」を見つけるために、ささいなミスを見つけようとするところもあるようです。
選考が進むにつれて、ますますその存在感を増していくこととなります。
(大和学園では、面接において毎回履歴書の情報は面接官に共有されています。)
皆さんも、履歴書やエントリーシートをしっかりと書き上げて、万全の体制で
選考に臨めるよう、頑張って下さいね★

 【参考記事】

もう就活スタート!?2017年卒1Dayインターンシップ始めました。

教育業界理解セミナーの活動報告

大和学園はブラック企業なのか?検証報告!

【投稿日時】2015年12月08日(火)14:22 【カテゴリ】職場環境

こんにちは!

大和学園人材開発担当のGです。

今回は就活生の誰もが気になる、ブラック企業という

かなり思い切ったテーマについて書かせていただきます!

賛否両論ありそうなこのテーマ設定。。。上司の許可を得て公開したいと思います。

taiwa

大和学園はブラック企業なのか?

就活生の皆さんにとっては、

このブラック企業」というテーマとても興味があるのではないでしょうか?

企業説明会などで、この手の質問はしにくいであろうと思いますので、

ブログで私が大和学園を検証してみることにしました。

 

今回はWebで「ブラック企業 条件」と検索して出てくる項目を参考にし、

大和学園がブラック企業かどうかを調べてみました。

以下がその結果です!

 

ブラック企業チェックリスト

1.休憩時間・昼休みがない。

A.しっかりと休憩時間、昼休みを取ることができます。

大和学園では教職員それぞれのタイミングで昼休み(45分間)を取っています。

ですので皆しっかりと休憩時間は確保しております。

キャリ校ですと、京都市役所前なので近くに飲食店(安くて美味しい定食屋も!)が沢山あるので、

ランチのチョイスには事欠きません★

 

 

2.休日出勤が日常茶飯事。休みが少ない。

A. イベントや体験入学などで休日出勤になるケースもゼロではありません。

しかしながら、休日出勤があった場合は必ず振替休日を取得するようにしています。

また、大和学園の休暇の特徴として、夏期休暇と年末年始には全教職員が

必ず7日以上連休を取得するようになっており、プライベートの充実を図れる体制が整っています。

タージマハル

今年の長期休暇では私はインドに行ってきました!

学校法人の福利厚生ってどんなもの?~大和学園の夏季休暇~

 

3.有給休暇がない。あっても取らせてくれない。

A. もちろん取得することができます。

 大和学園では11月に2016年度の経営計画が発表され、教職員のワーク・ライフ・マネジメントを推進する

 定量目標が掲げられており、そこには有給休暇の取得日数を最低7日にすると示されております。

 こうした目標設定により、教職員全員がプライベートを充実させられるような取り組みを行っております。

もちろん、それ以上の取得を目指してます!

 

4.入社1年で半数が辞め、3年でほぼすべてが入れ替わる。

A. 辞めません。私は一年目の教職員ですが、総合職の同期7名全員がしっかりとやりがいを持って働いています。

大和学園では、「人を何よりも大切にする」という考えのもと、若手の内からしっかりと育成していく風土が存在しています。

若手研修

若手向けの研修の様子です。

学校法人の人材育成★充実の研修制度!若手教職員編☆

 

5.社員への嫌がらせや脅しがある。職場にいじめがある。

A.ありません。大和学園にはハラスメント防止委員会が設置されており、

職場において何かハラスメントが起きた場合、すぐに対処できる仕組みが整っています。

また、職場の人間関係についても良好で、同期のI君が所属する部署では、

1か月に2回は部署で食事に行くなど、活発に教職員とのコミュニケーションを取る機会があります。

実際私も、部署の垣根を越えて食事に連れていっていただいたり、教職員でフットサル大会に出場したりと、教職員での交流が活発です。

フットサル

実際に教職員の方々とフットサル大会に出場した時の写真です!

とても楽しい休日でした。

 

このようにブラック企業の条件である5点に関して項目をセルフチェックさせていただきました。

就活生の皆さまには少しだけでも大和学園について知っていただけましたでしょうか?

この項目を見るに、大和学園はブラック企業ではないですね!安心です。笑

以上、学校法人 大和学園のブラック企業検証レポートでした!

京都でUターン・Iターン就職を考えてみる。

【投稿日時】2015年12月04日(金)17:44 【カテゴリ】職場環境

こんにちは!

大和学園採用担当のGです。

今回は京都でのUターンやIターンを考えている就活生に向けて、

学校法人 大和学園の勤務地についての記事を書かせていただきます。

 

勤務地は京都市内だけ!

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

大和学園の勤務地は何と京都市内のみ!

大和学園各校の所在地

 

history_photo

1931年からの歴史ある法人です。

 

勤務地が限定されているメリット

各県に事業所などがある企業ですと、

数年に一回は転勤がある企業もあるかと思います。

(例えば、関西から関東へ、また関東から九州へなど。)

 

しかし、京都市内ですべての校舎がある大和学園では、

異動があっても、京都市内での異動(三条から二条や嵐山から三条)ですので、

急に遠くに引っ越さなければならないという心配がありません。

ですので、京都という一つの町に落ち着いて暮らせます。

新キャンパスプロジェクトも京都・太秦の地で進行中です!

 

実際にIターンした職員の声

私の同期には何と、2名ものIターン者がいます!

せっかくですので、その二人に京都に就職したことについてインタビューをしてきました!

 

質問:Iターンして良かったと思うことは?

Mさん(鳥取県からIターン)

『視野が広がる』というところです。

私は地元鳥取県を離れ、京都での一人暮らしを始めました。

京都での生活を通して様々なバックグランドを持った人に接する機会があり、

その人たちの出会いは自分に良い刺激をもたらしてくれていると思います。

 

Kさん(福井県からIターン)

視野が広がったことです。

京都という町が出身の福井と全然異なることから、毎日が新鮮で楽しみを見つけに休みは外に出かけています。

地元からは離れたけど、京都でも新しい出会いがたくさんあるし、そういう新しい繋がりを自分で作っていくのも楽しいです。

あとはまだ入職したばっかで失敗もあるけど、京都で、大和学園で働きたい!と思うことに挑戦できてることが良かったと思います。

 

というお話が聞けました!

二人とも、京都に就職して良かったと思っているようですね!

特に二人とも話していたのは『視野が広がった』という意見でした。

 

京都といえば、日本を代表する観光都市であり、

日本の昔ながらの伝統を守りつつも、新たな文化を受け入れる革新の風土もあります。

そんな京都で住み、働くということは、仕事でもプライベートでも、

様々な刺激を得る環境が整っているということですね!

 

今回のブログを読んで、

京都市での就職について、大和学園について興味を持った方は

是非一度、1Dayインターンシップに参加し、

大和学園のことを知ってみてください!

お待ちしています!

1Dayインターンシップ教育業界理解セミナー

 

 

―END―

 

ページのトップへ