そろそろ、

バレンタインのイベントが始まりますね♪
世界のチョコが一同に集まるとあって、とにかく た・の・し・い!!!

 

2259426913_7d2be45b5e_o
チョコが特に好きな訳でも、ブランドチョコが好きなわけでもないんですが、
ひと箱に詰まった「ワクワク」。
毎年、見に行ってしまいます・・

その前に・・

チョコレートとショコラの違い

ご存じですか?気になりますよね(ブログ担当も知りませんでした)

 

最近、京都でもチョコ専門店がオープンされています。
ただ、チョコ専門店ではなく、ショコラ専門店~と紹介されてます。

そこで、言葉の表記の違い?!

英語がチョコレート(chocolate)
フランス語がショコラ(chocolat)…

だけではなく、

 

「チョコレート(chocolate)」は板チョコやチョコチップ。
加工をする前の素材そのままの状態の事を言います。

 

「ショコラ(chocolat)」はチョコレートをトリュフやウィスキーボンボンなどに加工した
チョコレートのお菓子の事を言います。

 

ヨーロッパではお菓子職人・パティシエのように
ショコラ職人を「ショコラティエ(Chocolaterie)」と呼ぶそうです。

さて、

 

 

ショコラ専門店の多い京都

(↑ショコとショコラ店の違いを学んだので使ってみました・・)

しかもどれも有名ショコラ専門店。
少し挙げさせていただくと、

 

京都でチョコといえば・・
■マルベリ
http://www.mariebelle.jp/

 

観光客気分で寄ります
■マールブランシュ 加加阿365
http://www.malebranche.co.jp/cacao365.php

 

ラ・キャリからスグそこ!テラス席の眺めが~
■サロン・ド・ロワイヤル
http://www.s-royal.com/kyoto/

 

お店がわかりづらいですが、安価で美味しい
■ショコラティエ・ドゥーブルセット

 

■ベルアメール京都別邸

■レオニダス 京都下鴨店

 

などなど、意外とブログ担当行ってました・・

口に広がるカカオの香り。
京都ってパンやさんも多いですが、パティスリーやショコラ系もレベル高いですね・・

 

 

 

でも、

やっぱり、

もちろんショコラ店のチョコもいいけれど、
手づくりチョコもやっぱり捨てがたい!

ラ・キャリエールのバレインタイン 手作りチョコ講習会は、ほかとは違います!

去年の開催風景です♪↓

軽)DSC_0394 軽)DSC_0395
題して・・

大人のための手作りチョコ

 

味のわかる大人の方にこそ食べてもらいたい
上質カカオを使用しています。
パッケージ売りのチョコキットとは違いますよ。

世界最大のチョコレートブランドカカオバリーのチョコを使用

フランス製のカカオバリーをメインに使用しています。
カカオ分が高く、なめらかな舌触りが特徴です
カカオバリーをはじめてとするチョコを使い、今年は3品作っていただきます。

 

ラ・キャリエールのバレンタイン♡

手作り バレインタインチョコ
<メニュー>
♪チョコレートケーキ
♪トリュフチョコレート
♪アマンドショコラ

しかも、大人シックなパッケージ付き
プレゼント仕様で手提げバッグもご用意しています♪

ひと味違う、上質なカカオが香るプレゼントいかがでしょうか??

 

バレンタイン レッスン

2016/2/13(土)10:00~/13:30~

バレンタインお申込みレッスンはこちらから

 

 

会場:ラ・キャリエール クッキングスクール

〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル
TEL 0120-071219(まなびにいく)

[受付時間]
平日 9:00~21:00 土曜 9:00~16:30
※日曜・祝日はお休み

 

 

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング