町家盆栽 Café コトノハ

田中 正秀さん

ラ・キャリエール クッキングスクール
「カフェ・喫茶店開業クラス」
2013年6月~9月受講

人々の言葉と盆栽の葉が重なりあう
コミュニティの場をめざしています
Antiques しゅうび堂+CAFE

10年ほど前、テレビで紹介されていた新しいスタイルの盆栽に魅了されたのが、この「町家盆栽 Café コトノハ」を着想したきっかけです。
しかし盆栽が趣味で料理好きというだけで開店してもうまくいくとは思えず、ノウハウを求めてネット検索し、見つけたラ・キャリエールのカフェ・喫茶店開業クラスを受講したのが約3年前。
「物件に妥協してはダメ」という先生方の教えを守ってじっくり探し、この古民家に出会うことができました。
それで覚悟も固まり、約22年間の会社員生活に終止符を打ち、昨年10月に当店をオープンしました。
また、この界隈には寛げるカフェがなく、盆栽を眺めつつ奈良県産の食材や茶葉などの滋味を堪能いただくという趣向も好評です。
店名のコトノハ(言の葉)に託した想い、集まった人々の言葉と盆栽の葉が重なりあうコミュニティスペースとして、生まれ育った地域に“恩返し”できたらいいなと思っています。

町屋ながらの趣のある店内。
店内のいたるところに置かれている盆栽。

お店の詳細

店舗外観

町家盆栽 Café コトノハ
 奈良県宇陀市榛原萩原2664
 TEL.0745-85-2156
 営業時間/11:00~18:00(17:30 LO)(月曜・第3日曜定休)

●大阪から伊勢に向かう旧街道の宿場町として栄えた地区に、コミュニティスペースとして開店された町家カフェ。愛らしい盆栽を眺めつつ寛げ、主菜にオーガニックサラダや自家精米“ごはん”などがつく15食限定のランチ(1,100円)をはじめ、奈良県産の“そば粉”を使ったガレット(700円から)やキーマカレー(サラダ付き950円)などのフードも充実。



オーナー写真

田中 正秀さんの1日の流れ(例)

  • 08:30 店の朝は盆栽への水やりで始まり、その後は開店に向けたフードの仕込みを行う。
  • 10:30 店を手伝う姉と姪が来るのは10時30分。清掃を経て11時の開店を迎える。
  • 14:00 ランチタイムが終わる14時以降はカフェが主。鉄製の茶釜に沸く湯で淹れる奈良県産・大和茶も人気の逸品。
  • 20:00 18時の閉店後も翌日の仕込みや事務仕事をし20時頃、帰路につく途中でスーパーマーケットに立ち寄って仕入れをするのも日課。