第三回目の「料理への想いと仕事の流儀はラ・キャリエールのベテラン!坂田講師に依頼させていただきました^^

インストラクターの中でも「ママ」のあだ名で親しまれ、チームの癒し系&ムードメーカーの講師です。

 

軽)_DSC1496
坂田 陽子 / Sakata Yoko

ラ・キャリエール クッキングスクール チーフインストラクター

大阪の調理師学校を卒業。クッキングスクールに勤務、講師を務める。その後食品メーカーでフードコーディネーターとしてレシピ開発を手がける。料理は多国籍料理をメインとする「おうちごはん」のメニュー提案担当。料理はもちろん。お菓子・パンも得意とする。紅茶アドバイザーの資格も生かし幅広い分野で活躍するインストラクターの一人。

主婦であり高校生の母でもある坂田講師。普段の生活を通して得た知恵をドンドン授業に取り入れたメニュー提案を得意とする。

坂田講師自身、お菓子大好き!お料理大好き!「楽しく」「美味しく」「簡単に」を軸に手作りの良さと安全性を伝えていきたい!をモットーとする、ラ・キャリエールでもベテランインストラクターです。

 

Q1.料理の世界に進もうと思ったきっかけは何ですか?

小さい頃から料理やお菓子作りが好きで、小学校3年の時は1人でガスオーブンをつけて
パウンドケーキを焼いたり、高校時代も巻き寿司を作って同級生に食べてもらったりしてました。
高校3年の時に進路で悩み、私立高校に通っていたので、そのまま大学の栄養士科に進むか
調理師学校に通うかで迷いました。栄養士は計算ばっかりと言う先輩の一言で数学が苦手だった
私は無理だと思い、調理師の専門学校に進みました。(父親からは大反対されましたが)
しかし調理師学校の入学式で、厳つい男の子が多いのを目の当たりにし、道を間違えたかと一瞬
父の大反対の意味が分かったような後悔を感じました(笑)

さかたせんせ3
↑この写真は、もう働いてられる時代の写真ですが、坂田先生 お若い!20歳くらいの時だそうです。

 

Q2.ワーキングマザーのこだわりは?

松田聖子さんとバブルの時代を生きてきたので、

結婚しても仕事をしたい!!が流行の時代でした。
だからワーキングマザーとしてのこだわりは特にないのですが、

結婚しても当たり前のように仕事を続け、子供が出来た時は一旦仕事を辞めたのですが、家で子育てだけをやっていても、なんだか
暇に感じてしまい。仕事に出たい!!と子供が1歳半の時からまた仕事をスタートさせました。
ただ子育てと仕事の両立は、確かに大変でワーキングマザーとしてやってこられたのは、

職場の人達の協力があってこそ出来た事です。職場のメンバーに感謝感謝です。

パンフ2
↑2004年のラ・キャリエールのパンフレット。ユニフォームもスタジオも違います~

この時期はもう子育てと仕事と両立し奮闘されていた時期ですね

 

Q3.ラキャリ入職前のフードコーディネーターや講師時代のエピソードを紹介してください!

大阪の料理学校時代

大阪の料理学校で働いていた時は、霊の見えるという受講生さんがいらっしゃって、先生の後ろに緑色の人が見えますと言われた時は怖かった、とか、鶏がらスープを取った際に鶏のガラを大事に残して、スープは??と聞くと「えっ???捨てました。」と言われたことなどなど、受講生さんとの
エピソードは無限にあります。

ラキャリ坂田講師
↑大阪の料理教室時代のお写真

 

フードコーディネーター時代

食品会社でフードコーディネーターとして働いていた時は、『はなまるマーケット』に出演したことが
あります。台本も用意されて、マイクをつけてもらい、リハーサルまでしてドキドキしました。
レポーターの方のリアクションの大きさにびっくりして、笑ってしまいましたが良い経験をさせてもらいました。

坂田講師 はなまるマーケット
さかたせんせ1
↑フードコーディネーター時の白衣!!

 

Q4.息子さんが思うおふくろの味(一皿)は何でしょうか?

なんでしょうねー。唐揚げ・カレー・ペペロンチーノが息子の好物です。

DSCF0019
↑坂田先生の愛息♡ 2016年現在、高校生だそうです!

これは、ラ・キャリの親子クッキングに参加されたときのお写真です。

(☹:可愛い。。。このコック帽いいですよね~親子クッキングの時に今年もやります?)

Q5.料理人になってなかったら何になってましたか?

さあー、高校時代の友達は皆、大学に進みOLになり、結婚して専業主婦が多いので、私も同じかな?

Q6.料理上手になるには?ずばり!

食べる事が好き!!

(☹:坂田先生は、私から見たら歩く”るるぶ” 京都&滋賀のオシャレなお店に詳しいです!!!)

Q7.坂田先生が好きなピンクグッズを紹介してほしいです

家を建てる時にトイレの壁紙や便器・お風呂の浴槽をピンクで!!と注文しました。

(☹:ラ・キャリでピンクを持つときは坂田講師の許可を得よ!というくらいピンク好きの坂田講師。デスク回りもピンク~で溢れてます!笑)

Q8.今年の目標

もう少し痩せる。(毎年の目標になってますが太る一方で(泣))

(☹:頑張ってください。。。。)

Q9.料理を作る上で大切なことはなんですか?

興味をもつ事。やってみたいと思うチャレンジ精神。

おまけ

DSCF0005DSCF0006インストラクターラキャリ
(☹:坂田講師の愛息 こんな大きくなられてます! 部活で夏も奮闘中だそうで色黒に。びっくりしました。笑)

 

 

ラ・キャリエールの講師陣

ラ・キャリエールは京都で80年の歴史のあるクッキングスクールです!

様々なキャリアのある講師がおります。

ラ・キャリエールの講師紹介はこちら>

 バックナンバー

■「料理への想いと仕事の流儀」~Vol.1:奥田茂一講師~

■「料理への想いと仕事の流儀」~Vol.2:熊田千紗講師~

京都のお料理・お菓子・パン・フラワーの教室

ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル( 地図はこちら

0120-071219(まなびにいく)

\ 体験レッスンも随時受付中♪ /

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング