taiwa情報ライブラリー

新着雑誌記事速報


下記の雑誌ジャンル一覧から選択すると、そのジャンルの雑誌タイトル一覧が表示されます。
雑誌タイトル一覧から選択すると、その雑誌の最新号の目次が表示されます。
情報は随時更新されています。

食生活
  • 食生活 京栄校

    2015年09月26日(土)発刊号

    ☆ 特集 ☆

     麦 酒


    ◆クラフトビールの歴史と魅力について◆
    田村 功(ビール評論家、ビアデザイナー、日本地ビール協会最高顧問)


    【連載(一部)】

    ・にっぽんの食材紀行

    月刊食生活編集部が、美しい風景と、食を育む生産者に会うために
    全国各地を巡ります。生産者の思いを正しく伝え、本当に良い食とは
    何かを考えていただく連載です。

    ・食材塾

    素材をお料理に生かすプロならではの技を学びます。

    ・先生の鞄/出浦照國

    腎臓病治療に長年取り組む医師が語る、慢性医療疾患を考える哲学エッセイ。

    ・ダイエット・ゼミナール
    肥満やダイエットについて、改めて学びます。基本から最新の情報までを、
    専門家の先生に教えていただきます。

    ・うちの給食【新渡戸文化子ども園】
    全国の学校や病院、介護施設などを訪れ、その日の給食を見せていただきます。
    栄養教諭や管理栄養士のみなさんに、給食への思いを伝えていただきます。
    人気献立のレシピ付きです。

    ・知っておきたい食と健康の最新研究
    実践女子大学学長の田島眞先生が、知っておきたい、注目の食品や成分について、
    それらの概要と、健康面や安全性などに関する最新研究結果を紹介してくださいます。   

    ・Information 風の便り

    セミナーや国家試験模試などのイベントを案内します。
    読者プレゼントもあります!!お見逃しなく☆



    食生活は1907 年(明治40 年)に旧内務省の意向により創刊されました。
    「食育の祖」軍医・石塚左玄によって創刊された「食養」が前身です。
    そして「国民食」「食生活」へと改題されながら、一環して国民の栄養と健康を
    みつめつづけて参りました。
    このたび、創刊109 年を迎える食生活が生まれ変わりました。

  • 食生活研究 京栄校

    2017年04月17日(月)発刊号

    学生の睡眠習慣及び食行動の実態と両者の関係についての男女の比較 / 本多 恭子

    エビフライにおける揚げ加熱と比較したノンフライヤー加熱の特徴 / 小出 あつみ ; 間宮 貴代子 ; 松本 貴志子

    食物繊維摂取増加を目的としたゴボウ添加ビスケットの物性と官能評価および排便効果 / 福田 ひとみ ; 勝川 路子

    もち性大麦粉添加が米粉パンの食味に及ぼす影響 / 藤井 久美子 ; 難波 和彦 ; 松本 直子

    対談 スポーツ栄養(2) / 岡村 浩嗣 ; 木村 祐子

    日本茶(煎茶)の来し方行く末 / 立開 康司

    アウトサイダーかく戦えり(9)ある栄養士の奮闘記 / 玉川 眞奈美

    続・楽しい栄養学(その2)食物繊維の基礎知識 / 前田 美紀子 ; 前田 拓也

  • vesta:食文化誌 京栄校

    2017年04月12日(水)発刊号

    【特集】酒と食 
    特集アドバイザー/髙田 公理(武庫川女子大学 名誉教授)

     塩か味噌でも日本酒は飲める。が、本来「肴」は「魚」
    ――そこで和食の雛形を極端に単純化すると「旬の魚と野菜を
    おかずに米飯を食べる」となる。ここで「米飯」を「米の酒=日本酒」
    に置き換えると、日本の食と酒の関係の諸相がイメージできる。
     ただ、順序はある。茶懐石なら食事から飲酒に移り、会席なら食事は
    最後になる。が本来、日本酒以外の酒はなかった。
     一方、18世紀のイタリアでは食前・食中・食後に異なる酒を
     嗜む習俗が生まれた。で、食中酒に対応する単語はないが、食前酒は
     「開く」から転じたaperitivo、食後酒は「消化」から転じたdigestif
     という単語が登録される。
     こうした彼我の違いを前提に現代の日本と世界における「酒と食」の
     関係をたずねてみよう。

     -目次-
     <特集>
     巻頭:こいつあいけねえ/髙田 郁
        
     第Ⅰ部 酒と食の考現学
      1 ウイスキーを食中酒にした日本/輿水 精一
      2 チェコとビールの深い関係/クレメントゆみ子
      3 伝統的な「歓待のワイン」/戸塚 真弓
      4 国よりも、通貨よりも。ロシア人が信じる、ウォトカという「水」/高梨 悦子
      5 現代中国における酒と食/西澤 治彦
      6 日本人と飲酒/吉田 元
       <TOPIC>酒食同源の不思議な世界-エチオピア・コンソ社会の食生活-/篠原 徹
     
     第Ⅱ部 異文化に適応する日本酒
      1 米国人に日本酒をきちんと知ってほしい/太田 心平  
      2 イタリア人と日本酒を酌み交わすとき/手島 麻記子
      3 日本酒は香港に根づくのか/芹澤 知広
       <Column>酒を食に-料理に使うお酒/Greg de St.Maurice

     第Ⅲ部 酒のない食卓
      1 禁酒法はアメリカの食卓にどんな影響を与えたか/東 理夫
      2 ピザパ栄え、酒宴滅ぶ?-女子大生の新しい聖餐とは-/藤本 憲一

     第Ⅳ部 異文化の酒を受容する日本の食文化/髙田 公理

     <連載>
     すべての道は「食」に通ずる-イタリア-/宇田川 妙子
     (第1回)「変化のなかのイタリアの食」
     
     和菓子の歴史/青木 直己 
     (第1回)「縄文クッキーから餅団子」

     文明開化の食『西洋料理通』と河鍋暁斎の記録から(最終回)/森枝 卓士

     大食軒酩酊の食文化/石毛 直道
     (第35回)「リモンチェロとスピリタス」

     旅の記録と食/山本 志乃
     (最終回)「幕末志士の母孝行」

     文献紹介 カタジーナ・チフィエルトカ+安原美帆著『秘められた和食史』/赤嶺 淳

このページは国立国会図書館株式会社富士山マガジンサービスのRSS配信を使用しています。
目次提供元のデータをそのまま表示していますので、表示された雑誌の発行日にご注意ください。
更新が遅れる場合や、本館でまだ受入れしていない場合もあります。
RSS配信されていない雑誌は、雑誌索引検索から確認をお願いいたします。


© 2014 Braintech Inc.