エストニアからお客様♪

本日エストニアにある「アゲントゥール・ゲンプ社」様の
魚の調理技術研修会が
ラ・キャリエール クッキングスクールで行われました。

 

DSC_0071

 

エストニアは現在は北海道の約80パーセントほどの国土面積に,

約320万人が住む国ですが、インターネット通信サービスのSkypeも

エストニアで開発されるなどIT先進国としても知られています。

今回の訪日研修は、日本の先進的な水産技術を学ぶことによって、
漁獲から流通まで魚の鮮度を保持して品質と魚価の向上につなげ、
さらに日本料理の美味しい魚の調理技術等を学び、魚の消費と販売
拡大、市場開拓に取り組むことを目的としておられます。

 

 

DSC_0036

 エストニアと日本。魚の扱い方違い

研修では京都調理師専門学校 校長の仲田雅博が研修講師をつとめさせていただき、鱸(すずき)を食材として、「魚の目利きの方法」「魚のしめ方」「天然の使い方」「養殖魚の使い方」「切り方の違いによる味の変化」
「煮物の美味しさ」を学んでいただきました。

 

DSC_0054

 

皆様普段から魚はお仕事としてさばいておられるので、大変お上手で、わさびをすりおろす、薬味で香り付けする、大根のかつら剥きなど包丁の扱い方など、日本にしかない食材や調理法に、大変関心を示されていました。

 

今回の研修にあたり、コーディネーター、通訳をつとめて下さいました

Ms. Anne-Liis Peterson (アンネリース・ペテルソン)様
エストニア・日本協会会長

Mr. Heikki Vallaste (ヘイキ・ヴァーラステ)様には

大変お世話になり、ありがとうございました。

皆様方、京都においでになった際は

学校法人大和学園、ラ・キャリエール クッキングスクールにまたお越しください。

お待ちしております!!
 

DSC_0010

 DSC_0065

DSC_0048

DSC_0059

DSC_0044

DSC_0068

 

プロフィール
モバイル

QRコード

おすすめ
    ツイッターフェイスブック
    ランキング