学校法人 大和学園ブログ
大和学園の事務局担当者のブログです。taiwaの最新情報や京都にまつわる話等日々配信中

新しい調理師養成教育を目指して:オンラインと対面授業によるハイブリッドラーニング(京都調理師専門学校)

【投稿日時】2020年07月17日(金)21:27 【カテゴリ】京調校

手前味噌ではございますが、一つ宣伝させていただきます。
この度、文部科学省の公式ページで新型コロナウィルスの影響を受けながらも、
オンライン授業等の工夫を行っている教育機関ということで、
京都調理師専門学校の取り組みを紹介いただくこととなりました。

全国でも3000校以上ある専門学校の中から、
新型コロナウィルスの影響を受けながらも、
先進的な学校運営(授業・就職支援等)の取り組みを行っている学校を紹介したいとのことで、
大変恐れながらも事例紹介として発表させていただいております。

全国の調理師学校では本校への依頼が唯一とのことで、
ますます身が引き締まる思いですが、是非一度ご覧いただければ幸いです。

調理師養成の新しい形、オンラインと対面授業を上手に組み合わせたハイブリットラーニングの究極系を、

全教職員で追い求めていきます。

【関係者の声(抜粋)】
業界関係者、進路先等からご感想が続々と届いています!
今回は、その一部をご紹介!

—————————————
ご紹介いただいた、動画を拝見いたしました。
先生方、職員の方の調理師養成に対する熱い想いが
伝わってきました。すごいですね。

引き続き生徒達へも貴校の取り組みなどを紹介し
安心して調理の道へ進める事を伝えていきたいと思います。

—————————————
御校の全容とコロナ対策が非常にわかりやすく
纏められていると思います。
恥ずかしながら今回知った御校の取り組みもございました。
動画も完成度が高く、シナリオの温度感もさすが。と感服致しました。

文部科学省さんも御校を選出されたこと、自分が考えているよりも
各学校さんをつぶさに検証されているのだとも感じました。

動画、今後の参照とさせて頂きます。
—————————————
前後の文科省の動画も含めて、御社+数校の動画を拝見させていただきました。
フェイスブックにてオンライン授業に力を入れている発信を
時折見させていただいていたのですが、実例が文科省に紹介されるとは驚きました。
分野ごとにいろんな学校のオンライン授業の活かせる点が紹介されていて、
見比べていて大変参考になりました。
確かに、調理に関してはコックコートのクリーニングなど衛生面の参考になりますね。
費用もかかるし大変だとは思いますが。。
調理授業も、動画のいい点もたくさんありそうだと改めて思いました。
教職員さんの事をちゃんと紹介しているのも大和様ならではな気がしました。
—————————————
本学も実習には大変苦慮しておりますが、
動画を参考に取り組みを推進して参ります。
ご紹介いただきありがとうございます。
—————————————

「新しい調理師養成教育を目指して:オンラインと対面授業によるハイブリッドラーニング」(京都調理師専門学校)

 

全国の専修学校を代表して、学園・京調校の
遠隔授業や感染拡大防止の対策の先進的な取り組みが
紹介されることはたいへん光栄なことです。

この度は、ありがとうございました。

 

学校法人 大和学園

法人事務局 人材開発グループ

大谷・辻

問い合わせはsaiyoアットマークtaiwa.ac.jpまで!(アットマークは記号に変えて送信下さい。)

iQiPlus
ページのトップへ