皆様、こんにちは!
ラ・キャリエール クッキングスクールの北庄です。


先日土曜日、第8回 食サイエンスセミナーin Kyotoを無事開催することが出来ました。
毎年お見かけする方のお顔を今年も見ることが出来て嬉しく感じます!


第8回 食サイエンスセミナーin Kyoto

基調講演ゲストは La Biographie…
オーナーシェフの滝本将博 氏

第8回目のゲストは、「ミシュランガイド京都」創刊時から連続して星を獲得されている
フレンチ名店「ラ・ビオグラフィ…/ La Biographie… 」オーナーシェフの滝本将博 氏
 にお越しいただきました。

基調講演は
【食材のポテンシャルを高める調理技法を学ぶ ~低温加熱が生み出す美味しさの秘密~】をテーマとし、講演頂きました。

滝本将博 氏ラ・ビオグラフィの店内
 

滝本シェフには、 

熱を加え過ぎない「トマトの湯ムキ」の技術や澄んだトマトジュース抽出の講義、
また低温加熱のお肉の焼き方やラ・ビオグラフィのスペシャリテ「卵のショーフロア」を実際に目の前で作って頂くなど、
本当に特別で楽しい基調講演となりました。


低温加熱のお肉1 低温加熱のお肉2 滝本将博氏の基調講演
 

それぞれ受講生の皆様にはご試食いただき、とても美味しい!低温で焼くお肉はこんなにも美味しいのか!という感想が聞こえてきました。
滝本シェフ、素敵な実演と講習ありがとうございました。


 

午後からの分科会
【食材の個性を生かす下処理の方法~和食と洋食のアプローチを学ぶ~】


今年は和食・洋食のコラボレーションで行いました。
大人気講師 「奥田講師と飯講師」2人のコラボという事もあり、大いに盛り上がった講習会でした。
「毎年、どちらを受講したくて迷っていたから、一緒になって嬉しい!」というお声を沢山伺うことができ、
皆様にとって充実した分科会になったことと思います。


和食と洋食の講習会1 和食と洋食の講習会2 和食と洋食の講習会3
さて、

お楽しみの夜は、「ラ・ビオグラフィ」で美食会!

とても美味しい滝本シェフのお料理をご堪能され、和やかで楽しいお時間を過ごされたようです。

 

ラ・ビオグラフィ美食会の様子1 ラ・ビオグラフィ美食会の様子2 ラ・ビオグラフィ美食会の様子3
毎年楽しみにして頂いている皆様!ぜひ、来年もお越しくださいね。

 

ラ・キャリエールについて

こちらの施設でお料理やお菓子・パン作りを習っていただく事もできます!

ラ・キャリエール

▼京都のお料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクール

 

 

皆様、こんにちは!
先日、アメリカのオレゴン州から素敵なお客様にお越しいただきました!

合唱団をお迎えして”WASHOKU”講習会 開催


Youth Choir of Central Oregonという、世界中で活躍されている合唱団の皆様です。

オレゴン州在住の方よりラ・キャリの英語サイトを見て、メールでご連絡を頂き、
日本に来日される際のお料理講習会が実現しました!
海外のお客様のオーダーメイド講習会です^^/


今回は、京都のラ・キャリエールクッキングスクールに来て頂くので、
”WASHOKU”を作って頂きました!

メニュー

  • 五目いなり寿司
  •  野菜の天ぷら
  • 豆腐とわかめのお味噌汁
ベジタリアンの方もいらっしゃったので、
海外生活の経験もある奥田講師が担当し、メニューを考案しました!
奥田講師は、英語も堪能!当日、お越しいただいた皆様と
とても楽しそうに会話していました!

メニューに関しては、女性の方が多かったので、
「ヘルシー!」と、とても喜んで頂けて本当に良かったです!

 

やはりお寿司は大人気!
皆さんペロッと召し上がっていらっしゃいました!


また、講習会の最後には奥田講師、山野先生、山元先生に向けて
合唱をしてくださいました。
歌声が素敵なのはもちろんですが、そのお気持ちが嬉しくって、
後ろで聞いていたスタッフも感動して思わず涙がポロポロと溢れ出ました。


これからも素敵な歌声を世界に響かせて頂きたいです。

日本の京都に来てよかった!

ラ・キャリに来てよかった!と言っていただけますように、これからもここ京都でいろんな国々の方をお迎えして参ります~
海外のお客様も続々お越しいただいています!

 

関連リンク


インバウンド講習会

ラ・キャリエール クッキングスクールでは企業・PTA様向けのオーダーメイド講習会のみならず外国人の方向け、インバウンド講習会も開催しております!

We do offer cooking lesson for non Japanese people as well.If you are keen on cooking and Japanese food, come and take our lesson!

Please come join us!

One day class



 Review on Trip advisor!





京都市に訪れる観光客は年間180万人を超え、影響力が大きい米旅行雑誌「トラベル+ レジャー」の読者アンケートで世界一の人気観光都市に選ばれ「京都市/Kyoto city」への関心が高まっています。(2014年時点)ラ・キャリエールでも、海外のお客様をお迎えし、日本の食文化を理解し、楽しんでもらえるコンテンツをご用意しております。MICEに!観光に!ラ・キャリエールのインバウンド講習会は如何でしょうか。

お問い合わせ

★ご予算、ご要望に応じたメニュー、内容を提案致します。
★人数は少人数(1名~10名程度)や大人数(最大70名程度まで)まで幅広くお受けいたします。
★お問い合わせから3営業日以内にはお答えするよう、努めております。
★英語でのお問い合わせも受付中です。

【お問合せ先】

ラ・キャリエール 営業企画室
電話番号: 075-241-0191(代)
ファクス: 075-241-3020
メール :manabi@taiwa.ac.jp

▼京都のお料理教室 ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら

インバウンド講習会もお任せ 国籍問わず。

 

La Carriere Cooking School

Zip Code 604-8006

Address. kawaramachisanjo-agaru nakagyoku Kyoto

Phone. +81 75 241 0191 Fax +81 75 241 3020

Office hours
(mon – fri) 9:00-21:00 (sat) 9:00-16:30 (sun / holidays) closed

Email.manabi@taiwa.ac.jp

2016年9月18日(日)食サイエンスセミナーが
開催されました

第7回 となる 食scienceセミナー
今年は「和食からWASHOKUへ~進化する和食のボーダレス化の現在と未来 」をテーマに2日間かけて開催させていただきました。

1日目は 南禅寺 瓢亭 高橋氏 講演会

2日目は 2会場に分かれ、洋食編と和食編に分かれ分科会開催させていただきました。

それでは分科会の和食編 開催報告させていただきます。

和食 と 油 !?

本日、食サイエンスセミナー2日目を開催致しました。
担当頂いた講師は、学校内外問わずファンが多い飯講師

食サイエンス分科会

簡単に飯講師のご紹介

飯 聡(京都調理師専門学校 日本料理講師/大和学園ホスピタリティ産業振興センター

主任/国立大学法人京都工芸繊維大学 工芸科学部 伝統みらい教育研究センター 特任教授)

軽)DSC_0918
今回は、「WASHOKUを実践する~様々な食材を使って~」と題し、「油」に着目した講演内容でした。

普段何気なく使っている油、
「油」ときくと皆様何をイメージされますか?
やはり最初にイメージされるのは食用の油でしょうか。
実は油、様々なところで使われています。
装いの油(ヘアオイルや椿油)や住まいの油・食用の油
また食物性や動物性の油。多種多様で姿形を変えて使われている油。
今回は、この油の中でも一番身近にある油、「サラダ油」を使用し分科会開催させていただきました。
———-

飯講師の今回のテーマ

燻製油 和食・日本料理は材料の持ち味を生かすことを主眼に、あっさりとした
味わいが特徴です。一方で、天ぷらをはじめ油揚げと菜っ葉の煮物、鶏肉を加えた炊き込みご飯等、

油脂分を僅かに補うことで美味しさを得る工夫も怠りません。
だし文化の和食・日本料理にあって、シンプルな美味しさを僅かの油脂を
加える工夫で更に美味しくする方法を展開します。

上記の本文にもあるように、日本料理は素材感を大事にします。
その重要な素材感と食材の風味。そして油がどう融合するのか。

期待感を持って参加してくださったセミナー参加者も多くいらっしゃいました。
「燻製油」と「炭油」

燻製油
油を使った和食 この油を使って皆様にお料理を作って頂きました。
(前日の南禅寺 瓢亭 高橋氏の講演でも、トマト醤油や柚子オイルなどの話が出ておりました^^ セミナー報告はこちら>)
・ブロッコリーの燻製

帆立貝の油煮 ・帆立貝の油煮

甘鯛炭火焼き ・甘鯛炭火焼き

肉味噌のピリ辛冷や麦 ・肉味噌のピリ辛冷や麦

それぞれの食材を活かしながら、香りも楽しめる、彩りも豊かな献立でした。

 

わたくしども、ラ キャリエールクッキングスクールでは、
日本料理、お菓子やパンについても学んでいただけます。

こちらのブログを読んでくださったみなさま♪
ぜひいちど、ラ キャリエールクッキングスクールのHP
ご覧いただければと思います。

皆様のまたのお越しを心よりお待ちいたしております。

リンク

食サイエンス2016|1日目:南禅寺 瓢亭 高橋氏 講演会|

食サイエンス2016|2日目:分科会 洋食編|

食サイエンス2016|1日目:料亭試食会|

次年度の食サイエンスの予定

次年度は洋食をテーマに開催予定となっています。

またラ キャリエールクッキングスクールのHPをいただければと思います。

 

4月から変わったラ・キャリエール!

レベル別クラスになりました。
1入門2基礎・3応用4専門講座

4つのレベル別に分かれ料理・パン・お菓子と全15講座開催しています。
今日は専門講座を紹介させていただきます。

京料理を学ぶ

専門講座「京料理」
専門講座って何か違うの!?

ラ・キャリエールは京都の地で1931年創業。
学校法人 大和学園の創業の事業で、歴史と伝統と確かな実績があります。1931年!
1931年というと、犬養毅内閣成立。日本航空輸送旅客機の墜落事故といろいろあった時代です。
そう考えると凄い時代から続いているんですね。

京都の土地で85年(2016年現在)

リンク:学校法人 大和学園はここから始まった!

さて、そんな大和学園ですが、姉妹校が4校ございます。
すべて専門職を育てる学校になっています。
各ジャンルの料理を学ぶ/京都調理師専門学校
製菓・製パンを学ぶ/京都製菓技術専門学校
ホテル・ブライダルを学ぶ/キャリエールホテル旅行専門学校
栄養士を育てる/京都栄養医療専門学校

そして、

学生ではなくお料理教室として食を教える/ラ・キャリエール になります。

専門講座って何?から少し話が蛇行してしまいましたが
この背景を説明しないと、ラ・キャリエールの専門講座が語れないんです!!
もう少しお付き合いください!

 

さて、本題、

専門講座はここが違う!

に触れていきたいと思います。

① 担当講師が違う!

ここが大きく違うと思います。
専門講座は、ラ・キャリエール講師ではなく、
先ほど紹介させていただいた京都調理師専門学校より「日本料理講師」を招いております。
(ちなみに、専門講座 洋菓子では京都製菓技術専門学校より講師を招いています)

この講師陣が凄腕&プロフェッショナルなんです!!
ラ・キャリエールの講師ももちろんすごいですが。
 ラ・キャリ講師のリレーブログ「料理への想いと仕事の流儀」はコチラ>

2016年 専門講座「京料理」担当講師4名をご紹介させていただきます。
3カ月担当で、献立・レシピもすべて担当講師がご提案いただいています。

10月
2015年 10月~折詰の作り方~

京都 祇園
 

2016年度 京料理を担当してくださる4人をご紹介

————

高山 陽平 / Takayama Yohei

img_takayama_yohei京都調理師専門学校卒業後、「比良山荘」(滋賀)にて勤務、また「草喰 なかひがし」(京都)にて研修経験を持つ。

比良山荘(ひらさんそう)

春は山菜、夏は鮎、秋は松茸、冬はジビエと四季折々の名物で全国に名を馳せる旅籠。

草喰 なかひがし(そうじき なかひがし)

山野草や野菜を主な食材とし、お竈さんを使った料理を供する、独自の「草喰料理」の店。自然を体中で感じる日本料理(ミシュラン2ツ星)

四方 真美 / Shikata Mami

img_shikata_mami京都調理師専門学校卒業後、「瓢亭」(京都)にて研修。調理技術から理論的なことまで学生たちに伝授している。

京都南禅寺畔-瓢亭(ひょうてい)

南禅寺を参詣する人のための茶店として、400年余りの歴史をもち、京都で随一の茶懐石料理の店。ミシュラン3ツ星

 

 

西村 由二三 / Nishimura Yoshifumi

京調校京都調理師専門学校卒業後、「京料理 岡庄」(京都)にて勤務。

京料理 岡庄

五重塔で有名な東寺の西、かつて西寺があった唐橋の地で、明治20年の創業以来百年以上にわたり親しまれている料亭。

 

 

今西 好治/Imanishi Yoshiharu

imanishi_y_w150
京都調理師専門学校卒業後、「京料理 ちもと」(京都)、「美山荘」(京都)、「懐石 辻留」(京都)にて研修。

京都府青年優秀技能者奨励賞受賞
京都府調理師会 理事

京料理 ちもと

1718年(享保3年)創業以来、数多くの文人墨客に愛された京都の老舗料理屋

美山荘(みやまそう)

山里の野趣と都の風雅を併せ持つ「摘草料理」の名店 創業1895年。京都の奥座敷・花背(はなせ)に再興された峰定寺の宿坊として始まった。(ミシュラン2ツ星)

懐石 辻留(かいせき つじとめ)

茶懐石文化の担い手として歩む 辻留 客席をもたない出張調理専門の店 創業は明治三十五年。

—–

いかがでしょうか?

今年度 専門講座「京料理」を担当する講師陣の豪華な顔ぶれ!

他にも京都調理師専門学校には日本料理を始め、フレンチ・イタリアン等 様々な場所やお店で修業をしている講師が揃っております。

リンク:京都調理師専門学校の講師陣がスゴ過ぎる!>

こんなフルスタメン!と言っても過言ではない講師陣をお招きし

毎月1回 13:30/18:30の2回行っております。

気になる。という方、体験レッスン受付中です。お気軽にご受講ください。

リンク:専門講座「京料理」体験レッスンのスケジュールと献立

 

 

さて、話は少し変わりますが、

食べる事が好きな方へ送る
京料理をもっともっと楽しむための方法

大和学園では毎年7/14・24に祇園祭山鉾巡行の鑑賞会をさせていただいております。

祇園祭 後祭
リンク>祇園祭鑑賞会&賞味会 | ラ・キャリエール クッキングスクール

祇園祭の鉾の魅力は豪華絢爛な献装品や鉾によって違うお囃子や山鉾の作り。など、言い出したらきりがないくらい挙げられます。より知識を深めれば深めるほど、理解をし愉しみ方が見出せるようになってくるものです。
それはもちろん様々な事に言える事で、「食べる」事にもいえます!

 

作り手の声を読み取る

季節の移ろいを感じるように、四季の食材や器、雰囲気のいい心躍る店内のしつらえ。など、
ミシュラン掲載店や予約日の電話日が決まっているお店。などなかなか手軽に行けない、敷居の高いお店も多いです。

料亭のイメージ
 

予約のなかなか取れないお店に行くのであれば、
少しお値段のはる懐石を頼むのであれば、
どうせなら幅広い知識を持って、いただくほうがよりその時間と味と空間をご堪能いただけるのではないでしょうか?

 

 

料理上手になるには、食べてみる&作ってみる

 

出てきた料理をどう見て、どう解釈し、どう食すか。

そのことを理解する最短の方法は、まず作ってみる!

そんな深い学びまで教えられる講師陣から直々に。

ラ・キャリエールの専門講座「京料理」では名だたる料亭で腕を振るってきた講師が直接教えさせていただきます。

この点が 他の料理教室は一線を画す点になります。

img1
専門講座「京料理」にこだわらず、

別にご自身で作れなくてももちろんいいと思います。
また、習っていてもご自宅で習ってきた献立を再現されなくてもいいです。
ただ、

ご自身で実際教室で作って頂き、食材や献立の知識を深めて頂き、

何か「ためになる趣味」をもつ事で生活を豊かにする考えは、
ラ・キャリエールがテーマとする「美しい生き方」の生涯学習にもいえる事です。

学びから得られるご自身の生き方の変化。
料理の技術だけでなく、京都の文化や風土的な背景も一緒に学ぶ専門講座「京料理」
ラ・キャリエールの中でも入門・初級・中級、そして一番レベルの高い「京料理」レッスン。
料理を作る。だけではなく知識を深めるために習ってみませんか?
京都で85年 料理教室をしている
学校法人 大和学園 ラ・キャリエールだからこそ学んでいただける環境を大いに活用し、

ご自身の知識と趣味を広げる場としてご利用いただけば幸いです!!

 

リンク:専門講座「京料理」体験レッスンのスケジュールと献立

 

2016年上半期の献立 紹介

ラキャリ京料理4月メニュー ラキャリ京料理5月メニュー
ラキャリ京料理6月メニュー ラキャリ京料理7月メニュー
ラキャリ京料理8月メニュー ラキャリ京料理9月メニュー
 

ラキャリ京料理10月メニュー

    \  夏の体験レッスン受付中 /

現在夏の入学キャンペーン実施中 2016.7/19~8/31まで

京料理 体験レッスン料 3,500円

—–

関連記事

京都の料理教室で受けてほしい!「京料理」レッスン(2015年9月13日

 

 

 

「料理への想いと仕事の流儀」~Vol.1 奥田講師を紹介させていただきました。

好評だったこの企画。

Vol.2は当初の予定より早く更新させていただきます。

見てくださった方、ありがとうございます。

 

ラ・キャリ講師「私の料理への想いと仕事の流儀」Vol.2は

以前から(ブログ担当が)気になっていた、この講師をご紹介させていただきます。

—-

Vol.2は

インストラクター 熊田 千紗 講師

ラキャリ 熊田講師
熊田講師は、 東京の大学を卒業後 京都調理師専門学校・調理師科で京料理の技術を習得され、その後リーガロイヤルホテル京都「たん熊北店」で修業。板前時代、女性一人という環境で修業されていたそうです。

また保育園給食の勤務経験をお持ちです。

 

ラ・キャリでは、「おっとり」した癒し系キャラ。ラ・キャリタイプ別で分けると坂田講師タイプでしょうか。

 

以前から気になっていた熊田先生を、この企画の第2回目にオファーをさせて頂きました。

 

 

さて、そんな熊田講師の

「料理への想いと仕事の流儀」についてお聞きしました

 

Q1.料理の世界に進もうと思ったきっかけは何ですか?

 

子供の頃から食べる事が大好きで、

毎日美味しいご飯を作ってくれる母を尊敬していたからです。

 

 

Q2.なぜ日本料理なんですか? ⇒熊田先生はパンやお菓子のイメージがあります!

 

実は私の父が洋食嫌いで、

実家ではほとんど毎日和食でした。

 

せっかくなら父も食べに来てくれる料理を作りたかったので

日本料理を学ぶ事を選びました。

 

 

 

Q3.熊田先生は日本料理の名店「たん熊 北店」勤務経歴が印象的ですが、何かエピソードを紹介してください!

 

これも父の影響です。

父はもともと京都出身で「京都で美味しい日本料理といったら、たん熊だ!」と奨められ、

食にうるさい父が認めるお店で働いてみたいと興味をもちました。

 

たん熊での修行時代
「たん熊北店 職場の仲居さんたちと

 

でも実際働いてみると板前で女性は私1人!

 

やはり体力的にも過酷な現場でツラい日々も多かったですが、

女性だからこそできる繊細な仕事を任せられたり

高級食材を扱った緊張感のある仕事をするのは遣り甲斐や達成感も一塩でした。

 

粽寿司
「5月中旬、この時期に毎日作っていた粽寿司

 

 

Q4.東京23区出身の熊田先生、京都と東京を比べてここが違う!

京都は人も街ものんびりしているので住みやすいです(*^^*)

東京は常に環境が変わるので、地元に帰るたびにお店が変わっててびっくり!

 

 

Q5.料理の世界に入ってなかったら何になってましたか?

 

 

丸の内OL(笑)

 

もしくは

 

保育園の先生

 

 

Q6.まだ20代。今後どんな料理をつくっていきたいですか?

 

このラキャリエール クッキングスクールに入社してからパン作りにも興味を持ちました。

今後は料理だけじゃなくパンやお菓子作りにも挑戦したいです

 

6月18日(土) 13:30開催 1Day
来月2016年6月18日(土) 13:30開催

熊田先生×佐藤先生の講師コラボの講習会

ふわっふわパンで和風アレンジバーガーに♪ 」パンの1Dayレッスンの講座も担当されています!

 

Q7.料理上手になるには?ずばり!

 

食べるのを好きになる事!

私は10代の頃好き嫌いが激しく野菜全般食べられませんでした。

しかし食に興味を持ち、たくさん食べ歩きもして

今まで避けてきた食材を食べていくうちになんでも食べられるようになりました。

 

料理は自分だけの為じゃなく誰かの為に作る人も多いと思うで、

嫌いなものも積極的に取り入れて料理好き、料理上手になりましょう!

 

Q8.プライベートな質問から)実は意外な趣味紹介

 

旅行大好きで国内、国外問わずよく行きます。

変わった場所で挙げるとキューバやメキシコ!!

しかしヨーロッパ地方は行った事がないのでいつか行ってみたい!

 

↓意外とアクティグな熊田先生!

愛宕山7/31
毎年7月31日には職場の人たちと愛宕山の千日参りに
参加してました。京都中の料理人達がたくさん集まります!


【愛宕山 千日参り】

愛宕山 は防火、鎮火の神としてあがめられ、普段の日にお参りするより千日参で「火迺要慎の」御札を購入(寄付)して自宅の台所、厨房に貼っておくと、言葉の通り千日分の効果があるそうです。

 

Q9.料理をしていて、教えていて楽しい・嬉しいと感じる瞬間はいつですか?

 

料理をしていて、教えていて楽しい・嬉しいと感じる瞬間はいつですか?

やはり誰かに手料理を食べてもらって

「おいしい!おかわり!」と言ってもらえた瞬間です。

教えていても「先生に教わった通りにやって上手くいきました!」

受講生さんに上達を実感してもらえると自分の事のように嬉しくなります。

 

それでは最後に、、

Q10.これだけは人に負けない。熊田先生の料理への想いを教えてください。

 

 

食べる事が好きすぎる!

という点では負けないです!

そしてそれを生かした特技が・・

煮物でもお味噌汁でも、

食べただけで粉末のだしを使っているのか ちゃんと作った出汁を使っているのか当てる事ができます!

甘い物も辛い物も好きですし、お酒もなんでも飲みます。

唯一苦手なのはパクチーくらい…(でも奥田先生考案のパクチー料理は美味しかった!)
美味しいものを食べている時が一番幸せなので、調理師という職は 天職です!

 

.

.

.

.

 

熊田先生、ありがとうございました!!

食べることが大好き! それが伝わってくる暖かい回答をいただきました。

最近の熊田先生×丸山先生の節分(恵方巻き)以前Facebookで紹介させていただいた写真です。

ラキャリ熊田紹介
 

熊田先生の料理人への道は、 日々の「好き」から見出されたんですね。

この企画をしていると、この仕事を選ばれた理由やその決断に至るまでのドラマが見え隠れし、改めて職場の同僚。とは違った一面を知る素敵なきっかけにもなっています!

それは受講生も同じ心境だと思います。授業では見えない、講師の違う一面を少し垣間見た瞬間ですよね。

そう思っていただけたら、この企画も成功です!ニヤリ^^

 

 

そして、

第1回目、2回目とご紹介させていただき、気づいたことは

ラ・キャリの講師は、ユニークな経歴の方も多い!

講師陣、個性的なキャラクターが揃っております。

いろんな場所で、経験を積まれさまざまな物を見て学び、

講師ひとりひとりがしっかりとした個性を生かした仕事をしているのがラ・キャリエールの魅力の1つです。

 

京都で料理教室に通いたいな。という方

こんな講師が揃っているラ・キャリエールで始めてみませんか?

 

ラ・キャリエールの講師陣

ラ・キャリエールは京都で80年の歴史のあるクッキングスクールです!

様々なキャリアのある講師がおります。

ラ・キャリエールの講師紹介はこちら>

 

 

 バックナンバー

■「料理への想いと仕事の流儀」~Vol.1:奥田茂一講師~

■「料理への想いと仕事の流儀」~Vol.2:熊田千紗 講師~

 

 

京都のお料理・お菓子・パン・フラワーの教室

ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら

0120-071219(まなびにいく)

\ 体験レッスンも随時受付中♪ /

 

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング