大和学園からのお知らせ 専門学校What'sNew
最新情報

最新情報

2017/02/03 (金) 

田中誠二理事長 吉田神社節分祭追儺式上卿ご奉仕

2月2日(木)、吉田神社(京都市左京区)にて、節分祭追儺式(ついなしき)が行われ、本学園の田中誠二理事長が「上卿(しょうけい)」を務められました。
追儺式とは、毎年2月2日の午後6時から吉田神社本宮で行われ、「鬼やらい」とも呼ばれています。 平安時代初期から毎年宮中で行われていた儀式で、現在でも伝承されている貴重な神事です。 その中で、上卿以下3人の殿上人が、鬼へ矢を放つ役を担います。
当日は寒い中でしたが境内や参道には多くの露店が立ち並び、たくさんの人でにぎわっていました。
神事が始まると、黄金の四つ目の仮面をかぶり盾と矛を持った「方相子」が、侲子(しんし)という子供たちを従えて、 吉田神社本宮前の「舞殿」の周囲をまわりながら、赤・青・黄の3人の鬼たちを追い立てます。
s_img_4388 s_img_4393
弱ってきた鬼たちに、上卿(しょうけい)たち殿上人3人が矢を放ち、追い払います。
大きな声を上げる鬼たちを打ち払う様子は非常に迫力があり、観客からも大きな歓声があがっていました。
s_taiwa_5730 s_img_4380

大和学園では今年の秋、太秦新キャンパスの竣工を迎える予定です。これからの安全と無病息災を祈りつつ、
またこうした伝統ある行事の保存にも敬意を払いながら、疫鬼を払うことができたことと思います。

▲最新情報ページトップへ